「ユニファイドコミュニケーション」(UC)より注目のIT投資分野は?「IT Priorities 2023」を読む【前編】

企業がハイブリッドワークへの移行を進める中、IT意思決定者はコミュニケーションやコラボレーションのツールを重要だと見なすようになった。IT意思決定者にとっての優先課題は、どう変わりつつあるのか。

2023年09月06日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が引き起こしたテレワークへの移行は、人々がどこでどのように働くかに影響を与えただけでなく、仕事の管理方法にも影響を与えた。テレワークとオフィス勤務を組み合わせたハイブリッドワークが一般的な働き方となり、それに伴ってコラボレーションツールやWeb会議ツールの利用が広がった。管理職を含む従業員がハイブリッドワークや事業運営にどのように関与するかという点でも、それぞれの役割や責任に変化が生じた。米TechTargetと英Computer Weeklyの共同調査「IT Priorities 2023」の結果は、こうした状況を反映する形となった。

IT意思決定者が回答した「2023年の最優先課題」は?

 TechTargetとComputer Weeklyは、2022年11月から2023年2月にかけて、英国とアイルランドの156人のIT意思決定者を対象に、IT Priorities 2023の調査を実施した。主に以下の3つの主要分野を調査した。

  1. 2022年度よりさらに重要性が増した技術的取り組み
  2. 自社のIT予算で変化したポイント
  3. 2023年度のIT投資計画

 IT意思決定者が回答した重点項目は以下の通りだ。

  • 51%
    • サイバーセキュリティ、セキュリティ運用、リスクおよびコンプライアンス
  • 45%
    • クラウド、ITインフラとその運用
  • 38%
    • ソフトウェア開発
  • 31%
    • 業務アプリケーション
  • 25%
    • コラボレーションとコミュニケーション

 過去2年間で自社の将来にとって著しく重要性が増した技術的取り組みについては、ユニファイドコミュニケーション(UC)とコラボレーションが27%だった。これは2022年度の調査と比べて減少した。

 職場環境のデジタル化とハイブリッドワークの支援に関する自社の取り組みに関しては、全回答者の84%がいわゆるFoW(Future of Work:ITを活用した働き方改革)の実現に向けて投資すると回答した。調査によると、IT意思決定者は2023年度に、FoWの実現に向けて特に以下の項目を重視している。

  • テレワークとオフィス勤務を組み合わせる職場
  • チームコラボレーション
  • UC
  • HR(人事)
  • ITトレーニングと資格
  • デスクトップ管理
  • コンテンツ管理サービス

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...