TechTargetジャパン

レポート
売上高2億円を境に変わる経営者の意識、売上高の壁をどう乗り越えたのか?
 中小企業の多くは、売上高2億円の壁に悩まされているといわれる。経営者の努力によって2億円に到達したものの、その上の領域は従来のルーティンでは通用しない。では経営者はどのようにして壁を越えればいいのか。その答えが、中小企業経営者たちの生の声にあった。 彼...(2017/10/31 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/10/31 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
【実録:売上V復活】老舗研磨製品メーカーを救った情報共有の仕組みと意識改革
 シェアの高さやブランド力に依存し、お客さまから呼ばれて訪問するという受け身の営業スタイル、ノウハウや知識は社内に共有されておらず個人の頭の中にしかない、営業以外の部門が顧客を理解していない、部門・拠点間の交流が皆無で横展開がしづらく社内の雰囲気も悪い...(2017/10/30 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
【永久保存版】IoT時代に中小製造業が「コト」づくりで成功するために。
 IoT時代の本格到来に伴い、製造業のビジネスモデルは、旧来の「モノ」を作って単に販売するというものから、「コト」づくり、つまり製品に関連するサービスなどを通じて顧客体験を提供し、その対価を得るというものへと変化しようとしている。 特に中小企業に多く残る...(2017/10/30 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
システム部門の生産性改革――慢性的な人手不足とスキル不足を解消する秘訣
 慢性的な人手不足、事業拡大とともに増加する業務、規格やセキュリティ向上への対応など、システム部門の多くは日々の業務に忙殺され、目標と現実のギャップに悩んでいる。生産性を向上するには、これら根本的な問題を解決する必要がある。 そのためには、経営戦略と情...(2017/10/30 提供:日本電気株式会社)

製品資料
マンガで分かる、業務データ分析にありがちな「3つの難題」解決法
 経営会議で利用される売り上げ報告レポートなど、業務活動においてデータ分析は欠かせないものとなっている。しかし、さまざまなデータをExcelやBIツールを使って分析しようとしても、多くの時間と手間がかかり、迅速にデータ活用をできていない企業も少なくない。デー...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
IoT時代の無線LAN環境 SFのような医療も現実に?
 医療分野のモノのインターネット(IoT)活用は実用段階に入りつつある。モバイル型医療機器の管理や位置確認に利用して機材の運用効率を高めたり、医療従事者が回診で病室に滞在した時間をトラッキングして最適な人材配置の助けにしたりと、病院経営に貢献するような用...(2017/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
 財務担当者に求められる役割といえば、資金の効率的な管理や運転資本の最適化などが思い付く。しかし、企業経営を取り巻く環境が急速に変化する昨今では、外部不正から会社を守ったり規制変更をビジネスに生かしたりと、環境の変化によって生まれるさまざまな課題を克服...(2017/10/19 提供:キリバ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方
 クラウド技術がビジネスに不可欠になったことで、多くのIT部門がクラウド対策の策定やクラウドリスクの低減、ユーザーの教育などに取り組んでいる。しかし、事業部門や経営層には、なかなか興味を示してもらえないのが現状だ。また、マルウェアやアカウント侵害、データ...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

事例
導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった
 グローバルを含む全拠点へのERP展開が完了したことで、収集データをもとに、日々変化する売上・購買・在庫などのトレンドをひと目で把握できるようにしたい、経営層が自在に数字を読めるようにしたい、と考える企業は少なくないでしょう。そこで浮上するのが「BI導入」...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「デジタル化/ペーパーレス化」意識調査で見えた、消費者ニーズと経営層の課題
 オンライン契約やモバイルバンキングなど、取引のデジタル化に対する消費者のニーズは年々高まっている。1000人の一般消費者と、法務、営業、IT部門などに所属する約200人の管理職を対象に行った調査によれば、消費者の83%が契約や商品購入の際にデジタルでの取引を望...(2017/10/4 提供:ドキュサイン・ジャパン株式会社)

事例
ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営
 水処理施設の設計や建設、維持管理など“水”に関わるさまざまなサービスを提供する「水ing(スイング)」。同社は、海外にも子会社を持ち、事業をグローバルに展開しているが、海外子会社ごとに異なる経理システムを採用していたため、経営管理に課題を抱えていた。 ...(2017/10/4 提供:ネットスイート合同会社)

レポート
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは
 SNSやIoTの普及で企業の扱うデータが肥大化している。戦略決定にデータ活用は重要だが、その管理運用コストは増え続けているのに投資に見合った効果が得られていないと考えている経営者も増えている。 現実問題として、ストレージの容量は不足し運用負荷が重い状況にあ...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由
 基幹システムのクラウド化がもたらすメリットは理解しているものの、移行で直面するであろう数多くの課題を考えてためらう企業の経営者は多い。彼らの不安を取り除くために提唱されたキーワードが「リフト&シフト」戦略だ。 リフト&シフトでは、これまでオンプレミス...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
電気設計部門が陥るツール選定の問題点〜製造までつながらなくていいですか〜
 インダストリー4.0、IoT、スマート工場など近年次々と新しい言葉が生まれているが、その基本は「つながる仕組み」だ。もちろん電気設計も製造全体の中でつながることが必須になってきている。 電気設計は何つながる必要があるのか。それは、メカ設計・電気設計・PLCソ...(2017/10/2 提供:EPLAN Software&Services株式会社)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/9/29 提供:Tableau Japan株式会社)

レポート
売りまくる営業組織の作り方
 企業に欠かせない「営業活動」が難しくなっている。ビジネス環境の変化によって1人の営業パーソンが求められる技量やスキルは高度化している。かつてのように1人のハイパフォーマンスな営業パーソンが企業全体の業績を支えるようなことは不可能だ。求められるのは営業組...(2017/9/28 提供:KDDI株式会社)

レポート
経営者にとって「IoT導入」の価値は? 調査で見えた2つの投資回収シナリオ
 近年、大きな話題を集めるIoTだが、その注目度の高さと比べると、ビジネス環境への適用は遅れている。その要因の1つが、IoTの投資対効果(ROI)を可視化することの難しさだ。例えば、工場にIoTを導入し、大量のデータを収集・分析することで、どれだけの収益が見込める...(2017/9/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム
 昨今のスマートフォンの普及によって、Webサービスの開発では、Webサイトだけでなくスマホアプリも含めたあらゆるデバイスへの対応が重要になっている。一方で、多様化するデバイスへの対応は、開発工数やコストの増大といった形で、開発者や経営者の大きな負担となって...(2017/9/25 提供:株式会社ニューロベイス)

プレミアムコンテンツ
「MIPSの終わり」を告げるAppleの通告
 AppleのiPhoneやiPadなどのグラフィックスには長らく、Imagination TechnologiesのIP(Intellectual Property)が利用されてきた。しかし、2017年4月にAppleがImagination Technologiesに対してIPの利用中止を通達すると、経営悪化を懸念したImagination Technologiesは...(2017/9/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoT データが“つながる製品”の ROI を最大化する 3 つの仕組み
製造業を中心とするさまざまな産業分野で、IoT(Internet of Things)を活用した新たな価値創出、ビジネスモデルの変革を目指そうという動きが加速している。しかし、IoT への投資対効果(ROI)は不明瞭であり、貴重な投資を食い尽くす危険性や未知の領域へのチャレンジが伴う...(2017/9/7 提供:Ayla Networks, Inc.)

Webキャスト
モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか
 部門を超えたリアルタイムの情報共有を目指す方法として、スマートフォンの全社展開は理想的だ。しかし、そこではデバイスの管理・運用が課題となる。みそを中心とした食品事業を展開するマルコメは、この課題を解消し、全社的にこれまでにない仕事の仕方を創造するべく...(2017/9/5 提供:KDDI株式会社)

レポート
ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤
 ビジネス環境がめまぐるしいスピードで変化する中、変化に対応しつつ、業務プロセスや経営資源を管理する基幹システムの導入が企業にもたらすメリットは大きい。情報共有を志向したオープンなシステムなら、経営と現場を効率よく結び付け、さまざまな部門・プロセスを統...(2017/8/23 提供:ネットスイート株式会社)

事例
ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは?
 歯科画像医療診断スキャナーの開発・販売を行うプレキシオン。1台約1000万円という高価な機器を商材にしている同社だが、以前はとりたてて業務システムを導入しておらず、手作業が中心というアナログ的な処理に任せていた。 既にグローバル進出も動き始めているが、こ...(2017/8/23 提供:ネットスイート株式会社)

事例
8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット
 ERPでは、企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計などに関する業務活動の情報管理を支援する。これによって、業務の「見える化」を実現し、効率化や業務プロセスの改善、意思決定の迅速化を実現している。しかし、実際の導入では、既存システムを置き換え...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解
 これまで大企業向けというイメージの強かったERPだが、そのハードルは大きく下がり、近年は中堅・中小企業での導入も進んでいる。そのサービスは多様化し、さまざまな形態で提供されているが、それらはコスト、スピード、セキュリティ、グローバル展開の4つの面から評価...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

プレミアムコンテンツ
孫正義が3兆円で買収した「ARM」、その強さの源泉と未来予想図
 2016年夏にソフトバンクが3兆円で買収したARM。「ARMはソフトバンクグループの中核中の中核になる」「シンギュラリティ(技術的特異点)を達成するために必要だった」とまでほれ込まれた企業であり、ARMが扱う「CPUの設計図」である「ARMコア」はスマートフォンに限らず...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
DMG森精機の「CRPプロジェクト」が推進する日独統合
 DMG森精機の前身である森精機製作所は、2009年にドイツのGildemeisterと業務・資本提携を開始して、2013年に社名およびブランドを統一(DMG MORI)、2015年に経営一体化を図って、2016年に完全経営統合を果たした。 この経営統合により、DMG森精機の拠点は世界7カ国(1...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ヤフーの「爆速経営」に追随できるVDI環境構築を可能にしたHCI導入成功の秘策
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって必須業務であるWebサイトの登録審査と登録済みサイトのパトロールでは、マルウェア感染のリスクが非常に高い。実際、この業務に用いるPCのマルウェア感染率は一般業務のPCと比べても高いという。 同社は、この問題を解決する...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Loading