TechTargetジャパン

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
データ活用を根底から変える「散在データの仮想統合」という考え方
 サイロ化された業務システム、顧客対応情報、機器ログ、文書・画像・映像など、企業が扱うデータはさまざまな形式で散在している。これらデータを横断的に活用する手段としてはデータウェアハウス(DWH)を構築し、BIを使うことが一般的だ。しかし多くの時間とコストが...(2016/2/23 提供:スマートインサイト株式会社)

事例
手組み基幹システムを4カ月で移行、グローバル企業の「二層構造ERP」成功の秘訣
 自動車に利用される接着剤の日本国内シェア約80%を占めるロード・ジャパン・インクは、世界9カ国に16の生産拠点、90を超える販売拠点を擁する米LORD Corporationの日本法人だ。 同社は1991年からホストコンピュータを使った手組みの基幹システムを運用してきたが、年...(2015/3/13 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
オンプレミスとクラウド、ハイブリッド環境におけるデータ統合の課題を解決
 クラウドコンピューティングは、ここ数年で急激に企業利用のリソースとして浸透し、SFAやCRMだけでなく、基幹業務における導入も拡大している。新しいサービスやシステムの開発において、まずはクラウド上での実装を考える「クラウドファースト」が一般的になりつつある...(2014/10/29 提供:Talend株式会社)

技術文書
成功企業から学ぶデータ統合の活用法
 IT環境における情報量が飛躍的に増加する中、企業にとって情報資産「ビッグデータ」の活用がビジネスの鍵を握ることは間違いない。だが、従来のETLツールや夜間のバッチ処理・一括ファイル転送といった手法では、データ活用のタイミングが遅くなり、データがもたらす価...(2014/4/7 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月2日号:中古ソフトウェア販売は著作権侵害か?
 Computer Weekly日本語版 4月2日号は、以下の記事で構成されています。■中古ソフトウェアの販売は違法なのか? 英Federation Against Software Theftが下した会員企業の資格停止処分は、中古ユーザーライセンスの合法性に関するユーザーの混乱に拍車を掛けている。■...(2014/4/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月2日号:中古ソフトウェア販売は著作権侵害か?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月2日号は、以下の記事で構成されています。■中古ソフトウェアの販売は違法なのか?■HTML5で近代化した、「世界最高の公共交通サイト」ロンドン交通局■データ統合を果たしたスコットランド消防本部が待望するIoT時代■Microsoftデベロッパ...(2014/4/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月2日号:中古ソフトウェア販売は著作権侵害か?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月2日号は、以下の記事で構成されています。■中古ソフトウェアの販売は違法なのか?■HTML5で近代化した、「世界最高の公共交通サイト」ロンドン交通局■データ統合を果たしたスコットランド消防本部が待望するIoT時代■Microsoftデベロッパ...(2014/4/2 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
6分で分かる ビッグデータの「3つのV」に対応するための技術要件
 ビッグデータの活用を効率的に行うためには、データに関する3つのV、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)への対応が重要になってくる。 Volume(量)に対応するには、並列実行技術となるMap/Reduceやジョブスケジューリング(配布、管理)、また問い合...(2014/1/30 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

講演資料
事例に学ぶ、ビッグデータ活用に向けたデータ統合のアプローチ
 ビジネスを取り巻くIT環境は変わり、それに伴ってデータ量は急増している。現在はビッグデータから速く安く価値を引き出すために、革新的なテクノロジーの活用に注目が集まっている。しかし、現在のデータ管理環境について以下のような課題を抱える企業は少なくないので...(2013/11/29 提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社)

講演資料
売り上げを上げ、コストを下げるためのデータ活用法とは
 データは、企業にとって最も重要な資産だ。多くの企業が大量のデータを抱え、管理のために多額の費用をかけている。競争優位性を得るためには、データの活用が重要であると認識される一方で、データを価値のある資産に変える取り組みが十分でないことも認識されている。(2012/11/22 提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社)

レポート
主要PaaSの機能比較表
 9つの主要PaaS(Heroku、Force.com、Google App Engine、Cloud Foundry、OpenShift、AWS Elastic Beanstalk、DotCloud、Windows Azure)の内容をまとめた比較表を提供する。・開発フレームワーク・ツール・プログラミング言語・アプリケーションサーバ・データベースサ...(2012/4/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
サイロ化したシステムのコンソリデーションからBCPまで行う賢い方法
データ統合による攻めの情報活用とコスト削減の両立 −データベースのマーケットリーダーだからこそ  実現することができる  真の Data Integration ソリューション■ 攻めの情報活用に不可欠な「Data Integration」とは■ リアルタイムデータ連携を支えるOracle Gol...(2012/4/24 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
IBM InfoSphere DataStage
 IBM InfoSphere DataStageは、ソース、ターゲット、時間などの制約に関係なくあらゆるタイプのエンタープライズ・データを緊密に統合する。 情報への全社規模のニーズに応えるためのエンタープライズ・データウェアハウスの構築、「リアルタイム」のデータウェアハウス...(2011/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
異種混在のIT環境、散在するデータを意思決定の力にするには
 新商品や新サービス導入のチャンスを逃さない、競業他社の脅威に対抗するために、機敏な対応能力が求められている。そういった迅速な意思決定のためには、必要な情報を必要な形で、必要なときに必要な人に提供できる情報インフラストラクチャの構築が重要だ。しかし、異...(2011/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

カタログ
IBM InfoSphere DataStage
IBM InfoSphere DataStageは、ソース、ターゲット、時間などの制約に関係なくあらゆるタイプのエンタープライズ・データを緊密に統合する。情報への全社規模のニーズに応えるためのエンタープライズ・データウェアハウスの構築、「リアルタイム」のデータウェアハウスの構...(2011/7/12 提供:登録ミスコンテンツ管理用)

カタログ
IBM InfoSphere Information Server
 IBM InfoSphere Information Server は、データのプロファイリング、クレンジング、変換、提供など、統合処理に関わるさまざまな機能を1つに集約させた情報統合基盤である。異種混在のIT環境においても、複雑なデータ統合処理を円滑かつ低コストで実現し、企業内の情報...(2011/7/12 提供:登録ミスコンテンツ管理用)

技術文書
情報資産への投資をより早く回収する、新しいデータ統合
確かな意思決定を行うには、クリーンで正確なデータが必要不可欠だ。しかし、データを適切に選別・認証・収集・操作することは非常に困難で、多くの場合、信頼性に欠け、コスト増大の原因になっていることも少なくない。SASは全社的な情報系システムが持つべき機能を「デ...(2011/6/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

講演資料
効率的な分散型開発を支援する情報共有プラットフォーム
 アプリケーション開発において、その要件定義から実装/メンテナンスまでを包括したライフサイクル全体の効率化を支援する「ALM(Application Lifecycle Management)」。ALMを活用すると、さまざまな開発支援ツールのプロセスやデータを統合させることが可能だ。 現在...(2010/11/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
従来比で約10倍性能が向上したシステム間連携の最適化手法
 インターネットイニシアティブでは、これまでシステム間の連携インタフェースを自社でスクラッチ開発することで、複数システムにおけるデータ連携を図ってきた。しかし、システムの数が増えるにつれ、データの整合性などの課題が顕在化し、大量データの処理にも対応でき...(2010/9/16 提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社)

事例
将来のクラウド化を見据えたデータ統合基盤の選定ポイント
 協和発酵工業とキリンファーマとの経営統合によって、2008年10月に誕生した協和発酵キリン。同社は基幹系システムの再構築に合わせて、自社で扱うトランザクションデータの連携を一元化する「トランザクションハブ」システムの選定を検討していた。また、システム運用管...(2010/9/16 提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社)

技術文書
ETLの進化形「データ統合」への移行戦略
 企業におけるデータ活用の高度化・多様化に伴い、ETLが適用される領域は拡大を続け、新たに「データ統合」という考え方が生まれてきた。 このホワイトペーパーでは、ETLからデータ統合への移行方法や、その成功に必要となる技術要件「データ統合の着手方法」「データ品...(2008/11/20 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
KDDIが迅速な情報共有に成功した理由はETLツールの採用にあった
 KDDIは「決算の早期化」と「業務の高品質化」を柱とする管理系情報システムの再構築プロジェクトを立ち上げた。具体的には、翌月20日での決算発表という業界トップレベルの迅速な情報開示や、トップマネジメントおよび全採算責任者に対する正確かつ迅速な情報共有スキー...(2008/9/16 提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社)

Webキャスト
データ統合と情報活用の悩みを一気に解決するには?
 市場における競争が激化の一途をたどる昨今、すべての人が欲しいときに欲しい情報を入手できなければ、誤った判断の回避やより良い意思決定は不可能だ。 しかし、情報活用の重要性を理解し、先進的な取り組みをしてきた企業ほど多くのシステムが乱立し、データの正確性...(2008/7/31 提供:日本ビジネスオブジェクツ株式会社)

技術文書
バッチ処理から脱却してリアルタイムなデータ分析を実現
 多くのデータウェアハウスでは「多種多様なアプリケーションからデータを抽出し、複雑な変換を実行してから大量のデータを一括ロードできる」というメリットから、ETL(Extract Transform Load:データの読込み、変換、書込み)ツールを採用していた。 しかし、業務の2...(2008/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
データ統合時代の幕開け 〜初めの一歩でつまずかない。ETLツール選定のポイント〜
 企業内に散在するデータを情報資産として活用し、競争力強化やコストダウン、収益増加につなげようという動きが活発化している。そこで注目されているのが「データ統合」だ。日本版SOX法施行に伴う内部統制施策の一環としても、データ統合に取り組む企業が増えてきてい...(2008/5/30 提供:株式会社アシスト)

技術文書
SOAベースのビジネス統合プラットフォーム実現のアプローチ
 ビジネス統合は、BPMとサービス指向アプローチによる情報とシステムの統合により実現される。しかし概念はシンプルでも、実現には多くの課題が立ちはだかるのが現実だ。ビジネス統合の成功には、ビジネスとITの橋渡しを効果的に行うための基盤が不可欠である。 SOAベー...(2007/11/7 提供:日本BEAシステムズ株式会社)

事例
そのバッチジョブ大丈夫?大規模アプリのデータ量はわずか1年で1.5倍に!
企業合併や組織変更、部門別最適化のために、分散環境で様々な形で管理されているデータ。それに対して、企業競争力を強化したいとう経営層からの要求は高まり、膨大なデータをタイムリーに分析したいというニーズが大きくなっている。データ統合とジョブ実行時間短縮化に...(2007/10/24 提供:株式会社アシスト)

製品資料
データ/フォーマット/文字コードをプログラミングなしで変換!開発・管理工数を削減
企業間電子取引はもちろん、企業内に分散したアプリケーションの連携やデータベースの統合によるデータの最適化はこれからの大きな課題である。アプリケーション連携やデータ統合のデータ変換プロセスにおいて実践的な問題解決方法を紹介する。企業間電子取引やアプリケー...(2007/6/4 提供:株式会社データ・アプリケーション)

事例
業績V字回復のカギを握るデータ統合
社内に分散するデータの統合を図り、ITによる業績の改善を目指すセシールの事例を紹介する。ポイントは、データ中心のシステム構成に変更する点にあった。 女性用下着で知られるセシールでは、ビジネスの急速な変化へ対応するため、部署ごとによるシステムの部分最適化が...(2007/5/14 提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社)

Loading