TechTargetジャパン

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
ユーザーが大歓迎する「モバイルファースト」実行の手引
 Facebookへのモバイルアクセス増加が示すように、モバイルはコンシューマー市場を席巻した。同じくエンタープライズの世界でも、多くのクラウドサービスが登場し、ビジネスをサポートするようになった今、ビジネスでのモバイル活用が当たり前になってきている。 それに...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/5/30 提供:日本オラクル株式会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
マネージドサービスプロバイダーを選ぶための「10の条件」
 ある調査によると、成長計画に携わる70%のCIOが、「全てを組織内で用意するのではなく、新しいスキルと専門知識を求めて広く外部と提携すること」を選択している。 その際の、マネージドサービスプロバイダーを選択する条件は、社内で調達するよりも優れたスキル、プ...(2016/5/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
モバイルアプリでコンタクトセンターはどこまで顧客のストレスをなくせるか?
 スマートフォンの普及で顧客と企業の距離はさらに近くなった一方で、従来のコンタクトセンターの音声ガイダンスでは顧客ニーズに応えられなくなりつつある。そこで求められるのは、待たされたり、複雑な操作をしたりすることなく、速やかに適切な対応が受けられるコンタ...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/4/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/4/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
事業部門の効率性と生産性を促進するために、IT部門こそが核になるべき理由
 かつて多くの事業部門にとって“ITはブラックボックス”であり、導入や運用についてIT部門が一括して引き受けてきた。しかし現在では、事業部門自体が積極的にビジネスに有効なITツールを独自に導入する動きが広がっている。そうしたなか、組織全体でのIT活用を考え、効...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
6つの事例から学ぶ CAD設計業務の体質強化のコツ
製造業の設計業務では設計工数削減や品質の安定化、流用・編集設計の増加、業務の平準化といった悩みは尽きない。しかし、CADシステムの標準化や自動化によって設計業務は改善の余地があることをご存じだろうか。本資料では、(1)設計(2)データ管理(3)製品・ユニット(4)レ...(2016/3/23 提供:SCSK株式会社)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「データへの興味が最大のカギ」1人1人の「分析力」を上げることが、企業全体の競争力アップに
 企業にコンピュータが導入される以前から「情報分析」は会社の発展に欠かせないものであった。専門的な分析能力の高い人材がいて多様なノウハウを蓄積し、業務に応用することで、企業競争力が維持され、時代の変化にも対応してきた。そして現在、企業のシステム化が進み...(2016/2/10 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
わずか50グラムのメガネ型ウェアラブル端末、あなたならどう使う?
 メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(TM) TG-1」は、レンズ越しに1.25メートル先に情報を表示する業務支援ツールである。ハンズフリーの作業が可能で、重量もわずか50グラムと長時間の作業でもストレスにならない。 メガネとしても自然なデザインで、接客業務などでも...(2016/2/8 提供:株式会社東芝)

事例
属人的で情報共有ができなかったAccessを刷新、全社最適のデータ利活用が「社内説明会」で実現
 Accessによるデータベースの利活用を行っている企業や部署は多い。しかし、複数の部門で情報共有しやすい共通フォーマットに整理されているかといえば、必ずしもそうではない。逆に各社員が業務に使いやすい設定や構造にしているケースの方が多い。重要な情報のブラック...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
エンタープライズサーチ進化の現状、情報だけでなくナレッジが共有される基盤とは
 企業システム内にある多種多様なデータを効率的に検索し、情報活用を促すエンタープライズサーチは、企業規模を問わず多くの企業が導入している。増加の一途をたどる業務データの中から必要な情報を素早く探し出し活用することは、業務効率化のみならず、新たなビジネス...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

講演資料
現場カイゼンと同時に、ホワイトカラーの生産性カイゼンに必要なものとは?
 社会経済システムの調査研究を行う日本生産性本部によると、日本の労働生産性は2014年においてOECD加盟34カ国中で第21位、主要先進7カ国では最も低い。そしてこの順位は2005年から変わらないままである。 各方面で指摘されている原因の一つが「ホワイトカラーは仕事に...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用。失敗しないための「鍵」とは?
 今まで対象にならなかった、見えない巨大なデータを高度に分析。新たな知見や価値を生み出し、経営判断や業務改善、ビジネス戦略に役立てる「ビッグデータの活用」に取り組む企業は増加の一途。 例えば、ログなどの刻一刻と変化するデータの可視化を始め、顧客の生の「...(2015/12/24 提供:日本電気株式会社)

事例
ビジネス拡大とイノベーションを加速させる「6つのIoTユースケース」とは?
 IoTは、膨大な数のデバイスやセンサーからの情報をインターネット経由で集積する技術だ。これによって世界中で移動を続ける製品や機器、そして消費者の情報を一括して入手できるようになり、加えてビッグデータ分析基盤の発展によって、ビジネス拡大やイノベーションに...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
情シス担当者に共通する4つの課題に解決策はあるのか?
 PCの運用管理業務には「世界共通の標準」というものはないが、昨今よく耳にするのは、「情報システム部門の役割が変化し、経営・企画の視点も含めた提案を求められるようになった」「それに伴い、手間の掛かるPCやサーバの運用業務は、業務改善で効率化するよう求められ...(2015/11/5 提供:日本電気株式会社)

レポート
レポート:財務部門の変革を促す業務改善のヒントとは?
 CFO Researchが行った2014年の調査では、財務業務スタッフが直面している課題は「貧弱な業務プロセス」と「使いにくい情報システム」だと報告している。財務部門は長年にわたり個別プロセス向けのシステムに投資を続けた結果、連携が貧弱なシステムの寄せ集めで業務を行...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く3つの活用シーンとは?
 顧客との対面時間を最大化するため、先進的な企業では組織階層にとらわれない目的志向型のチーム編成や、モバイルを活用した業務推進の追求、スペース削減とペーパーレスなど幅広い分野での業務改善が進んでいる。このようなワークスタイル変革の取り組みにおいて、特に...(2015/10/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ERPの効果に疑問を感じたら「真のデータベース統合」に着手せよ
 ERPの導入効果としては、経営内容の把握、それに伴う各種コストの最適化が挙げられる。各部門の業務データを統合し、予実管理などを迅速に進めることで、業務改善の具体策を検討できるようになる。従って、ERPの導入効果に疑問を感じている企業は、経営管理におけるスピ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
法改正によるルール変更への柔軟対応を可能にした「金融機関におけるBRMS成功事例」
 金融機関のシステムは業務の性格上、複雑な仕組みにならざるを得ず、規模も大きくなる。このようなシステムを運用していく上では、ビジネスルールの変更に安易な対応をしてしまっては大きなリスクを伴うが、法改正に伴う変更が発生すれば先延ばしもできないため、改修コ...(2015/10/21 提供:株式会社アシスト)

製品資料
メディアコンテンツの多面展開に、指針と成長を与える経営管理の仕組みとは?
 映画、テレビ番組、マンガ、アニメーション、楽曲などの作品を制作し収益を得ているメディアコンテンツ業界において、豊富で優良なコンテンツを制作・流通させることが成長のカギであることは間違いない。しかし一方で、これらコンテンツの1つ1つについてコストや収益状...(2015/10/28 提供:株式会社電通国際情報サービス)

Loading