TechTargetジャパン

事例
Macメインの環境からWindowsの個人情報へ安全な接続を、アメリカンスクール・イン・ジャパンが得たシンプルな答え
 Mac環境からWindowsシステムを利用する用途を想定して、Appleは「Boot Camp」ソリューションを提供している。しかし切り替えには再起動が必要になるため、あまり実用的ではないケースも多い。他社からも同様のソリューションは提供されているが、設定できる範囲が限定的...(2016/2/4 提供:パラレルス株式会社)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
デジタルエクスペリエンスのチャンスは1度きり、ユーザーを振り向かせる7つのヒント
 Webサイトやその関連サービスで不愉快な思いをしたユーザーは、再びその企業のサイトを利用することはない。この「不愉快な思い」というのは、明確にトラブルとなったものだけでなく、「使いづらい」「分かりにくい」「コンテンツに魅力がない」などの定性的な評価も含...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

事例
アイシングループがストレージ基盤を刷新、オールフラッシュストレージでVDI環境も構築
 自動車部品メーカー、アイシングループでは、約180あるグループ各社のIT資産の集約と共通基盤化を重要なテーマの1つに掲げ、「クラウド基盤のストレージシステム刷新」と「仮想デスクトップ環境(VDI)の構築」を進めていた。 その検討の中で、グループ共通の課題とし...(2016/1/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
他社に学ぶ、回避すべき脅威インテリジェンス「5つのわな」
 脅威インテリジェンスの取り組みと、ビジネス目標や成功要因との整合性が確保されていない限り、そのセキュリティ投資から最善の結果を得ることはできない。不適切なインテリジェンスに頼れば、それに基づいた経営判断も不適切となってしまう。経営層を重要な利用者と見...(2016/1/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
販売・在庫・仕入の管理“初めてのクラウド”でも安心して利益率向上の秘密
 厳しい経営環境で競争を続ける企業にとって、利益率の向上は必須の課題だ。小売卸業ならば、販売、在庫、仕入れ、倉庫などの管理をリアルタイムで把握することが重要になる。しかし中小・中堅規模の企業にとって、自社の要件に合ったシステムを構築することはコストとい...(2016/1/14 提供:株式会社プラス)

製品資料
漏えいのリスクを事前に特定? 「コンテンツ重視」型の情報漏えい対策とは
 機密情報の漏えいは大きな経営課題だ。英国Cooke & Masonの調査によると、大規模企業における情報漏えいの平均コストは、1件当たり50万〜130万ドルといわれる。クラウドやモバイルの普及により、企業内の情報はIT部門が把握しきれないデバイスや場所に保管され、従来の...(2016/1/12 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
障害発生から復旧まで業務を止めない、PCサーバによる高可用システムの実力を探る
 24時間365日動き続けるビジネスを支えるため、ハードウェア障害からのリカバリタイムを最小化することは、ITインフラの構築・運用上の大きな課題である。また、仮想化によるサーバ統合/集約が進みシステムが複雑化する一方で、運用効率化によるTCO削減が求められている...(2016/1/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? ストレスチェック制度とメンタルヘルス対策
 労働安全衛生法の改正により、従業員50人以上の企業では、従業員に対するストレス状態の把握や、ストレス状態の従業員に対する改善措置の実施が義務化された。ストレス状態の把握では、厚労省の推奨設問である「ストレス反応」「ストレス原因」だけでなく「ストレス耐性...(2016/1/6 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
1000社以上で利用、顧客レターや請求書の作成・管理をデジタル一元化するメリット
 顧客とのタッチポイントが多様化する中、業務の効率化を図りながら、一貫した顧客コミュニケーションで顧客体験を高める必要がある。そのためには、まず何から始めたら良いのだろうか。 本ホワイトペーパーは、世界1000社以上で導入されているカスタマーコミュニケーシ...(2015/12/28 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
ビッグデータ活用。失敗しないための「鍵」とは?
 今まで対象にならなかった、見えない巨大なデータを高度に分析。新たな知見や価値を生み出し、経営判断や業務改善、ビジネス戦略に役立てる「ビッグデータの活用」に取り組む企業は増加の一途。 例えば、ログなどの刻一刻と変化するデータの可視化を始め、顧客の生の「...(2015/12/24 提供:日本電気株式会社)

事例
「SD-WAN」と「レガシーWAN」を比較検証、4つのWANコストはどう変わる?
 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアで柔軟にネットワークを制御するSDN技術をWAN環境に取り入れた、次世代SD-WANソリューション導入による「WANに関わるコスト削減効果」を示している。ゼロタッチな拠点展開、クラウドGUIによる集中制御、回線種別を問わないルーティン...(2015/12/24 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
セキュリティ対策3製品のマルウェア検知能力を検証、検知率に違いはあるか?
 サイバー攻撃に用いられるマルウェアは常に変化し続け、従来のシグネチャコード型のマルウェア検知を回避する。そのため、既知であるはずのマルウェアが、出現後数年にわたってセキュリティ防御を突破するリスクが指摘されている。 本レポートは、製品テスト専門機関Mi...(2015/12/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
国内でも感染被害発生、POS端末を攻撃から守る「ロックダウン型ウイルス対策」とは?
 金銭目的から、クレジットカード情報や個人情報をPOS端末から盗みだす標的型サイバー攻撃が急増している。国内でも、大手外資系ホテルチェーンで施設内レストランを中心に使われたカード情報への不正アクセスの兆候を確認したとの報道がある。POSなどの決済処理システム...(2015/12/22 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
自動車部品や食品などの製造業界ごとに見る、生産システム構築の成功パターン集
 製造業の競争力の源泉である生産管理システム、従来では自社開発することがほとんどだったが、最近ではITの高度化に伴って、構築、運用、改修などにおけるコスト低減メリットから、パッケージ製品の導入を検討する企業が増加している。しかし一方で、各業界の製造過程は...(2015/12/22 提供:株式会社電通国際情報サービス)

レポート
サイバー攻撃を9つに分類し傾向と対策を解説 「2015年サイバー犯罪コスト調査」
 今回、調査対象となった日本企業32社の、サイバー攻撃による犯罪対策・対応コストの年間平均金額は8億1800万円に達し、この1年では14%増加している。サイバー攻撃の内容としては、組織の知的財産の窃盗、オンライン銀行口座の没収、他人のコンピュータでのウイルスの作...(2015/12/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
業務の気付きやアイデアを、データで裏付けられた説得力のあるビジネス施策に育てるには
 統計学や高度な数学の知識を活用したデータアナリティクスは、中長期の投資計画を組み立てる上で有効な手段といえる。しかしそうした専門家によるデータ活用を進める一方で、多くの経営者やマネジャーは組織全体のデータ活用の底上げも喫緊の課題として考えている。さま...(2015/12/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
スマホアプリをユーザーはどう評価してる? UXの定量評価はできるのか
 モバイルサービスが顧客との関係強化のツールとして一般化し、スマホアプリの品質が、自社のブランド価値に直結するようになってきた。スマホアプリが4秒以内に起動することを期待する人の割合は61%に上るともいわれ、低品質なスマホアプリは、一瞬(モバイルモーメン...(2015/12/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
可用性を高める4つの手法を徹底比較、PCサーバ運用におけるシステム停止時間の削減方法を解説
 企業ICTシステムの重要性は高まり、障害によるダウンタイムは企業経営に大きな影響を及ぼす。システムの高可用性の確保は企業ICT運用の大きな課題の一つだ。 本ホワイトペーパーでは、一般的に広く利用されている高可用システムの比較として、「スタンバイ方式」「HAク...(2015/12/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
企業の“ホンネ”に応えて、プライベートクラウドのメリットを最大化する方法
 プライベートクラウドのメリットは、ハードウェア資産の集約、社内ユーザーへの素早いIT提供、ビジネス部門の要請に対するレスポンス向上にある。しかし、そこまでのレベルに達するには、仮想化をサーバだけでなくネットワークやストレージにまで広げ、セルフサービス化...(2015/12/7 提供:フリービット株式会社)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
多様なビジネス変化に適するハイブリッドクラウド、柔軟性と堅牢性を最大限に引き出す構築方法とは
 企業のIT基盤は、パブリッククラウドの拡張性や柔軟性、プライベートクラウドの可視性や堅牢性が活用できるハイブリッドクラウドにシフトしつつある。一方で、ハイブリッドクラウドの導入には、外部クラウドとシームレスに統合するための技術上の課題や、既存ITの活用...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
最大90%もコストを節約? SharePoint 2013への移行を機に考えたいROIの最大化
 グループワークのコラボレーション用プラットフォームであるSharePointは、ビジネスプロセスの自動化やワークフロー機能など、戦略的な基幹業務ソリューションとしても利用可能なほど、機能的な発展を遂げている。多くの企業で幅広く導入されているビジネスアプリケーシ...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
事例:ハイパーバイザーが原因でサーバのパワーが80%も低減? その対策とは
 ビッグデータの分析サービスを提供するBigstepにとって、重要なのはインフラストラクチャそのものではなく、優れたサービスとカスタマーエクスペリエンスを提供することである。ビッグデータをビジネスに活用する企業では従来、拡張性に優れたパブリッククラウドが活用...(2015/11/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
新たなイノベーションをいち早く開発に、短期でビジネス価値を向上させる方法とは
 クラウドやモバイルを効果的に活用したい。データをもっと経営に生かしたい――。そんなニーズを持つ企業は少なくない。従来、クラウドやモバイルの活用やデータ分析の支援システムを企業に取り入れる場合、膨大なコストが掛かってしまう。しかし、それらの導入コストが...(2015/11/20 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
平均コストは6800万円? 軽視できないダウンタイムコストの実態と対策とは
 企業ITに対するビジネスプロセスの依存度が高まるのに伴い、システム障害が経営に及ぼす影響も大きくなっている。米調査会社ポネモン・インスティテュートの調査では、システム障害インシデント1件当たりの平均コストは、2010年から2013年にかけて20%以上も増加し、そ...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
全25社のマーケティングオートメーション活用事例集、各社は何を改善したのか?
 「自社のマーケティング活動は成功している」と胸を張って言える企業はどれほどあるだろうか? 現在はあらゆる施策が数値化され、データに基づいたアクションでなければ経営層にも説明ができない。そのような中で、マーケティングオートメーション(MA)の有用性が認知...(2015/11/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading