「ユニファイドコミュニケーション」(UC)の主要トレンド5選「IT Priorities 2023」を読む【後編】

ハイブリッドワークへの移行により、コラボレーションツールやWeb会議ツールの利用が広がった。これらの分野で新たに浮上しつつあるトレンドとは。

2023年09月13日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 米TechTargetと英Computer Weeklyが共同で実施したIT投資の優先度調査「IT Priorities 2023」によると、2023年度のIT投資において、ユニファイドコミュニケーション(UC)とコラボレーションは、影響度の減少が予測される分野の一つだった。一方で39%のIT意思決定者は、自社のサイバーセキュリティ対策の改善に向けて、事業部門のチームと、部門横断的なチーム間のコラボレーションとコミュニケーションを向上させる計画だと回答した。

UC、コラボレーションの主要トレンド

 IT Priorities 2023によれば、UCとコラボレーションの分野における投資計画として企業が最も重視しているのは、チャットやメッセージング、コンテンツ共有などを含むチームコラボレーションだった。それに続いた項目は以下の通りだ。

  • Web会議
  • 音声通話またはVoIP(Voice over IP)
  • 画面共有
  • ビデオ通話
  • コンテンツ・ファイル共有
  • メッセージング
  • ハイブリッドイベント・バーチャルイベント管理
  • PBX(構内交換機)
  • CPaaS(Communications Platform as a Service)または音声・ビデオ機能
  • API(アプリケーションプログラミングインタフェース)機能
  • ワークスペースの予約
  • CCaaS(Contact Center as a Service)

 UCツールやUCaaS(Unified Communication as a Service)に実装してほしい機能として、IT意思決定者の70%がチャットやメッセージング、コンテンツ共有を含むチームコラボレーション機能を挙げ、64%がWeb会議を挙げた。25%がCPaaSまたは音声・ビデオ機能と、API機能を挙げ、23%がCCaaSを挙げた。

 2023年度におけるUCの主要トレンドとして、同調査では以下5つの項目が浮上した。

  • ハイブリッドワークと従業員体験価値の向上
  • コラボレーションの効率化
  • UCの相互運用性の向上
  • UCのセキュリティの向上
  • UCでの拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、巨大仮想空間(メタバース)の活用

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...