TechTargetジャパン

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
“つながる工場”「1年前より進んだ」と実感――53.2%が本格的な取り組みを開始
 「TechFactory」が実施した「工場内ネットワークに関する調査」(調査期間:2016年6月3〜14日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/工場内ネットワーク化”の現状や導入検討に関する課題について聞いた。 ドイツの「インダストリー4.0」などに...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
インテルと7社のベンチャー企業で構成された「IoTベンチャーズ」
 インテルは「IoT(Internet of Things: モノのインターネット)」の分野でベンチャー企業と共同でソリューションを提案する取り組みを始めている。 「IoT ベンチャーズ」という枠組みの下、7社のベンチャー企業がインテルのプラットフォームでさまざまなIoT ソリューシ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/6/29 提供:日本オラクル株式会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
サービスデスクの強化で生産性を向上――ITサービス管理の3つの視点
 「システム運用の見直しで業務改善」といったキャッチフレーズをさまざまな場面で見聞きするが、その効果は“いまひとつ”となることが多い。IT投資の70%は運用維持費といわれるほど大きな投資がなされているにもかかわらず、結果が出せないのはなぜだろうか。 システ...(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

製品資料
電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わるのか?
 「電子帳簿保存法」は、国税関係帳簿や国税関係書類に対して、電子文書による保存を認めた法律だ。1998年に制定され、2005年に一部の条件を緩和する改正がなされたが、電子保存を認める対象や条件が厳しかったため、これまで普及してこなかった。 しかし、2016年1月に...(2016/6/28 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

製品資料
日々のインシデント業務を省力化――西武グループやイオングループが選んだITサービス管理ツールとは?
 業務中に突然かかってくる問い合わせの電話、各地の店舗や事務所からメールやFAXで寄せられる修理要請、受信フォルダにたまる質問の山。このようなインシデント対応に追われ、本来なすべき業務に手が回らず、負担ばかりが増えていく。多くのIT部門が抱える現状である。(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
ユーザーが大歓迎する「モバイルファースト」実行の手引
 Facebookへのモバイルアクセス増加が示すように、モバイルはコンシューマー市場を席巻した。同じくエンタープライズの世界でも、多くのクラウドサービスが登場し、ビジネスをサポートするようになった今、ビジネスでのモバイル活用が当たり前になってきている。 それに...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
マネージドサービスプロバイダーを選ぶための「10の条件」
 ある調査によると、成長計画に携わる70%のCIOが、「全てを組織内で用意するのではなく、新しいスキルと専門知識を求めて広く外部と提携すること」を選択している。 その際の、マネージドサービスプロバイダーを選択する条件は、社内で調達するよりも優れたスキル、プ...(2016/5/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/4/28 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
モバイルアプリでコンタクトセンターはどこまで顧客のストレスをなくせるか?
 スマートフォンの普及で顧客と企業の距離はさらに近くなった一方で、従来のコンタクトセンターの音声ガイダンスでは顧客ニーズに応えられなくなりつつある。そこで求められるのは、待たされたり、複雑な操作をしたりすることなく、速やかに適切な対応が受けられるコンタ...(2016/3/25 提供:富士通株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
6つの事例から学ぶ CAD設計業務の体質強化のコツ
製造業の設計業務では設計工数削減や品質の安定化、流用・編集設計の増加、業務の平準化といった悩みは尽きない。しかし、CADシステムの標準化や自動化によって設計業務は改善の余地があることをご存じだろうか。本資料では、(1)設計(2)データ管理(3)製品・ユニット(4)レ...(2016/3/23 提供:SCSK株式会社)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに
 企業にコンピュータが導入される以前から「情報分析」は会社の発展に欠かせないものであった。専門的な分析能力の高い人材がいて多様なノウハウを蓄積し、業務に応用することで、企業競争力が維持され、時代の変化にも対応してきた。そして現在、企業のシステム化が進み...(2016/2/10 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
わずか50グラムのメガネ型ウェアラブル端末、あなたならどう使う?
 メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(TM) TG-1」は、レンズ越しに1.25メートル先に情報を表示する業務支援ツールである。ハンズフリーの作業が可能で、重量もわずか50グラムと長時間の作業でもストレスにならない。 メガネとしても自然なデザインで、接客業務などでも...(2016/2/8 提供:株式会社東芝)

事例
属人的で情報共有ができなかったAccessを刷新、全社最適のデータ利活用が「社内説明会」で実現
 Accessによるデータベースの利活用を行っている企業や部署は多い。しかし、複数の部門で情報共有しやすい共通フォーマットに整理されているかといえば、必ずしもそうではない。逆に各社員が業務に使いやすい設定や構造にしているケースの方が多い。重要な情報のブラック...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/2/17 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
エンタープライズサーチ進化の現状、情報だけでなくナレッジが共有される基盤とは
 企業システム内にある多種多様なデータを効率的に検索し、情報活用を促すエンタープライズサーチは、企業規模を問わず多くの企業が導入している。増加の一途をたどる業務データの中から必要な情報を素早く探し出し活用することは、業務効率化のみならず、新たなビジネス...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

Loading