「iPhone」が売れず人気なのは“あのベンダー”だけ? スマホ市場に激変の様相2023年前半のスマートフォン市場動向【後編】

全体的に低迷するスマートフォン市場。AppleやXiaomiなどの大手ベンダーが苦境に立たされる一方で、成長を見せたベンダーもあった。市場に起きた変化や、成長著しいベンダーの動向とは。

2023年09月06日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 調査会社Informa Tech(Omdiaの名称で事業展開)は2023年第2四半期(4月〜6月)の世界スマートフォン市場の業績を発表した。世界的なスマートフォン市場の需要低迷は続いており、景気の影響を受けにくいと考えられているAppleのスマートフォン「iPhone」も例外ではなかった。一方で、著しい成長を見せたベンダーもある。

「iPhone 14」が売れず“あのスマホ”が好調 激変の市場動向とは

 Appleの2023年第2四半期のスマートフォン出荷台数は約4320万台と、2023年第1四半期比で24.6%減と大幅に落ち込み、前年同期比でも11.7%減少した。2023年第1四半期に首位に迫っていたAppleの市場シェアは、第2四半期には例年並みの16%に低下し、首位の座を失った。

 同社は2023年第1四半期(1月〜3月)には「iPhone 14」シリーズで成功を収めたものの、いまや苦境に立たされている。「iPhone 14 Pro」や「iPhone 14 Pro Max」といったプレミアムモデルの販売は好調で、特に高所得層の間で需要が伸びた。一方で、スタンダードモデルのiPhone 14や「iPhone 14 Plus」の販売は、従来のシリーズと比べると振るわなかった。Omdiaでシニアリサーチマネジャーを務めるジャシー・ホン氏は、「例年だと、第2四半期以降はスタンダードモデルがiPhone全体の販売を押し上げるはずだが、2023年は違った」と話す。

 厳しい状況に置かれているのはAppleだけではない。中国のスマートフォンメーカーXiaomiは、2023年第2四半期の市場シェアは前年に引き続き3位を維持したものの、出荷台数は前年同期比15.7%減の約3320万台だった。同社が苦戦する背景には、同社にとって最大の市場であるインド市場の低迷があるとOmdiaは指摘する。一方でXiaomiは欧州におけるブランドの地位を築きつつあり、他の中国メーカーが欧州への事業進出に苦戦する中で健闘していると言える。

 他にもXiaomiが直面する課題が、OPPO(Guangdong OPPO Mobile Telecommunications)やvivo Mobile Communication、Transsion Holdingsなど他の中国メーカーとの厳しい競争だ。OPPOの2023年第2四半期の出荷台数は、前年同期比10.5%減の約2500万台で、市場シェア4位に落ち着いた。Transsion Holdingsの同期における出荷台数は約2450万台で、前年同期の約1770万台から38.4%増加した。これにより同社はvivo Mobile Communicationを抜き、業界5位のメーカーとなった。

 Transsion Holdingsの販売台数は数年停滞していたが、2023年第1四半期に在庫調整(過剰在庫を減らすための調整)を進め、第2四半期から新製品の供給を増やしたことで回復した。Omdiaで主席アナリストを務めるザカー・リー氏は次のように説明する。「Transsion Holdingsはより多くの市場に進出する取り組みを実施し、これが功を奏した」。特に同社は、アジア太平洋地域で、ローエンドモデルのスマートフォン市場をターゲットに販売を強化している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。