TechTargetジャパン

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

レポート
国内製造業におけるIT投資の現状と今後の見通し
 現在、製造業のIT投資に対する意欲はどのような状況にあるのだろうか? IT専門調査会社であるIDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについて調査を実施。その結果を公...(2016/8/24 提供:KDDI株式会社)

レポート
その投資は適正か――いまから始めるIT投資効果測定
経営に対するアカウンタビリティ(説明責任)が問われている現在、IT投資の妥当性についても客観的な指標が求められている。だが多くの企業では、IT投資の効果測定について何ら解決策を持っていないのが現状だ。そこで注目されているのが、ITベンダやコンサルティングファ...(2007/5/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

レポート
なぜ、日本は情報セキュリティ成熟度が低いのか?
 IDC Japanが発表したIT投資動向に関する調査(2016年7月)によると、2016年度の国内企業の年間IT予算計画において、前年比で「変わらない」あるいは「増加」とした企業が、「減少」と回答した企業の割合を上回り、大手/中堅企業を中心にIT投資への積極的な姿勢が見てと...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策
 標的型メール攻撃が猛威を振るう今、全ての企業はその対策が急務である。従来のパターンマッチングによるアンチマルウェア対策ではもはや高い効果を望むことができず、それに代わるテクノロジーとして登場したサンドボックスさえもすり抜けるマルウェアが存在している。(2017/3/30 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

レポート
中堅・中小企業のIT投資に4年ぶりの劇的変化──仮想化とクラウド導入加速の流れ
 中堅・中小企業のIT投資は、少ない予算、IT担当者のスキルの限界、既存のプロセス上の制限などの理由により、現在のリソースを使用した当面の対応に取り組まなくてはならないことが多い。このような事情により、中堅・中小企業ではITの提供方法を改善するのに役立つ仮想...(2012/11/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
匿名通信ツール「Tor」はほぼ確実に“身元バレ”する?
 通信の匿名性を高めるソフトウェアの「Tor」。犯罪用のソフトウェアではないが、違法薬物の取引などの不正行為に手を染める犯罪者が、身元の特定を防ぐためにTorを利用することは珍しくない。だがセキュリティの専門家によると、Torユーザーの身元は高い信頼性で明らか...(2017/4/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
金融業界に求められる課題を包括的に解決する「仮想化技術活用法」とは?
 金融機関は少子化などによるコア業務の停滞、海外も含めた他の金融機関との厳しい競争にさらされており、その打開策として、サービスのスピード化や手続きの簡略化を目指している。これはWebサービスだけでなく、渉外担当者の顧客対応にも適用され、モバイル活用が積極...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
オンプレミスの仮想環境で「予想外のリソース不足」、どう備えたら良い?
 ITインフラを仮想化技術で統合することのメリットの1つとして、リソースの追加管理を利用実態に合わせて適正に行えるということがある。しかし実際には、予想以上に早くキャパシティーが限界を超えそうになることがある。そして場合によっては、非常に短期間のうちに大...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「攻めのIT投資」を実現するデータセンターのエネルギーコスト半減の秘策とは
 クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTなどのITの劇的な進化は、ビジネス環境を激変させている。企業はそのような環境変化を的確に捉え、新たなITによるビジネス改革が必須である。攻めのIT投資を推進するには、ITの構造変化が必要。運用コストを押し上げている「高騰...(2014/12/10 提供:インテル株式会社)

レポート
“クラウド”で変わる、これからの運用管理
 企業のITの在り方として今日の「クラウドコンピューティング」が登場するまでに、「ユーティリティーコンピューティング」や「グリッドコンピューティング」などが提案されてきた。これらは変化対応力やコストの最適化、投資効率の最大化などを課題として取り組まれてき...(2017/4/20 提供:KDDI株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
サービスデスクの強化で生産性を向上――ITサービス管理の3つの視点
 「システム運用の見直しで業務改善」といったキャッチフレーズをさまざまな場面で見聞きするが、その効果は“いまひとつ”となることが多い。IT投資の70%は運用維持費といわれるほど大きな投資がなされているにもかかわらず、結果が出せないのはなぜだろうか。 システ...(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

製品資料
障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス
 ビジネスクリティカルなシステムが増加した近年、障害などによるダウンタイムは業績に大きな損失を与えかねない課題だ。システムを常時監視し、障害にはスピーディに対応できる体制を整備することが理想だが、専任のエンジニアの不在や予算不足のために十分な監視体制を...(2017/3/30 提供:株式会社イーツ)

レポート
ITコストとサービスを完全可視化、IT部門の存在価値を高める「サービスカタログ」
 今日、多くのCIOはコストの削減、生産性と収益の向上を果たす新たな方法を見つけ出すことを求められ、ITへの投資から生まれる価値をビジネスに示すことを強く要請されている。 かなりのIT投資が行われているものの、土台であるサービスカタログが不適切であったり、不...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/2/14 提供:日本電気株式会社)

レポート
「先端IT活用に消極的」はホントなの?――国内製造業の今
日本企業は、最先端のIT/ICT活用に慎重かつ消極的な傾向にあるという。例えば、ガートナーによる日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査では、2016年の日本におけるクラウドコンピューティングの全体の採用率は、前年比微増の採用率であり、採用ス...(2017/2/10 提供:KDDI株式会社)

事例
成功企業のSalesforce×Fintechを活用した電子請求の構築事例
 これまでスクラッチ開発や個別カスタマイズが当たり前だった業務管理の領域でも、クラウドサービスによる低コスト化が急速に進んでいる。しかし、販売管理や会計などのシステム連携が不十分で、その隙間を運用で補わなければならないなど、クラウド化のメリットを生かせ...(2017/2/1 提供:株式会社Cloud Payment)

レポート
2012年度IT投資動向についての読者調査リポート(2012年3月)
 TechTargetジャパンは2012年3月19日から4月2日まで、会員を対象に「2012年度IT投資動向についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のIT予算の増減や投資先、IT製品導入のプロセスなどが分かった。本リポートでは、調査結果をまとめて紹介する。(2012/4/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット
 長年に渡り、データ分析基盤の中心となってきたEDW(Enterprise Data Warehouse)。近年は、データのボリュームと多様性の増加、データの移動と変換の複雑化、新たなデータソースの追加といった要因により、これまでのアプローチに限界が見え始めている。 従来型の高コ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
突き止めた帯域圧迫時間は「午後の30分間」、パフォーマンス低下原因の見つけ方
 旅行ガイドブックでもその名を知られるタイヤメーカーのミシュランは、「プロセスの質」を重視した開発を行っている。同社は、開発段階でのビジネスアプリケーションの分析と予防的なモニタリングを課題としていたが、従来のネットワークプローブでは十分な役割を果たせ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading