TechTargetジャパン

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

レポート
国内製造業におけるIT投資の現状と今後の見通し
 現在、製造業のIT投資に対する意欲はどのような状況にあるのだろうか? IT専門調査会社であるIDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについて調査を実施。その結果を公...(2016/8/24 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
赤字プロジェクトを一掃、IT投資を最適化するプロジェクト・ポートフォリオ管理
 グローバル化するビジネスでプロジェクトを成功に導くためには、適切な人材や資源を割り当て、工程を滞りなく進めていけるように進捗(しんちょく)を管理することが欠かせない。プロジェクト運営が効率化すれば、残業の削減や働き方改革の実現も容易になる。 そこで...(2017/9/4 提供:CA Technologies)

レポート
その投資は適正か――いまから始めるIT投資効果測定
経営に対するアカウンタビリティ(説明責任)が問われている現在、IT投資の妥当性についても客観的な指標が求められている。だが多くの企業では、IT投資の効果測定について何ら解決策を持っていないのが現状だ。そこで注目されているのが、ITベンダやコンサルティングファ...(2007/5/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る
 近年、さまざまな企業が、新しいビジネスの創出やビジネス機会の拡大を目指して、デジタル変革に取り組んでいる。しかし、実際には多くのIT部門が、約8割の時間をIT運用あるいは「画一的な重労働」に費やしており、ITシステムの俊敏性やコスト効率に対する要求へ応えら...(2017/9/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには?
 ビジネスの成長に対してITが与える影響が増す中、多くの企業がITのキャパシティーと設備投資額のバランスに関して問題を抱えるようになっている。コストを抑えるためにキャパシティーを少なくした場合、新たなビジネス機会への対応能力が失われるが、過剰に確保した場合...(2017/8/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
なぜ、日本は情報セキュリティ成熟度が低いのか?
 IDC Japanが発表したIT投資動向に関する調査(2016年7月)によると、2016年度の国内企業の年間IT予算計画において、前年比で「変わらない」あるいは「増加」とした企業が、「減少」と回答した企業の割合を上回り、大手/中堅企業を中心にIT投資への積極的な姿勢が見てと...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
AWS活用術“170選” ビッグデータ、AIからマイグレーションまで先進事例を網羅
 クラウドサービスの導入が一般化し、クラウドがIT投資と既存システムの最適化を実現するために欠かせない手段となりつつある。中でも、代表的なサービスである「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)は成長を加速しており、国内だけでも400社以上のパートナーを通じて企業...(2017/10/5 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/5 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策
 標的型メール攻撃が猛威を振るう今、全ての企業はその対策が急務である。従来のパターンマッチングによるアンチマルウェア対策ではもはや高い効果を望むことができず、それに代わるテクノロジーとして登場したサンドボックスさえもすり抜けるマルウェアが存在している。(2017/8/16 提供:株式会社クオリティア)

Webキャスト
リソース過剰・不足を招かない、「投資対効果の高いITインフラ」とは?
 ITインフラの投資対効果を高めるには、どうすればよいのだろう。全てをパブリッククラウドに移行するのは現実的ではない。しかし、オンプレミス環境では、IT需要の予測が難しく、無駄にITコストをかけてしまったり、逆にリソース不足となってビジネスチャンスを逃したり...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
データセンターにパブリッククラウドの長所を融合――新たなIT調達モデルとは?
 ITインフラのコストと拡張性に課題を抱える企業にとって、パブリッククラウドへの移行は検討に値する選択肢だ。従量課金制を採用したパブリッククラウドは、必要なときに必要な分だけリソースを拡張できるため、予備リソースを保有する必要がなく、IT投資の効率性を高め...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/8/1 提供:株式会社フィールドワン)

製品資料
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点
 一見しただけではグループウェアとの違いがよく分からない「営業支援システム」(SFA)。その導入段階では、「SFAではなく、グループウェアでもいいのではないか?」という声が上がることも多い。しかし、この両者には根本的な違いがある。 それは「システムとしての位...(2017/10/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは
 SNSやIoTの普及で企業の扱うデータが肥大化している。戦略決定にデータ活用は重要だが、その管理運用コストは増え続けているのに投資に見合った効果が得られていないと考えている経営者も増えている。 現実問題として、ストレージの容量は不足し運用負荷が重い状況にあ...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

レポート
FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは?
 高い安定性を誇ってきた金融サービス業界は今、デジタル時代のテクノロジーによる大変革の只中にある。FinTech企業の参入によって顧客にもたらされたエクスペリエンスは従来の銀行が提供できなかったものであり、顧客との接点は、銀行の窓口からモバイルやソーシャルメ...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「先端IT活用に消極的」はホントなの?――国内製造業の今
 日本企業は、最先端のIT/ICT活用に慎重かつ消極的な傾向にあるという。例えば、ガートナーによる日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査では、2016年の日本におけるクラウドコンピューティングの全体の採用率は、前年比微増の採用率であり、採用...(2017/9/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
事例で分かった、ハイブリッドクラウド活用を成功に導く4つのヒント
 近年、急速に導入が進んでいるハイブリッドクラウド。従来型オンプレミスのITインフラに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを混在させるメリットは、最善の機能を実現しながらスピードや柔軟性のニーズに答えられるだけでなく、レジリエンシーやセキュリティ...(2017/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
今使っている業務システムを、OSごとそのまま新品ハードウェアに移行する方法
 Windows Server 2003やWindows XPなどサポートが終了した「レガシーOS」や、2020年にサポートが終了するWindows Server 2008などは、いまもさまざまな業務システムのほか、製造現場の各種設備管理など制御用として利用され続けている。その理由としては、リプレースに伴...(2017/8/1 提供:株式会社ファナティック)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウドをデザインしよう──自社に最適なクラウド環境の作り方
 クラウドコンピューティングは影響範囲を広げ、今では新規のIT費用のかなりの部分を占めている。その一方で、クラウドの導入率が高まったとしても、約半数のワークロードはオンプレミスサーバにとどまるともいわれており、ハイブリッドクラウドの重要性がますます高まっ...(2017/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
企業の成長戦略となった「働き方改革」、理想的ワークスタイルへの4つの鍵とは
 日本企業のグローバル化が進む中、急激な市場変化に対応し、短期間で価値を創出することの重要性が高まっている。ソフトウェア開発の分野でも、開発プロセスの改善による生産性向上と継続的成長が主要課題となっており、グローバルで普及しつつある大規模なアジャイルフ...(2017/8/9 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
Windows 10移行、ウェアラブル端末、IoTまで見据えたデバイス管理の要件
 Windows 7の延長サポート期限が2020年に迫っており、今まさにWindows 10への移行を検討している企業も多いだろう。こうした新プラットフォームへの移行では、統合エンドポイント管理(UEM)ツールが効果を発揮する。中でもエージェントベースにもAPIベースにも対応した...(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
サーバ導入時のトータルコスト、人的コスト含め試算できる無料サービスとは
 サーバの導入や買い換えを検討する際には、運用面も含めたトータルコストを考えなければならない。だが多くの場合、一番に注目されるのがハードウェア購入費だ。そうなりがちな理由は、ソフトウェアや人的コストまで含めたシステム全体の運用管理や保守にかかるコストを...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか?
 システムに予期せぬダウンタイムが発生することは、企業にとって復旧のコストやビジネス機会の損失、信用の失墜といった損害が生じることを意味する。近年では、ユーザーがシステムに対して24時間365日アクセスできることを期待するようになっているため、その影響はさ...(2017/7/18 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

Loading