TechTargetジャパン

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
回答のトップは「システム導入」 三菱総合研究所の500社調査が浮かび上がらせたコールセンターの課題
 ますます高度化、多様化するコールセンター業務にあって、システム強化に課題を感じる企業は多い。三菱総合研究所では、コールセンター業務の実態と今後の見通しについて、2015年5月から7月に、全国の上場・非上場企業および公共機関を対象としてアンケート調査を実施...(2015/8/28 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

製品資料
エンジニア3人が解説:事前検証いらず、ITインフラをスピード構築する秘訣とは
 ビジネス環境の変化に柔軟に対応し、ITサービスをスピーディにリリースしていくことは、多くの企業にとって重要な経営課題だ。しかし、インフラ環境の構築は、設計からシステム構成の検証、運用手法の確立など、選定、検証、構築に時間がかかるという課題があった。 本...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
OpenStackなど注目テクノロジーにも対応、統合アプライアンスの導入メリット
 多くの企業にとって、ビジネスのスピード化は重要な経営課題の1つだ。ITサービスを支えるインフラ構築は、高い品質の維持と、早期のサービス提供、迅速なビジネス展開の両立が求められる。 本Webキャストは、「FlexPod クラウドアプライアンス」の解説動画である。Flex...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
ゼロデイ攻撃からWebアプリケーションを守るために、セキュリティ対策としてすべきこと
 企業が保有する情報資産を標的にしたサイバー攻撃への対策は、大きな経営課題である。IPAによる情報セキュリティの脅威ランキングでは「Webアプリケーションの脆弱性」に関連するものが上位を占めている。SQLインジェクション、bashなどミドルウェアの脆弱性をついた攻...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

レポート
フィナンシャルマルウェアとは? サイバー犯罪者の戦術と不正な銀行取引を解明
 フィナンシャルマルウェア、それは不正な銀行取引(トランザクション)を可能にする悪意あるソフトウェア。それが今、世界中の経営幹部、リテールバンキングやコマーシャルバンキングの頭取、グローバルコンプライアンスオペレーションのリーダー、リスク管理責任者にと...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
エンジニアが「技術を見極めるための目」を鍛えるには?
 「@trigence」のつぶやきを出発点に、企業経営のあれこれや、エレクトロニクス業界に思うこと、若い技術者へのメッセージを連載する「EETweets」。 今回のテーマは「技術を見極める目を鍛えるには?」です。 会社や組織の技術開発を方向づける先導の役割を担うことは...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう時間がない! マイナンバー対応準備のポイントとは?
 マイナンバー制度への対応は、企業の人事担当者だけでなく、総務、情シス、経理、経営企画など多くの部門にまたがる。そこで「導入準備」「制度対応」「マイナンバーを活用した新ビジネス展開の可能性」の3フェーズに分けて、どのようにマイナンバー制度に対応すべきか...(2015/8/12 提供:日本電気株式会社)

その他
いまどきのエンジニアはどう育てればいい?
 「ゆとり教育」を受けてきた、いわゆる“ゆとり世代”が社会人となり、数年が経つ。彼らを指導する側である部課長や先輩社員の多くが、「若手とコミュニケーションが取れない」と感じているようだ。 ベテランエンジニアと若手エンジニアの間には、コミュニケーションの...(2015/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
バックアップ基盤に存在するDB管理者とインフラ管理者のギャップを無くせ
 SAP、Oracle、Windows Serverなどを有するシステム環境では、各アプリケーション担当者がそれぞれの持ち場でデータのバックアップを実施しているケースが多い。そしてインフラ担当者は全体の安定稼働を保つため、定期的にシステム全体のバックアップを行っており、結果...(2015/8/7 提供:ノックス株式会社)

事例
塩野義製薬が「実際原価」の把握で競争力を向上、製造業におけるコストコントロール強化の威力
 高いコストコントロール能力が、なぜ製造業における競争力の源泉になるのか? それは、製造現場での改善活動の実効性が向上するからである。正確なコスト情報が把握されることで、現場でのさまざまな改善策の効果を着実につかむことができ、データを活用したムダのない...(2015/7/30 提供:株式会社電通国際情報サービス)

技術文書
日本企業に必要なのは、“やっぱり”日本のモノづくりを熟知した生産管理システム
 海外、国内各所に新拠点を設立するに当たって、新たな生産管理システムを導入することになった某社。そこで社内の各部署から要望を聞いてみたが、それぞれ譲れない事情があり、なかなか方向が定まらない。どのような観点で生産管理システムを選ぶべきか――。 本コンテ...(2015/7/30 提供:株式会社電通国際情報サービス)

製品資料
サービス事業へのシフトが進むIT企業、経営安定化に必要な施策とは?
 ユーザーのクラウド活用が進展する中、多くのIT企業がサービス事業へのシフトを迫られている。ソフトウェア製品でも新たな販売形態としてサブスクリプションモデルが登場し、一定期間のライセンス費用やサポート費用を含む月額/年額の有期契約として販売されるようにな...(2015/7/28 提供:サービスソース・インターナショナル・ジャパン合同会社)

製品資料
電子請求書プラットフォームにおける「発行側」と「受取側」それぞれのメリットとは?
 請求書を発行する側、受け取る側の双方が利用することで、大幅なコスト削減を実現する「BtoB電子請求書プラットフォーム」が注目されている。メリットの大きい仕組みを無料で利用開始でき、急速に利用企業が増えてきているからだ。請求処理業務の電子化は、作業時間の短...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

製品資料
約80%のコスト削減を実現する「電子請求書プラットフォーム」の実力とは?
 電子請求書プラットフォームは、請求書を発行する側と受け取る側の双方で利用することにより、大幅なコスト削減を実現できる。処理スピードが迅速化されることで作業の時短化が進み、生産性が向上するだけでなく、決算の早期化も実現し、正確な経営状況の把握も可能にな...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

レポート
セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?
 企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデ...(2015/7/21 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

Webキャスト
ホテルエピナール那須の営業成約率アップを実現 SFAの導入優位性とは何か?
 営業担当者間の情報共有や案件管理の可視化による営業効率向上、売り上げ拡大や人材育成が課題という企業経営者や営業責任者は多いことだろう。 本Webキャストは、札幌から沖縄まで12のホテルを運営するナクア ホテル&リゾーツ マネジメントにおける、営業支援(SFA)...(2015/7/15 提供:ソフトブレーン株式会社)

レポート
11カ国350社の調査で判明した情報漏えいの平均総コスト、その中身と対策
 情報漏えい事件が起きることは、企業の経営陣にとって想像もしたくないことだろう。しかし情報漏えい時に発生するコストを冷静に試算しておくことは、セキュリティ対策上、必要不可欠である。想定額が把握できなければ、サイバー攻撃被害の保険契約もできず、自社にとっ...(2015/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5分で分かる「IoT」の基本、経営者も熱い視線を送るビジネス利用の将来性
 インターネットに接続する情報端末、電化製品、機械は増加の一途をたどっている。あらゆるものがインターネットにつながった「IoT」(モノのインターネット)の世界が現実となりつつある。 そうした中で、IoTがどのようなものかを理解し、その利用ケースや企業における...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

Webキャスト
富士フイルムも実践、柔軟なインフラ環境はハイブリッドクラウドでこう作る
 市場変化に対応しスピーディにビジネスを展開することが大きな経営課題となっており、ITインフラもそれに対応した環境構築が不可欠だ。特に、従来のオンプレミス環境とクラウド環境を融合させる「ハイブリッドクラウド」の運用ノウハウが、今後ますます求められる。 本...(2015/7/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
もっと売れる専門店へ、「急成長企業」がMDパッケージを導入すべき3つの理由
 競争が激化する環境下で継続的に収益を確保するためは、顧客に新たな価値を創出するための情報の有効活用がカギを握る。特に、急成長している専門店では、店舗、取扱商品の増加により、店舗ごとに最適な商品在庫が維持できない、販売実績の膨大なデータを、有効活用でき...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
多商品・多店舗展開の「成長企業」が抱える3つの課題と対策
 小売専門店を運営する経営者は、企業の成長に伴い商品数や店舗が増加することで、「発注や在庫管理等の負荷増大」「最適な品ぞろえ・商品販売計画を行う分析機能不足」「接客を行う販売員への支援機能不足」といった問題に直面するのではないだろうか。 本資料は、専門...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
顧客の契約更新率を40%以上改善、ITベンダー・クラウド事業者が売り上げ達成するための5つのポイント
 ITベンダーやSaaS事業者にとって、サーバやソフトウェアの保守サービス、SaaS料金など年間・月間利用契約による売り上げは重要な収益源である。安定した売り上げの達成には、既存顧客との保守サービスやSaaSの契約継続が欠かせない。逆に、契約更新せず途中解約する顧客...(2015/6/24 提供:サービスソース・インターナショナル・ジャパン合同会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

事例
契約書・写真添付メールの消失を解決、JUST Officeを採用した理由
 メールの保存容量の制限によるトラブルから、社内PC150台のメールソフトの入れ替えと、業務効率向上のためにPDF編集ソフトの導入を検討していた九州リースサービス。Microsoft Office 2007のライセンスを有していた同社は、当初、ジャストシステムの「Shuriken」と「JUS...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Microsoft Office互換ソフトの導入、コスト以外の決め手は何か?
 OSやOfficeソフトのサポート終了に伴う端末入れ替えや、ソフトのアップグレードに直面する経営者やIT担当者も多いことだろう。アップグレードによるITコストの増加や、ソフトのインタフェースや機能の習熟に掛かる負担増といった課題から、Microsoft Office互換ソフトの...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
日本の製造業は「アナリティクス」の活用ができていない?ビッグデータ活用のいま
 いま製造業では、センサー技術の発展にともない、工場内の生産機器や測定機器、製造ラインのロボットなど、多岐に渡る測定ポイントから日々生み出されるメンテナンスログ、パフォーマンスログ、モニタリング・データなどが大量に収集されている。 しかし、これらのビッ...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
仮想化率91%、工場のスマート化を実現した富士電機三重工場の取り組み
 国内トップクラスのシェアを誇る自動販売機、オープンショーケースや可搬型保冷庫など食品流通事業を担う富士電機の三重工場。ここは同社の中核的な生産拠点であり、また最新鋭の生産ラインを擁する工場として、かねてよりシステムの仮想化対応を進めてきた。その結果...(2015/6/9 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading