TechTargetジャパン

Webキャスト
大企業6社に5社がサイバー攻撃の標的に、シマンテック『インターネットセキュリティ脅威レポート』
 2014年は、個人や企業を問わず大規模なサイバー攻撃が行われた年だったといえる。企業が保有する情報が漏えいすることで金銭的被害や企業活動に深刻な影響を及ぼす二次被害が発生する事例が多発した。大企業の6社に5社がサイバー攻撃の標的となり、大企業を狙ったサイバ...(2015/5/18 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
マイナンバー制度のポイント、「特定個人情報ファイル」は業務視点でのアクセス制御
 2016年1月よりマイナンバー制度が本格的に運用開始の予定である。従業員やその家族のマイナンバーを含む「特定個人情報」ファイルの安全性をいかに保つかが、マイナンバー制度の運用に際して企業に求められる課題だ。 そこで重要となるのが、「ロール(業務)」視点に...(2015/5/13 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
モバイル活用の推進は経営層のテーマ、包括的モバイル戦略の策定はCIOだけの課題ではない
 モバイルが今後の企業の成長エンジンとなることは間違いない。それはかつてインターネットが登場してきた時代と似ている。しかし重要性については十分に認識していながら、包括的なモバイル戦略を資金面も含めてしっかりと策定している企業は意外に少ない。 ここでの“...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例に見る:機密情報を扱う医業コンサル会社がセキュリティ強化と利便性向上を両立できた背景を考察!
 医業経営のトータルサポートや調剤薬局の運営などを手掛ける総合メディカル。同社は、医療機関の経営情報や医師、患者の個人情報などの機密性の高いデータのセキュリティ向上や、万が一の事業継続性を可能にする一元的な情報管理の体制として、自社のクライアントPCのシ...(2015/4/27 提供:デル株式会社)

事例
事例に見る:短大から中学まで全学シンクライアント環境導入で一元管理を実現
 東京経営短期大学、村田女子高等学校、村田女子中学校を運営し、創立100年以上の歴史を持つ学校法人村田学園。同学園は、早期から先進的なIT施策に取り組んでおり、さらなる学内コンピュータ環境の利便性向上や、運用管理に掛かるコスト削減、教育カリキュラムの変更な...(2015/4/27 提供:デル株式会社)

事例
85万構成アイテムの管理を2人で実装、インストール不要のITSMシステム導入事例
 企業におけるIT活用は、システムを構築すれば終わりではなく、その後の運用が大きなウェイトを占める。IT運用には大きなコストを要する一方、運用業務の自動化や相互連携がなされていないため、業務効率化や適切なIT運用コスト算出のための根拠が可視化できないという課...(2015/4/23 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
世界のITリーダー1000人に調査、73%が「ハイブリッドクラウドで競争優位に立てる」
 世界のITリーダーの7割が「ハイブリッドクラウド」を重点分野と考え、競争優位に立つための戦略だと考えているが、まだ有効活用には至っていない――本資料は、アバナードが、世界21カ国の企業経営者やIT部門のリーダー1000人に対して行ったハイブリッドクラウドに関す...(2015/4/21 提供:アバナード株式会社)

レポート
信頼できるクラウドサービスだけが持つ「5つの価値」とは?
 より柔軟な設備投資を可能にし、経済性向上や経営のスピードアップを実現するIT基盤として注目されるクラウドサービス。8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討する一方、約4割の企業が情報漏えいなどセキュリティの不安をクラウド利用の障壁として挙げている...(2015/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
消える会社、生き残る会社を分けるセキュリティ戦略
 大規模情報漏えい事件の記者会見の場で、深々と頭を下げる経営陣。株価は急落し、企業への信頼感は失墜。顧客は既存の取引や契約の解除へ動き、経営の屋台骨が揺らぐほどの機器に直面する――。 今やセキュリティは、重要な経営課題の1つとなった。対策や初期対応を誤...(2015/4/13 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
BPMの教科書──基本からソーシャル機能を取り込んだ最新手法まで
 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)は、古くて新しい経営改善の手法だ。以前から企業は業務プロセス、つまり仕事の手順の改善に取り組んできた。しかし組織が巨大化し、ビジネスの多様化が進み、財務会計のルールが複雑化するにつれ、業務プロセスの改善はプロジェク...(2015/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「何が必要で、何を使えばよいのか」最適なフラッシュストレージ選定の鍵となるのは?
 フラッシュストレージを企業向けストレージとして導入する動きが進んでいる。米IT専門調査会社ESGの調査によると、企業のITプロフェッショナルの72%が、フラッシュテクノロジーを「使用中」「12カ月以内に導入予定」または「鋭意評価中」と回答している。 一方で、経...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
日本人の知らない第3のERP「Workday」の正体とは
 多くの製品が競い合い、機能の差が小さくなってきたといわれるERP製品。だが、革新は確実に起きている。特に注目されているのがクラウド、モバイル、分析など最新技術への対応だ。 従来のERPはオンプレミスが中心。発生した業務を記録することのみが求められ、経営の意...(2015/3/23 提供:ワークデイ株式会社)

事例
日新製鋼がPC4700台をシンクライアント化した理由
 薄板部門に特化した銑鋼一貫メーカーとして、着実に成長を続ける日新製鋼。同社は、事業継続性やセキュリティの強化、経営スピードへの迅速な対応などを目的に、業務システムを仮想化し、社員の業務用PC約4700台のシンクライアント化を決めた。 導入に当たり同社は、ク...(2015/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のグローバルERP導入、限られたリソースで成功へと導くための要件
 多くのグローバル企業が、めまぐるしく変化するビジネス環境に対応し、競争優位性を確保するため経営情報を可視化するための基幹システム統合に取り組んでいる。しかし、海外拠点へのERP導入には、比較的売り上げ規模の小さい中堅・中小拠点に対し、本社の大型ERPを導入...(2015/3/13 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
調査結果が示すメーカーが大きな成功を収める共通点とは?
 エレクトロニクスとソフトウェアを機械製品に組み込むまでの道のりは非常に長く、リスクも多い。機械設計と電気設計、ソフトウェアの各設計者との折衝に対する苦労や納期との戦いはどのメーカーでも経験があるのではないだろうか。 しかし、一部のメーカーは経営を維持...(2015/3/10 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

事例
「次はこうしよう!」を示す “一段飛ばし”で進化するビッグデータ分析の最新事例を見る
 企業経営で一般的になりつつある「データに基づく意思決定」。しかし最新のビッグデータ分析の世界ではさらにその意思決定が進化し、「次にとるべき最善の行動」までもが示されようとしている。従来は分析結果を見て人間が次の行動を考えていたが、この“処方的アナリテ...(2015/3/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
年間2000万円の経費削減に成功した流通業のコミュニケーション改善策とは?
 近年、高齢化や単身世帯の増加で、店舗規模は小型化し「狭く・小さく・きめ細かく」稼ぐ力を競う時代になりつつある。店舗が小型化すると1店舗当たりの売り上げは下がるため、多店舗化して売り上げを確保する必要がある。だが、多店舗展開には運営コストや仕入れ・物流...(2015/2/18 提供:株式会社リコー)

レポート
CEOのための「企業が目指すべきセキュリティ5つの指針」
 有名企業を狙ったサイバー犯罪は増加の一途をたどっている。サイバー犯罪は「低リスクでうまみが大きい」といわれ、大量の重要データと顧客情報が盗まれ、企業に多大な影響を与えている。サイバー犯罪による年間損害額は全体で4000億ドルを超えるというデータもあり、こ...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
セキュリティ人材不足を認識する企業は3年連続8割以上──3000社への実態調査結果
 2014年度に重視したセキュリティ対策は、「スマートデバイス利用上の対策、ルール整備」が40%とトップで、2013年度の3位から上昇。セキュリティ関連投資意欲は過去3年で最大だが、人材不足はより深刻に――本コンテンツは、NRIセキュアテクノロジーズが実施した「企業...(2015/2/4 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

製品資料
分析用データベースシステムに必須の3要素とは?
 ビッグデータ活用を支える分析用データベースシステムだが、幾つか課題を抱えている。エンドユーザーは検索レスポンスの遅さやデータ処理の遅さに不満を持つ。運用管理者の悩みはデータ量の増加によるバッチ処理時間の長さやチューニング工数の増大であり、また、経営者...(2015/2/2 提供:日本電気株式会社)

製品資料
会計・人事給与システムで一歩先を行く経営を実現するための4つのキーワード
 多くの会計・人事給与システムがリリースされているが、どれも似たり寄ったり、といった印象を持っていないだろうか。目まぐるしく変化するIT環境や世界経済に対応するためには「クラウド」「グローバル」「IFRS基準」「グループ経営」といったキーワードに着目して選び...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

レポート
報告書作成を「人海戦術」にしない「レポーティングガバナンス」とは
 リーマンショックを契機に、金融機関ではレギュレーション対応の観点からデータガバナンスの有用性は認識されつつある。だが、データは報告という形になって初めて価値を持つ。そのために、データを集約し報告書にまとめる作業が必要だが、報告書作成作業が人海戦術にな...(2015/1/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
経費精算業務のコストを年間500万円削減する方法
 近年、経営者が経営課題として挙げるのは、売り上げやシェア拡大、グローバル化だけではなく「収益性向上」や「財務体質強化」「高コスト体質改善」だ。これは「規模を追求する経営」から、景気動向に左右されず、安定した収益を確保する「筋肉質な経営」を目指す経営者...(2015/1/26 提供:株式会社ラクス)

事例
富士薬品に聞く高速DB構築手法、1200店舗の会計処理はどれだけ高速化した?
 2014年に設立60周年を迎えた富士薬品。国内シェアトップの配置薬事業をはじめ、ドラッグストア事業と調剤薬局事業など複合型医薬品企業として躍進を続けている。その舞台裏では、商品マスターをはじめ、販売、受発注、在庫管理などの基幹業務に関わるデータベースが支え...(2015/1/21 提供:日本電気株式会社)

事例
競争力を高めて”勝てる”ものづくりを目指す!設計開発プロセスを改革した6社の事例
 製造業の設計開発部門では高品質の製品を開発するだけでなく、予算を抑え同時に「より革新的な製品」を「より迅速に提供する」ことが求められている。経営・設計開発・営業・製造それぞれが抱える課題を解決し顧客の要求を実現するには、単なる設計ツールではなく設計開...(2015/1/13 提供:株式会社大塚商会)

Webキャスト
クラウド活用で営業データを価値に変える分析力を身に付ける
 Microsoft Cloud活用で、営業情報をリアルタイムに統合し、より的確なアクションをとることが可能になる。本コンテンツでは、営業マネジャーが、社内に点在するデータを統合し、スタッフの営業効率の改善や、経営層への報告業務の効率化を図るまでを動画で紹介する。ま...(2015/1/9 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
レオパレス21がスマホの地図情報とCRMの連動で実現したこととは?
 3万5000棟、55万部屋の賃貸物件を管理するレオパレス21。同社では、リーマンショック以降、入居率向上に注力する方針を固め、モバイルツールを活用した「営業活動の効率化」への取り組みを検討。スマートフォンで位置情報と地図情報を連動させ、リアルタイムな営業活動...(2015/1/6 提供:株式会社オークニー)

レポート
【決定版】情シスのための、クラウドに関する行動指針
 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現...(2014/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
中堅・中小企業の「会社存続のための事業承継戦略」とは?
 会社が永続性を前提とした組織である以上、事業承継は考えるべき課題であり、戦略を立てて取り組む必要がある。下記の項目に1つでも当てはまる項目があるなら、事業継継について考えておかねばならない。・ 現経営者が10年以内にリタイアをする可能性がある。あるいは健...(2014/12/18 提供:ネットスイート株式会社)

事例
西日本鉄道がSAPデータの抽出時間を半日から60分に短縮した高速分析環境
 福岡県を拠点に鉄道、バスなどの運輸業、不動産、流通など幅広い事業を展開している西日本鉄道。80社1学校法人からなるグループを形成する同社では、グループ経営の高度化や業務改善のため、経理システムにSAP ERPを導入するなど、積極的にIT活用を進めてきた。近年、事...(2014/12/12 提供:デル株式会社)

Loading