TechTargetジャパン

レポート
国内製造業におけるIT投資の現状と今後の見通し
 現在、製造業のIT投資に対する意欲はどのような状況にあるのだろうか? IT専門調査会社であるIDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについて調査を実施。その結果を公...(2016/8/24 提供:KDDI株式会社)

レポート
その投資は適正か――いまから始めるIT投資効果測定
経営に対するアカウンタビリティ(説明責任)が問われている現在、IT投資の妥当性についても客観的な指標が求められている。だが多くの企業では、IT投資の効果測定について何ら解決策を持っていないのが現状だ。そこで注目されているのが、ITベンダやコンサルティングファ...(2007/5/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

レポート
中堅・中小企業のIT投資に4年ぶりの劇的変化──仮想化とクラウド導入加速の流れ
 中堅・中小企業のIT投資は、少ない予算、IT担当者のスキルの限界、既存のプロセス上の制限などの理由により、現在のリソースを使用した当面の対応に取り組まなくてはならないことが多い。このような事情により、中堅・中小企業ではITの提供方法を改善するのに役立つ仮想...(2012/11/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
金融業界に求められる課題を包括的に解決する「仮想化技術活用法」とは?
 金融機関は少子化などによるコア業務の停滞、海外も含めた他の金融機関との厳しい競争にさらされており、その打開策として、サービスのスピード化や手続きの簡略化を目指している。これはWebサービスだけでなく、渉外担当者の顧客対応にも適用され、モバイル活用が積極...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
オンプレミスの仮想環境で「予想外のリソース不足」、どう備えたら良い?
 ITインフラを仮想化技術で統合することのメリットの1つとして、リソースの追加管理を利用実態に合わせて適正に行えるということがある。しかし実際には、予想以上に早くキャパシティーが限界を超えそうになることがある。そして場合によっては、非常に短期間のうちに大...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「攻めのIT投資」を実現するデータセンターのエネルギーコスト半減の秘策とは
 クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTなどのITの劇的な進化は、ビジネス環境を激変させている。企業はそのような環境変化を的確に捉え、新たなITによるビジネス改革が必須である。攻めのIT投資を推進するには、ITの構造変化が必要。運用コストを押し上げている「高騰...(2014/12/10 提供:インテル株式会社)

製品資料
サービスデスクの強化で生産性を向上――ITサービス管理の3つの視点
 「システム運用の見直しで業務改善」といったキャッチフレーズをさまざまな場面で見聞きするが、その効果は“いまひとつ”となることが多い。IT投資の70%は運用維持費といわれるほど大きな投資がなされているにもかかわらず、結果が出せないのはなぜだろうか。 システ...(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

レポート
ITコストとサービスを完全可視化、IT部門の存在価値を高める「サービスカタログ」
 今日、多くのCIOはコストの削減、生産性と収益の向上を果たす新たな方法を見つけ出すことを求められ、ITへの投資から生まれる価値をビジネスに示すことを強く要請されている。 かなりのIT投資が行われているものの、土台であるサービスカタログが不適切であったり、不...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
2012年度IT投資動向についての読者調査リポート(2012年3月)
 TechTargetジャパンは2012年3月19日から4月2日まで、会員を対象に「2012年度IT投資動向についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のIT予算の増減や投資先、IT製品導入のプロセスなどが分かった。本リポートでは、調査結果をまとめて紹介する。(2012/4/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底解説:オープンソースの真のパワーとは? コスト削減を超える活用を考える
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTシステム構築の第一歩は「計測」から!
 本稿では、「NIDays 2016」のセッションプログラムの中から、イー・アイ・ソル 常務取締役平澤啓氏による講演「IoT化のための導入ステップを基礎から学ぶ! オンライン状態監視システムの導入課題と解決事例」の模様をお届けする。 同社がこれまで培ってきたシステム構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2016/12/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
モバイル端末の100台に1台は感染している? モバイルマルウェア脅威レポート
 2015年の調査によると、モバイルマルウェアの感染率は、監視されたモバイルデバイスの1.12%という高い水準にあった。特に金融サービス関連では、トロイの木馬、SMSスティーラー、プレミアムSMS/コール、スケアウェア、ランサムウェア、情報スティーラーが確認されてお...(2016/12/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
事業継続マネジメントに実行力を持たせるための7つのポイント
 東日本大震災の発生以降、BCM(事業継続マネジメント)の重要性が注目され、多くの企業で策定されるようになった。しかし、これらの計画がITインフラ、アプリケーション、データはもちろん、運用プロセスや従業員の行動、各種施設などに至るまで、一貫したポリシーで具...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
JFEスチールがハイブリッドクラウドでIT基盤を構築、コスト効果と柔軟性を両立
 大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画の中で「攻めのIT経営」をさらに強化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいる。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
初めてのクラウドコンピューティング――IaaSからSaaSまで失敗しない選び方
 現在、クラウドコンピューティングのサービスを提供する事業者は把握が難しいほど数が多い。本コンテンツでは、IaaSからSaaSまで数多くの選択肢の中から事業者を選定する際、技術や機能以外にも注目すべきポイントを解説する。加えて、クラウドコンピューティングの基本...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
基幹業務システムのクラウド移行、俊敏性と信頼性を最大化するポイントは?
 クラウドは既にIT環境の効率化に欠かせない技術となっているが、現在も重要なワークロードの多くは、クラウドが登場する以前に導入されたものだ。従来のホスティング環境がクラウドの俊敏性とコストメリットを十分に発揮できない理由の1つも、このようなレガシーワーク...(2016/10/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用の大前提となる「データ形成プロセス」を効率化するには?
 ビッグデータ分析を行う企業の中で、構築した分析環境に回すデータそのものの形成をストレスなく実行できている企業は少ない。また分析対象のデータの種類を増やしたり、IoTからのデータフローを分析したりするようになってから、データ形成時間の短縮やデータの信頼性...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
ダウンタイムのないプラットフォームへ移行する4つのステップ
 常にスイッチオンの状態でITサービスを提供するという発想から「Always-On」という言葉が使われるようになった。これが実現することで、顧客に対するサービスの収益が最大化され、組織内では常に最新のアプリケーションがユーザーに提供され、グローバルでのコミュニケ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/9/30 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
突き止めた帯域圧迫時間は「午後の30分間」、パフォーマンス低下原因の見つけ方
 旅行ガイドブックでもその名を知られるタイヤメーカーのミシュランは、「プロセスの質」を重視した開発を行っている。同社は、開発段階でのビジネスアプリケーションの分析と予防的なモニタリングを課題としていたが、従来のネットワークプローブでは十分な役割を果たせ...(2016/9/15 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
“クラウド”で変わる、これからの運用管理
 企業のITの在り方として今日の「クラウドコンピューティング」が登場するまでに、「ユーティリティーコンピューティング」や「グリッドコンピューティング」などが提案されてきた。これらは変化対応力やコストの最適化、投資効率の最大化などを課題として取り組まれてき...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

Loading