TechTargetジャパン

事例
3カ月でプロジェクトを可視化、ゴルフダイジェスト・オンラインに学ぶツール活用
 ゴルフダイジェスト・オンラインでは、部門ごと、担当者ごとに異なるツールやフォームが使用されていて、プロジェクトの見える化ができていない状態だった。そのため、プロジェクトの状況を知るには、関係者全員に進捗を問い合わせたり、報告のために集計や分析を行った...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

事例
プロジェクト管理も脱Excel化、リソース管理を最適化するツールの7つの利点
 プロジェクトの進捗、リソースの割り当て率などの管理では、Excelを利用している企業が少なくない。この場合、作成、管理、更新にかかるコストが高く、リアルタイムに可視化することも容易ではなく、どうすれば確実に目的を達成できるかが課題だった。 こうした課題に...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
財務会計と調達業務を最適化、クラウドERPが経営戦略を変える仕組み
 現代の会計部門は、単なる財務処理だけでなく経営会議での戦略的アドバイザーとしての役割も果たすようになっている。さらに先進企業の会計部門は、ソーシャル、モバイル、高度な分析など、新しいテクノロジーを利用して、企業により大きな価値をもたらしている。 しか...(2016/10/26 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
成長企業が選びたいクラウドERP、短期間・低コストで実現する経営の可視化
 生産から販売・会計などを統合管理できるERPシステム。コスト低減や経営判断の迅速化・高度化を図るために中堅・中小企業などでも導入が進んでいるが、自社のニーズに合わせたカスタマイズが必要な製品も多い。 システム部門を持たない成長企業などでは、このことがERP...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
グループ経営の経理業務を効率化、サーバ管理不要のクラウド型財務会計
 会計業務をクラウドに移行することには、コスト低減に加え、複数人で同時に作業や共有を行える、さまざまなデバイスから作業できるといったメリットがあり、中堅・中小企業や会計事務所でも導入が進んでいる。 その製品選びでは、自社のニーズに合った機能が備わってい...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「未知の攻撃」の検知能力をさらに強化、ソニー銀行の標的型攻撃対策とは?
 個人向けに特化したインターネット銀行であるソニー銀行は、ITを駆使した高度な金融サービスで知られる。同行はセキュリティ対策にも力を入れており、「問題発生前に手を打つ」「本当に効果のある堅実な対策を採用する」という2つの基本方針から、対策の強化を続けてい...(2016/10/14 提供:株式会社FFRI)

Webキャスト
明治43年創業、広島の総合ハウスメーカーが実現した「顧客・案件情報の一元化」
 広島の老舗総合ハウスメーカー、ヤマネホールディングスは、クラウド型のCRMを導入し、既存の業務システムへの影響を最小化させつつ、新規施工、メンテナンス、リフォームを担当する4つのグループ企業の情報連携を素早く実現させた。 これにより顧客情報や案件情報が一...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かったが、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用するケー...(2016/9/26 提供:株式会社Donuts)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
クラウド上で多層防御を構築、企業情報を守るデータセキュリティの3つのポイント
 クラウドは猛烈なスピードで企業システムに浸透しており、管理負荷や導入コストを低減させるだけでなく、ビジネスのスピードを大幅に向上させている。この変化はシステムセキュリティについての考え方にも大きな影響を与えている。 クラウドを採用する企業はアプリケー...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

レポート
デジタルネイティブ世代はどう働くのか? 業績を高めるモバイル環境の条件
 2000年代に成人や社会人となったデジタルネイティブ世代は、今や企業の業績を左右する存在となっている。そのため、この世代が満足するモバイルワークプレース環境を整えることが、生産性向上の鍵と見なされるようになり始めている。 2015年にIBMが経営層に行った調査...(2016/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
エンドユーザーの経験に学ぶ、オールフラッシュをビジネスの成功につなげる方法
 オールフラッシュストレージの導入は順調に伸びているが、だからといって単純にその超高速I/O性能を説明しても、経営層を納得させることはできない。経営層はオールフラッシュストレージが、具体的にどんなビジネスメリットを生み出すのかを聞きたがっている。 高性能...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?
 人事データ分析や経営分析などの分析業務には欠かせないBIツール。誰でも使えるセルフサービスBIを目指して導入したものの、帳票や経営資料の作成担当者が使いこなせなかったというケースは少なくない。 そこで注目されるのが豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
経営課題としてのセキュリティ――組織で取り組む「CSIRT」とは?
 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いで報道されているが、それらは全体のほんの一部にすぎない。そればかりか、その背後に相当数の“発見されていない”セキュリティ事故が存在することを多くの専門家が指摘している。 経営者がまず認識を改めなければならないのは...(2016/9/1 提供:株式会社日立システムズ)

事例
中小企業でも手軽に使えるBIツール、従業員数30人の大勇フリーズの活用法とは?
 ITを活用した業務改善を目指す企業に多くのメリットをもたらすBIツール。誰でも分析ができるオールインワンの製品なども登場し、中小規模の企業でも簡単に活用できるようになったが、高額なコストがネックとなり、導入に至っていないケースも少なくない。 それでは、大...(2016/9/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦
 スピード経営を目指す赤城乳業は、業務現場のニーズを部門ごとに精査し、さまざまな検討を重ねた上で、クラウド型グループウェア「Office 365」の導入に踏み切った。導入前に同社が抱えていたという「7つの課題」は、全て解決できたのだろうか。 ITmedia エンタープラ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

Loading