TechTargetジャパン

レポート
「クラウドファースト」を理解するための8つのヒント
 「クラウドファースト」という言葉を、今後日本国内で聞くことが増えてくるだろう。そして例のごとく、この言葉を自分の都合のいいように、偏った意味で使う人も増えてくるはずだ。 「クラウドファースト」という言葉は、企業や組織のITを、単純に全てクラウドサービス...(2013/6/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ミクシィがクラウドファーストで新しい事業展開を次々にできる理由
 クラウド環境を活用してさまざまなインターネットサービスを開発・提供していく場合、ビジネスの推移を見守りながらクラウド運用の方法を個々のサービスに合わせていくのが一般的だ。例えばパブリッククラウドを利用してスモールスタートし、利用者が増加すれば、柔軟な...(2015/10/5 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
パブリッククラウドはどこが狙われる? セキュリティ調査で見えた危険な状況
 クラウドサービスはいまや企業のIT環境に深く浸透しており、多くの企業が主にクラウド上でITサービスを利用するようになってきている。このクラウドファーストの潮流は急速に進んだが、同時にパブリッククラウドサービスに対する信頼性も向上、多くの組織はその安全性に...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウド実現の最適解、Microsoft Azureとのシームレスな連携・管理の秘訣
 多くの企業がクラウド活用を進めており、クラウドファーストと呼ばれる時代となった。クラウドはIT基盤の即時導入を可能とし、初期投資を抑えることができるが、セキュリティや中・長期的な運用コストの肥大化等、検討すべき課題も多い。 近年はクラウドとオンプレミス...(2016/6/2 提供:デル株式会社)

事例
JFEスチールがハイブリッドクラウドでIT基盤を構築、コスト効果と柔軟性を両立
 大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画の中で「攻めのIT経営」をさらに強化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいる。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラ...(2016/2/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド環境の構築、やってはいけない“こんなミス”
 「クラウドファースト」という言葉に代表されるように、さまざまな用途でクラウド環境の構築に乗り出す企業が増えている。その一方で、クラウドの導入には、企業が陥りやすい幾つかの落とし穴が存在する。 また、プライベートクラウドを設計する際には、一歩下がって自...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
社内システムのクラウド移行、オンプレミスと異なる気を付けたいポイント
 日本企業の間にも“クラウドファースト”の考え方が浸透し、パブリッククラウドの利用が拡大している。かつてのパブリッククラウドは、データがどこで運用されるか分からないという不安から、利用に二の足を踏む企業が少なくなかった。昨今では、日本国内のデータセンタ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オンプレミスとクラウド、ハイブリッド環境におけるデータ統合の課題を解決
 クラウドコンピューティングは、ここ数年で急激に企業利用のリソースとして浸透し、SFAやCRMだけでなく、基幹業務における導入も拡大している。新しいサービスやシステムの開発において、まずはクラウド上での実装を考える「クラウドファースト」が一般的になりつつある...(2014/10/29 提供:Talend株式会社)

製品資料
会計・人事給与システムで一歩先を行く経営を実現するための4つのキーワード
 多くの会計・人事給与システムがリリースされているが、どれも似たり寄ったり、といった印象を持っていないだろうか。目まぐるしく変化するIT環境や世界経済に対応するためには「クラウド」「グローバル」「IFRS基準」「グループ経営」といったキーワードに着目して選び...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

講演資料
クラウドサービス選びに失敗しないための5カ条
 システムを検討する際にはまずクラウドから検討する、“クラウドファースト”の考え方が進む中で、クラウドサービスを提供する事業者も増える一方だ。利用者にとって、選択肢が増える事は歓迎すべきだが、一方で自社の要件にフィットするサービスを見つけるのが難しくな...(2014/11/28 提供:ニフティ株式会社)

事例
ノエビアがサーバ160台超の全基盤をクラウド移行、社内サーバ0台を実現
 化粧品メーカーのノエビアホールディングスは、オンプレミスで基幹系、業務系、情報系のシステムを構築しており、160台以上のサーバを抱え、増える一方のITコストと運用負荷が課題だった。同社では、サーバの保守切れを契機に課題解決のため、“クラウドファースト”の...(2014/11/26 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
グリーの積極的な新規事業展開を支えるクラウドの積極的利活用法
 インターネットメディア事業を展開して10周年を迎えるグリーは、セキュリティ強化と利便性向上をテーマに早くからクラウドファーストでハイブリッドクラウドを運用している。メール環境は、大震災を契機にをオンプレミスからパブリッククラウドに切り替え、Google Apps...(2014/11/19 提供:株式会社HDE)

Webキャスト
60分で分かる 物理/仮想環境を自由自在にクラウドで使いこなす秘訣とは?
 クラウドファースト時代ともいわれるほど、多くの企業がクラウドの利用を加速させている。しかし、スピードや使いやすさ、セキュリティ、信頼性などを懸念される声も聞こえてくる。 2013年7月にIBMに加わった世界の先進企業が利用する、ハイパフォーマンスクラウド「So...(2014/1/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading