TechTargetジャパン

Webキャスト
美魔女が斬る、よくある5つの「バックアップ失敗事件」と「解決策」
 ITサービスのスピード化に応えるため、増大するシステムやデータを俊敏に、効率よくバックアップ、リカバリすることは、企業の大きな経営課題の1つだ。しかし、実際に「使える」バックアップ、リカバリ環境になっているかというと、コスト、運用面から多くの課題がある...(2017/1/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

事例
神戸製鋼所 業務部門が使えるBIツール導入、生産管理データのタイムリーな分析を実現
日本を代表する大手鉄鋼メーカーである神戸製鋼所では、2010年、グループ全体の中長期経営ビジョン「KOBELCO Vision G」を策定。これまでも、既存の枠組みにとらわれない攻めの経営姿勢により、鉄鋼、溶接、アルミなどの主力事業だけではなく、機械系事業、電力卸供給、不...(2016/12/22 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
製造業向けエグゼクティブ セミナー レポート IoT時代のサービス改革 〜顧客満足度向上と収益拡大に向けて〜
PTC ジャパンは製造業におけるサービス変革、顧客満足度に関心のある役員、経営者層の方々を対象に『製造業向けエグゼクティブ セミナー IoT 時代におけるサービスの変革』を開催した。本セミナーでは、すでにサービス事業の変革に積極的に取り組んでいる国内外の先進的な...(2016/12/22 提供:PTC ジャパン株式会社)

レポート
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
 医療機関におけるIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用システムとして既に地位を確立しつつあるが、患者や医療スタッフの位置情報把握、さらには生体情報の遠隔モニタリングといった分野にも広がりを見せ、患者満足度の向上につながっている。また医療業界でのロ...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
8カ国調査で分かった「深刻なセキュリティ人材不足」 打開策を4つの側面で考える
 サイバー攻撃が多発する現在、世界規模で深刻なセキュリティ人材不足が叫ばれている。50年にわたって活動する非営利団体、戦略国際問題研究所の調査によると、調査対象とした8カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、日本、メキシコ、英国、米国)がスキ...(2016/12/7 提供:Intel Security)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2016/12/7 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用
 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。 その...(2016/12/7 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
400台のWindows PCを総移行、川口信用金庫が解決したセキュリティと運用のリスク
 シンクライアントとは逆の、端末機ごとに多様なアプリケーションをインストールし、さまざまなデータが格納されているファットクライアント環境では、ユーザーごとに情報漏えいを防ぐルールを順守してもらう必要がある。端末自体の使用ルールに加え、USBメモリなどの外...(2016/11/18 提供:パラレルス株式会社)

事例
3カ月でプロジェクトを可視化、ゴルフダイジェスト・オンラインに学ぶツール活用
 ゴルフダイジェスト・オンラインでは、部門ごと、担当者ごとに異なるツールやフォームが使用されていて、プロジェクトの見える化ができていない状態だった。そのため、プロジェクトの状況を知るには、関係者全員に進捗を問い合わせたり、報告のために集計や分析を行った...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

事例
プロジェクト管理も脱Excel化、リソース管理を最適化するツールの7つの利点
 プロジェクトの進捗、リソースの割り当て率などの管理では、Excelを利用している企業が少なくない。この場合、作成、管理、更新にかかるコストが高く、リアルタイムに可視化することも容易ではなく、どうすれば確実に目的を達成できるかが課題だった。 こうした課題に...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
財務会計と調達業務を最適化、クラウドERPが経営戦略を変える仕組み
 現代の会計部門は、単なる財務処理だけでなく経営会議での戦略的アドバイザーとしての役割も果たすようになっている。さらに先進企業の会計部門は、ソーシャル、モバイル、高度な分析など、新しいテクノロジーを利用して、企業により大きな価値をもたらしている。 しか...(2016/10/26 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
グループ経営の経理業務を効率化、サーバ管理不要のクラウド型財務会計
 会計業務をクラウドに移行することには、コスト低減に加え、複数人で同時に作業や共有を行える、さまざまなデバイスから作業できるといったメリットがあり、中堅・中小企業や会計事務所でも導入が進んでいる。 その製品選びでは、自社のニーズに合った機能が備わってい...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
「未知の攻撃」の検知能力をさらに強化、ソニー銀行の標的型攻撃対策とは?
 個人向けに特化したインターネット銀行であるソニー銀行は、ITを駆使した高度な金融サービスで知られる。同行はセキュリティ対策にも力を入れており、「問題発生前に手を打つ」「本当に効果のある堅実な対策を採用する」という2つの基本方針から、対策の強化を続けてい...(2016/10/14 提供:株式会社FFRI)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了
 飲食店情報サービスのぐるなびでは、月間8億9000万PVというWebサイトのアクセスログから読み取れるユーザーの閲覧状況や、基幹系データなどと組み合わせた分析結果をコンテンツ担当者や営業推進担当者へタイムリーに提供し、事業の競争力向上を図っている。 それを支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

事例
富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?
 2014年に設立60周年を迎えた富士薬品。国内シェアトップの配置薬事業をはじめ、ドラッグストア事業と調剤薬局事業など複合型医薬品企業として躍進を続けている。その舞台裏では、商品マスターをはじめ、販売、受発注、在庫管理などの基幹業務に関わるデータベースが支え...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
明治43年創業、広島の総合ハウスメーカーが実現した「顧客・案件情報の一元化」
 広島の老舗総合ハウスメーカー、ヤマネホールディングスは、クラウド型のCRMを導入し、既存の業務システムへの影響を最小化させつつ、新規施工、メンテナンス、リフォームを担当する4つのグループ企業の情報連携を素早く実現させた。 これにより顧客情報や案件情報が一...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用基盤をクラウドで 「Data Warehouse-as-a-Service」とは?
 ビッグデータ活用基盤の構築・運用は大きな経営課題の一つだ。企業が保有するさまざまなセンサーデータや購買、Web閲覧、アプリケーションログなどのデータを迅速に分析し、次のビジネスに生かしていくことが企業の競争力の源泉となる。 しかし、自社でデータウェアハ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かったが、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用するケー...(2016/9/26 提供:株式会社Donuts)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading