TechTargetジャパン

事例
日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由
 今、日本の中小規模メーカーで海外進出に取り組む事例が増えている。事業拠点をグローバル規模で展開するためには、全社を統合するシステム戦略が不可欠だ。海外進出を始めたある半導体向けケミカルメーカーの事例では、全社業務を統合する新しいシステム構築において...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
最小限の予算で最大限の安全を確保するセキュリティソリューションとは?
 サイバー攻撃が巧妙化、多様化する中で、Webサイトを守るためのセキュリティ対策は企業にとって重要課題の1つだ。脆弱(ぜいじゃく)性を利用したマルウェアが感染すれば、サイト改ざんや個人情報の流出など、致命的なダメージを受ける。対策が遅れれば遅れるほど危険性...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

事例
「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用
 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。 その...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣
 SNSやIoT、モバイルデバイスより刻々と生成されるデータからリアルタイムに洞察を導き出す「ストリーミングアナリティクス」。情報の鮮度を落とさず、データ量が膨大になりすぎないうちに処理するためには、評価・集約・相関・分析という工程でデータを迅速に処理できる...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?
 企業の業務内容を改善するためにモバイルデバイスを活用する事例が増えている。これまでは業務管理システムがモバイルデバイス位対応しておらず、モバイルデバイスを持つ外回りやフィールドワークに従事するスタッフが利用できないケースが多かった。しかし、最近ではiP...(2017/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
製造業大手15社に聞いたIoT導入の“いま”、求められる技術者像も多様化
 製造業においては生産性向上やコスト削減、人手不足、迫られるグローバル展開など課題は山積しており、その解決手段の1つとして「生産現場へのIoT導入に踏み切るべきタイミングが到来した」と考える企業も増えている。加えてIoT導入にまつわる周辺環境も変化しており...(2017/6/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる?
 IT部門の業務改善には、ITシステム運用を非効率化している要因を取り除かねばならない。その大きな要因の1つがサービスデスク業務だ。問い合わせ対応やサポートが、事業・システム単位で縦割りになっていたり、特定の担当者に依存した属人的な業務となっていたりするな...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

事例
ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用
 毎年、約2100万人の乗降客が利用する福岡空港。その運営を手掛ける福岡空港ビルディングでは、搭乗設備の運用管理、チェックインなどの多くのシステムを提供・運用してきた。しかし、365日の運航に対応する上、空港利用客の増加やIT化の進展で、業務負荷が無視できない...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

事例
100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は
 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。 ただし、モバイル端末には常にセキ...(2017/4/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「リテールテック・SECURITYSHOW」展示会レポート
流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させる最新のIT機器・システムが集まる専門展と、防犯カメラからセキュリティまで社会の安心・安全を守る製品・サービスを紹介するセキュリティの専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともに...(2017/4/18 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わるのか?
 「電子帳簿保存法」は、国税関係帳簿や国税関係書類に対して、電子文書による保存を認めた法律だ。1998年に制定され、2005年に一部の条件を緩和する改正がなされたが、電子保存を認める対象や条件が厳しかったため、これまで普及してこなかった。 しかし、2016年1月に...(2017/3/7 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣
 長年利用してきた業務基盤システムの刷新は容易ではない。移行対象が多く、そのデータとプロセスは企業が保有する貴重なナレッジそのものだからだ。横浜ゴムでも、20年以上利用した業務基盤システムの刷新に際し、約3000ものデータベース(DB)移行が課題となった。 ま...(2017/3/28 提供:株式会社ドリーム・アーツ)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2017/3/1 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法
 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ...(2017/3/15 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

事例
タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ
 近年、製品のライフサイクルが短くなり、営業の現場には多種多様な商材があふれている。この多品種化時代に対応したネット販売が、対面販売の強力なライバルとして台頭している。ECサイトでは、豊富な情報コンテンツを閲覧でき、ユーザーの属性に応じた提案を行える。ア...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
キリンビールが求めた需給計画システム――多品種化する計画単位の対応が鍵
 ビールやウイスキーなどを製造しているキリンビールは、需給計画システムをスクラッチで開発・運用してきたが、ハードウェア老朽化やミドルウェアのサポート切れなどの要因からシステムの更新を検討し始めていた。 さまざまな業務パッケージ製品を比較検討してみるも...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
ユーザーが大歓迎する「モバイルファースト」実行の手引
 Facebookへのモバイルアクセス増加が示すように、モバイルはコンシューマー市場を席巻した。同じくエンタープライズの世界でも、多くのクラウドサービスが登場し、ビジネスをサポートするようになった今、ビジネスでのモバイル活用が当たり前になってきている。 それに...(2017/2/10 提供:東日本電信電話株式会社)

レポート
JINS快進撃の裏にあるデータ経営と、製造業のビッグデータ事例を見る
 ビジネスに大きな価値をもたらすといわれるビッグデータ。最近では、一般企業でも活用に乗り出す事例が増えてきた。データを経営戦略に生かす取り組みや、機器の故障予測を可能にする仕組みなど、その活用方法はさまざまである。 本資料では、PC用メガネ「JINS PC」を...(2017/2/10 提供:東日本電信電話株式会社)

製品資料
食品飲料業界の課題に特化、固有の業界ニーズに対応するERPは何が違うのか
 食品飲料業界では、消費者の嗜好に合わせた商品開発のイノベーションスピードや、食の安全を守る法令へのコンプライアンス対応の両立が求められている。こうした業界固有のニーズを満たすには、汎用的なソフトウェアでは困難だ。 業界の特異性を理解したソリューション...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで
 ワークスタイルの多様化や在宅勤務対応など、多くの企業で労働環境の改革が進められている。その中で、徐々に問題となり始めているのが勤怠管理システムだ。モバイル打刻や生体認証、シフト作成などの機能がそろそろ必要だが、あまりコストは掛けられないという企業も多...(2017/2/1 提供:日本アクセス株式会社)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
人工知能が活用される産業分野はどこか?
 「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」が将来、われわれ人間の仕事(の一部)を奪うのでは? そのように考えたことのある読者も少なくないだろう。 多くのメディアで話題となった囲碁棋士と人工知能との戦いや、自然対話型人工知能「IBM Watson」の商用利用な...(2017/1/17 提供:アイティメディア株式会社)

Loading