TechTargetジャパン

製品資料
サービス事業へのシフトが進むIT企業、経営安定化に必要な施策とは?
 ユーザーのクラウド活用が進展する中、多くのIT企業がサービス事業へのシフトを迫られている。ソフトウェア製品でも新たな販売形態としてサブスクリプションモデルが登場し、一定期間のライセンス費用やサポート費用を含む月額/年額の有期契約として販売されるようにな...(2015/7/28 提供:サービスソース・インターナショナル・ジャパン合同会社)

製品資料
電子請求書プラットフォームにおける「発行側」と「受取側」それぞれのメリットとは?
 請求書を発行する側、受け取る側の双方が利用することで、大幅なコスト削減を実現する「BtoB電子請求書プラットフォーム」が注目されている。メリットの大きい仕組みを無料で利用開始でき、急速に利用企業が増えてきているからだ。請求処理業務の電子化は、作業時間の短...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

製品資料
約80%のコスト削減を実現する「電子請求書プラットフォーム」の実力とは?
 電子請求書プラットフォームは、請求書を発行する側と受け取る側の双方で利用することにより、大幅なコスト削減を実現できる。処理スピードが迅速化されることで作業の時短化が進み、生産性が向上するだけでなく、決算の早期化も実現し、正確な経営状況の把握も可能にな...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

レポート
セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?
 企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデ...(2015/7/21 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

Webキャスト
ホテルエピナール那須の営業成約率アップを実現 SFAの導入優位性とは何か?
 営業担当者間の情報共有や案件管理の可視化による営業効率向上、売り上げ拡大や人材育成が課題という企業経営者や営業責任者は多いことだろう。 本Webキャストは、札幌から沖縄まで12のホテルを運営するナクア ホテル&リゾーツ マネジメントにおける、営業支援(SFA)...(2015/7/15 提供:ソフトブレーン株式会社)

レポート
11カ国350社の調査で判明した情報漏えいの平均総コスト、その中身と対策
 情報漏えい事件が起きることは、企業の経営陣にとって想像もしたくないことだろう。しかし情報漏えい時に発生するコストを冷静に試算しておくことは、セキュリティ対策上、必要不可欠である。想定額が把握できなければ、サイバー攻撃被害の保険契約もできず、自社にとっ...(2015/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5分で分かる「IoT」の基本、経営者も熱い視線を送るビジネス利用の将来性
 インターネットに接続する情報端末、電化製品、機械は増加の一途をたどっている。あらゆるものがインターネットにつながった「IoT」(モノのインターネット)の世界が現実となりつつある。 そうした中で、IoTがどのようなものかを理解し、その利用ケースや企業における...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

Webキャスト
オンプレミス? プライベート? パブリック? 市場変化に即応するITインフラをどう整備するか? その現実解とは
 市場変化に対応しスピーディにビジネスを展開することが大きな経営課題となっており、ITインフラも「改善・拡大・縮小・廃棄」といった対応が不可欠だ。その中で、従来のオンプレミス環境とクラウド環境をうまく融合させる「ハイブリッドクラウド」の運用ノウハウが、今...(2015/7/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
もっと売れる専門店へ、「急成長企業」がMDパッケージを導入すべき3つの理由
 競争が激化する環境下で継続的に収益を確保するためは、顧客に新たな価値を創出するための情報の有効活用がカギを握る。特に、急成長している専門店では、店舗、取扱商品の増加により、店舗ごとに最適な商品在庫が維持できない、販売実績の膨大なデータを、有効活用でき...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
多商品・多店舗展開の「成長企業」が抱える3つの課題と対策
 小売専門店を運営する経営者は、企業の成長に伴い商品数や店舗が増加することで、「発注や在庫管理等の負荷増大」「最適な品ぞろえ・商品販売計画を行う分析機能不足」「接客を行う販売員への支援機能不足」といった問題に直面するのではないだろうか。 本資料は、専門...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
顧客の契約更新率を40%以上改善、ITベンダー・クラウド事業者が売り上げ達成するための5つのポイント
 ITベンダーやSaaS事業者にとって、サーバやソフトウェアの保守サービス、SaaS料金など年間・月間利用契約による売り上げは重要な収益源である。安定した売り上げの達成には、既存顧客との保守サービスやSaaSの契約継続が欠かせない。逆に、契約更新せず途中解約する顧客...(2015/6/24 提供:サービスソース・インターナショナル・ジャパン合同会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

事例
契約書・写真添付メールの消失を解決、JUST Officeを採用した理由
 メールの保存容量の制限によるトラブルから、社内PC150台のメールソフトの入れ替えと、業務効率向上のためにPDF編集ソフトの導入を検討していた九州リースサービス。Microsoft Office 2007のライセンスを有していた同社は、当初、ジャストシステムの「Shuriken」と「JUS...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Microsoft Office互換ソフトの導入、コスト以外の決め手は何か?
 OSやOfficeソフトのサポート終了に伴う端末入れ替えや、ソフトのアップグレードに直面する経営者やIT担当者も多いことだろう。アップグレードによるITコストの増加や、ソフトのインタフェースや機能の習熟に掛かる負担増といった課題から、Microsoft Office互換ソフトの...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
日本の製造業は「アナリティクス」の活用ができていない?ビッグデータ活用のいま
 いま製造業では、センサー技術の発展にともない、工場内の生産機器や測定機器、製造ラインのロボットなど、多岐に渡る測定ポイントから日々生み出されるメンテナンスログ、パフォーマンスログ、モニタリング・データなどが大量に収集されている。 しかし、これらのビッ...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
仮想化率91%、工場のスマート化を実現した富士電機三重工場の取り組み
 国内トップクラスのシェアを誇る自動販売機、オープンショーケースや可搬型保冷庫など食品流通事業を担う富士電機の三重工場。ここは同社の中核的な生産拠点であり、また最新鋭の生産ラインを擁する工場として、かねてよりシステムの仮想化対応を進めてきた。その結果...(2015/6/9 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
【後編】経済研究所の研究員による日本のモノづくり事情レポート
 経済研究所の研究員が、さまざまな切り口で加工技術や現場事情を分かりやすくレポートするシリーズ。よりよい設計をしていくために、加工事情について知識の幅を広げていこう。 本資料には以下の内容が掲載されています。・(4)キカイの世界の営業力金型企業に営業は...(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
事例:受注件数が前年比360%、強い営業組織を作る「成果支援型SFA」の導入メリット
 情報共有による事業部間の連携やコミュニケーション活性化による営業効率の向上など、営業力強化に頭を悩ませる企業経営者や営業マネジャーは多いだろう。 本動画は、法人向け福利厚生代行サービスを手掛けるベネフィット・ワンが、営業組織の拡大に際してSFAツールを...(2015/6/2 提供:ソフトブレーン株式会社)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例
 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインス...(2015/5/26 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

Webキャスト
大企業6社に5社がサイバー攻撃の標的に、シマンテック『インターネットセキュリティ脅威レポート』
 2014年は、個人や企業を問わず大規模なサイバー攻撃が行われた年だったといえる。企業が保有する情報が漏えいすることで金銭的被害や企業活動に深刻な影響を及ぼす二次被害が発生する事例が多発した。大企業の6社に5社がサイバー攻撃の標的となり、大企業を狙ったサイバ...(2015/5/18 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
マイナンバー制度のポイント、「特定個人情報ファイル」は業務視点でのアクセス制御
 2016年1月よりマイナンバー制度が本格的に運用開始の予定である。従業員やその家族のマイナンバーを含む「特定個人情報」ファイルの安全性をいかに保つかが、マイナンバー制度の運用に際して企業に求められる課題だ。 そこで重要となるのが、「ロール(業務)」視点に...(2015/5/13 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
モバイル活用の推進は経営層のテーマ、包括的モバイル戦略の策定はCIOだけの課題ではない
 モバイルが今後の企業の成長エンジンとなることは間違いない。それはかつてインターネットが登場してきた時代と似ている。しかし重要性については十分に認識していながら、包括的なモバイル戦略を資金面も含めてしっかりと策定している企業は意外に少ない。 ここでの“...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例に見る:機密情報を扱う医業コンサル会社がセキュリティ強化と利便性向上を両立できた背景を考察!
 医業経営のトータルサポートや調剤薬局の運営などを手掛ける総合メディカル。同社は、医療機関の経営情報や医師、患者の個人情報などの機密性の高いデータのセキュリティ向上や、万が一の事業継続性を可能にする一元的な情報管理の体制として、自社のクライアントPCのシ...(2015/4/27 提供:デル株式会社)

事例
事例に見る:短大から中学まで全学シンクライアント環境導入で一元管理を実現
 東京経営短期大学、村田女子高等学校、村田女子中学校を運営し、創立100年以上の歴史を持つ学校法人村田学園。同学園は、早期から先進的なIT施策に取り組んでおり、さらなる学内コンピュータ環境の利便性向上や、運用管理に掛かるコスト削減、教育カリキュラムの変更な...(2015/4/27 提供:デル株式会社)

事例
85万構成アイテムの管理を2人で実装、インストール不要のITSMシステム導入事例
 企業におけるIT活用は、システムを構築すれば終わりではなく、その後の運用が大きなウェイトを占める。IT運用には大きなコストを要する一方、運用業務の自動化や相互連携がなされていないため、業務効率化や適切なIT運用コスト算出のための根拠が可視化できないという課...(2015/4/23 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
世界のITリーダー1000人に調査、73%が「ハイブリッドクラウドで競争優位に立てる」
 世界のITリーダーの7割が「ハイブリッドクラウド」を重点分野と考え、競争優位に立つための戦略だと考えているが、まだ有効活用には至っていない――本資料は、アバナードが、世界21カ国の企業経営者やIT部門のリーダー1000人に対して行ったハイブリッドクラウドに関す...(2015/4/21 提供:アバナード株式会社)

レポート
信頼できるクラウドサービスだけが持つ「5つの価値」とは?
 より柔軟な設備投資を可能にし、経済性向上や経営のスピードアップを実現するIT基盤として注目されるクラウドサービス。8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討する一方、約4割の企業が情報漏えいなどセキュリティの不安をクラウド利用の障壁として挙げている...(2015/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading