TechTargetジャパン

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
重複排除でストレージ容量を75%削減、効率的なデータバックアップ方法
 ビジネスで扱うデータ量の増加に対し、そのバックアップやリカバリの長時間化、あるいはストレージ増設に掛かるコスト増大が大きな課題となっている。老朽化したバックアップシステムの限界はすぐそこまで来ており、ハードウェアやソフトウェアの移行を具体的に検討する...(2016/4/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
400台のWindows PCを総移行、川口信用金庫が解決したセキュリティと運用のリスク
 シンクライアントとは逆の、端末機ごとに多様なアプリケーションをインストールし、さまざまなデータが格納されているファットクライアント環境では、ユーザーごとに情報漏えいを防ぐルールを順守してもらう必要がある。端末自体の使用ルールに加え、USBメモリなどの外...(2016/4/14 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
IT製品と保守サービスを使った分だけ月額課金――3社の事例でポイントを解説
 IDCの調査によるとサーバやストレージのリソース利用率は一般的な企業で35〜40%だという。例えば、ITシステムのリソース不足を避けるためにストレージ増強を考えるような場合、それは過剰な投資とはなっていないだろうか。 ITリソースの利用率を高く維持しながら、将...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2016/4/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
オンプレミスをクラウドのように利用する「オンプレミス型従量課金サービス」
 オンプレミスでの資材調達には時間がかかり、初期費用の投資リスクという課題がある。それを解決するパブリッククラウドでは、セキュリティやガバナンスの観点から移行が難しいという企業も少なくない。 そこで注目されるのが「オンプレミス型従量課金サービス」だ。必...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
適材適所で生かすSDNの基礎知識――2つのSDN実装モデルを解説
 ビッグデータやソーシャル、モバイルなどの活用が経営に与える影響は大きくなりつつある。そのため、IT部門に対しても、モバイル・クラウドの活用やハードウェア仮想化といったネットワーク環境の変化に対する管理スキルの高度化が求められている。サービス品質、コスト...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

Webキャスト
生産性を高める武器としての「クラウドコラボレーションサービス」とは?
 個人や社内外のグループで、ファイルや情報を共有したいというニーズは年々高まっており、情報共有ツールとしてSNSを利用する企業も増えている。しかし、SNSなど一般ユーザー向けの情報共有サービスでは、ビジネス用途の機能としては不十分な点もあり、セキュリティ面で...(2016/3/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
NTTドコモが6600万ユーザーの課金/決済システム基盤を刷新、その理由と効果
 NTTドコモが、パートナー企業と付加価値を創造する「+d(プラスディー)戦略」を支える基幹インフラである料金システム「MoBills」。この刷新に踏み切った最大の理由は、システム負荷の増大であった。回線契約数の増加に伴うトラフィック量の増大や、新サービス追加に...(2016/3/15 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
セキュリティ対策の盲点 業務の流れに潜む課題を洗い出す
 2016年より本格運用が始まったマイナンバー制度では、特定個人情報の取り扱い手順や安全管理策の整備、運用が求められる。一方、重要情報を標的にしたサイバー攻撃は進化しており、既存のセキュリティ対策では限界もある。 例えば、個人番号取得の際の「メモ」の管理手...(2016/3/11 提供:デル・ソフトウェア株式会社)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了
 飲食店情報サービスのぐるなびでは、月間8億9000万PVというWebサイトのアクセスログから読み取れるユーザーの閲覧状況や、基幹系データなどと組み合わせた分析結果をコンテンツ担当者や営業推進担当者へタイムリーに提供し、事業の競争力向上を図っている。 それを支え...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

技術文書
事業継続性の担保に必要な「3つの視点」――使えないBCPはもういらない
 事業継続のためには、BCP(事業継続計画)の策定・実装といったレジリエンシー実現が不可欠である。しかし、BCPやDR(ディザスタリカバリ)のシステムを構築し手順書を用意しても、実際に担当者は試したことがないといったケースが少なくない。レジリエンシー実現には...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
納期回答時間の改善率99%、モバイル業務アプリは情報提供の何を変えたのか?
 64カ国で事業を展開するサンゴバンCPSは、商業ビルや住居のインテリア、エクステリア商品を提供している。同社は、商品が工場でトラックに積み込まれてから顧客に納入されるまでの状況をリアルタイムに把握できず、納期回答時間に問題を抱えていた。 顧客に最新の納入...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
わずか2カ月で28種のモバイルアプリを展開、短納期で開発できた秘訣を探る
 ラテンアメリカに拠点を置く医師向け参考書籍の大手出版社PLMでは、激化する競合環境の中、価格ではなく医師向けの参考情報の付加価値を高める戦略を決めた。そこで、全ての情報をデジタル化し、医師がモバイル端末から情報を得ることができるアプリの開発に取り組んだ...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
小さな失敗の繰り返しで大きな成果をつかむ、CIOのための「失敗と向き合うヒント」
 革新的な製品/サービスの開発には試行錯誤が欠かせない。そのため、「早く、何度も失敗する」ことを許す安全な場をいかに作るかがCIOの腕の見せ所だ。小さな失敗の繰り返しが、やがて大きな成果となる。ときには長期戦略と長期目標を見直して、事業計画から大きく逸脱...(2016/3/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
トレードオフは過去のもの「セキュリティと利便性の両立」HDDフルディスク暗号化
 情報漏えいなどのリスクに対して強力な防御策となる暗号化ソリューションだが、重要な選定ポイントとして「セキュリティの向上と利便性を両立できるか」がある。導入でセキュリティの向上は実現したものの、システムのパフォーマンスが低下したり、パスワードや暗号鍵の...(2016/2/26 提供:クロス・ヘッド株式会社)

技術文書
待ったなしのサイバー攻撃対策「5つのステップ」
 サイバー攻撃による情報漏えいインシデントは、規模・業種を問わず、あらゆる企業や組織にとって人ごとではなくなった。しかし、多くの企業でセキュリティ投資を行い、セキュリティ対策を導入しているにもかかわらず、被害を止めることができないというのが現状だ。 サ...(2016/2/25 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2016/2/17 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/2/17 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
慶應義塾大学がデジタルコンテンツ活用基盤に「テープアーカイブ」を採用した狙い
 慶應義塾大学における研究拠点であるデジタルメディア・コンテンツ統合研究センターは、これまで制作された作品や今後増えていく授業の撮影映像などのデジタルコンテンツの安全な保管、容易な活用のために、アーカイブシステムの基盤整備を検討していた。 「限られた予...(2016/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
成功するモバイル開発プロジェクトに必要な「4つの条件」とは
 モバイルの活用が広がる中で、モバイルアプリケーションの開発プロジェクトは、進化するテクノロジーやユーザーの期待に応え続けるプレッシャーから、大きな課題に直面している。3分の2の開発プロジェクトが予算、スケジュール、プロジェクト目標の3つ全てを完全に達成...(2016/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
テレワーク実現のポイント――「ワークスタイル変革」を成功に導く処方箋
 ワークスタイルの変革は人事部門だけの対応は無理で、経営全体の問題だ。日本テレワーク協会はその決め手として在宅勤務など6つの領域を挙げている。また、ワークスタイルの変革を支えるICTの進化はサービス基盤、端末、ネットワークの分野で見ることができるとしている...(2016/2/10 提供:デル株式会社)

事例
自動運転の実現を妨げる最大の障害となっているのは、技術ではない?
 ドイツのIT業界団体が行った調査によると、コネクテッドカーや自動運転車をビジネスチャンスと捉えている企業は多く、関連業界はおおむね歓迎モードだという。しかし、自動運転車の普及の障壁となっているのは、実は技術的な課題ではないようだ。 ドイツのIT業界団体で...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
JFEスチールがハイブリッドクラウドでIT基盤を構築、コスト効果と柔軟性を両立
 大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画の中で「攻めのIT経営」をさらに強化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいる。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラ...(2016/2/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Macメインの環境からWindowsの個人情報へ安全な接続を、アメリカンスクール・イン・ジャパンが得たシンプルな答え
 Mac環境からWindowsシステムを利用する用途を想定して、Appleは「Boot Camp」ソリューションを提供している。しかし切り替えには再起動が必要になるため、あまり実用的ではないケースも多い。他社からも同様のソリューションは提供されているが、設定できる範囲が限定的...(2016/2/4 提供:パラレルス株式会社)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
デジタルエクスペリエンスのチャンスは1度きり、ユーザーを振り向かせる7つのヒント
 Webサイトやその関連サービスで不愉快な思いをしたユーザーは、再びその企業のサイトを利用することはない。この「不愉快な思い」というのは、明確にトラブルとなったものだけでなく、「使いづらい」「分かりにくい」「コンテンツに魅力がない」などの定性的な評価も含...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

レポート
他社に学ぶ、回避すべき脅威インテリジェンス「5つのわな」
 脅威インテリジェンスの取り組みと、ビジネス目標や成功要因との整合性が確保されていない限り、そのセキュリティ投資から最善の結果を得ることはできない。不適切なインテリジェンスに頼れば、それに基づいた経営判断も不適切となってしまう。経営層を重要な利用者と見...(2016/1/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
販売・在庫・仕入の管理“初めてのクラウド”でも安心して利益率向上の秘密
 厳しい経営環境で競争を続ける企業にとって、利益率の向上は必須の課題だ。小売卸業ならば、販売、在庫、仕入れ、倉庫などの管理をリアルタイムで把握することが重要になる。しかし中小・中堅規模の企業にとって、自社の要件に合ったシステムを構築することはコストとい...(2016/1/14 提供:株式会社プラス)

Loading