TechTargetジャパン

Webキャスト
赤字プロジェクトを一掃、IT投資を最適化するプロジェクト・ポートフォリオ管理
 グローバル化するビジネスでプロジェクトを成功に導くためには、適切な人材や資源を割り当て、工程を滞りなく進めていけるように進捗(しんちょく)を管理することが欠かせない。プロジェクト運営が効率化すれば、残業の削減や働き方改革の実現も容易になる。 そこで...(2017/7/26 提供:CA Technologies)

レポート
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?
 企業におけるDDoS対策の遅れを懸念する声が増えている。サーバやネットワークインフラへの投資と違い、その必要性と費用対効果の把握が難しいDDoS対策に投資をする経営者が少ないためだ。しかし、攻撃による被害は深刻の度を増している。 2016年にはネットワークカメラ...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?
 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方
 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のイン...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
中小企業のセキュリティ対策、大企業への攻撃の“踏み台”にされないためには?
 近年は、中小企業でもBYOD(私物端末の業務利用)を積極的に導入するなど、ITを活用した業務の効率化や利便性の向上が進められている。しかし、それと同時にセキュリティリスクも増加。大手企業へのサイバー攻撃の踏み台として、中小企業が狙われるケースが増え始めてい...(2017/7/19 提供:シーティーエス株式会社)

プレミアムコンテンツ
自動車産業の未来予想図 〜変革の時代をどう生きる?〜
 自動車産業は、「所有」から「移動サービス利用」へと消費者行動がシフトしつつあり、既存のビジネスモデルが大きく変わろうとしています。技術面においても、次世代パワートレインや運転支援システム、自動運転などの研究開発が急速に進んでおり、今後の普及が期待され...(2017/7/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ERPのプロも実践、クラウドERPで業務の属人化を解消して事業を拡大
 2005年の会社設立以来、ERPソリューションの導入コンサルティングやモバイルアプリケーションの開発を手掛けるCEGB。いわばERPのプロフェッショナルともいえる同社だが、SaaSで提供されているクラウドERPを自社の新たな経営基盤として導入し、同社の課題となっていた問...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?
 現場の要望に応える形で改修を続けてきたシステムは、業務部門にとっては極めて使い勝手がよい。しかし、メンテナンスの負荷を減らしたいIT部門や、ビジネスの強化を図りたい経営陣にとっては、扱いづらいシステムであることが多い。このような場合、システムの刷新はど...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
「経理部門」視点で業務を効率化、ワークフロー統合型ERPの実力は?
 ERPを導入していても、会計や財務業務の負担に悩む経理部門は珍しくない。そんな現場によく見られるのが、ERPとワークフローシステムが連動していないために、データの反映に手間がかかってしまうケースだ。この他にも、データ分析に対応しておらず、会議のたびに報告書...(2017/7/13 提供:株式会社ミロク情報サービス)

プレミアムコンテンツ
いまさら聞けない「破壊的イノベーション」基礎
 「Innovation(イノベーション)」という言葉をスローガンに掲げている企業は多い。しかし、「その割に『イノベーション』の定義について正しく理解している人は少ない」と、関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏はいう。 ダッソー・システムズ主催のイベン...(2017/7/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由
 Webアプリケーションのセキュリティ対策が不十分で脆弱性が突かれ、顧客情報の漏えいやWebサイトの改ざんなど、深刻な経営被害につながった例は多い。そのための防御策として、Webアプリケーションファイアウォールという「壁」で囲む方法などが取られている。 しかし...(2017/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「コンポーザブル・インフラ」の“仕組み”と“できること”をチェックする
 最近、データセンターを構成するシステムのアーキテクチャでは、導入が容易で立ち上げが早く、構成を柔軟に変更できて運用管理の手間が少ないという、企業のIT担当部門やデータセンター管理部門の需要のあったシステム概念の導入が進んでいる。 その1つとして関係者が...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

事例
導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった
 グローバルを含む全拠点へのERP展開が完了したことで、収集データをもとに、日々変化する売上・購買・在庫などのトレンドをひと目で把握できるようにしたい、経営層が自在に数字を読めるようにしたい、と考える企業は少なくないでしょう。そこで浮上するのが「BI導入」...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
中小企業でも手軽に使えるBIツール、従業員数30人の大勇フリーズの活用法とは?
 ITを活用した業務改善を目指す企業に多くのメリットをもたらすBIツール。誰でも分析ができるオールインワンの製品なども登場し、中小規模の企業でも簡単に活用できるようになったが、高額なコストがネックとなり、導入に至っていないケースも少なくない。 それでは、大...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
小売分析の「6つのトレンド」――小売業界の先例に学ぶデータ分析の傾向
 小売ビジネスも、いまや店舗に在庫を並べて売れるのを待つだけというスタイルでは通用しなくなっている。小売業や消費者向け製品を扱う企業の多く、特にリーダー企業が既に分析戦略を優先的に進めるようになっており、そのデータを経営陣や社員に開示する傾向も強まって...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
処理を実行するサーバは信頼できる? クラウドの安全性・コンプライアンス対策
 IT運用におけるパフォーマンス、コスト、弾力性の要件を満たす方法として、クラウドは既に多くの企業に定着している。しかし、クラウドが備える特性は、経営の迅速化やコスト削減に貢献する一方で、新たな課題ももたらしている。 それは、仮想ワークロードとデータが部...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
VIP客来店率が数倍に増加、飲食店におけるロイヤルカスタマー育成術
 外食産業は厳しい競争が繰り広げられ、店舗の浮沈も激しい。なかには業績不振に陥っているものの、その理由が思い当たらないといった課題を抱える飲食店主もいる。また複数の店舗を経営していると、来客数や客単価などの業績に極端な差が生じる場合もあるが、その理由が...(2017/6/2 提供:アクティブ・メディア株式会社)

製品資料
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?
 ビジネスのIT化が進んだことで企業のデータ基盤は複雑化しており、処理の遅延が迅速な経営判断の足かせとなっている。そこで開発された「インメモリ技術」は分析などの処理をメモリ上で実行することで、I/Oのボトルネックを解消して、データベースのパフォーマンス向上...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
グローバル事業の会計基準を統合――事例に学ぶIFRS対応を進める効果的な方法
 グローバルに事業を展開する企業が成長する上で、いつかは国による会計基準の違いが課題となる。会計基準が異なっていれば、ビジネス全体を俯瞰して見渡すことができず、適切な経営ビジョンを持つことも難しくなってしまう。 ボイラーや関連機器のトータルソリューショ...(2017/5/29 提供:株式会社プロシップ)

事例
「固定資産管理システム」統合事例:グループ全体の最適化で効率化とコスト削減
 ソニーグループのリテール事業部門が独立する形で誕生したスタイリングライフグループ。雑貨小売、通信販売、美容・健康などの分野で事業を展開する同グループは、2012年から、グループ全体の経営プラットフォームとして人事・経理・総務等の間接業務サービスの集約・標...(2017/5/29 提供:株式会社プロシップ)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みAI実行環境としての半導体、日の丸半導体の持ち札は
これまでなかなか収益の安定を果たすことができなかった“日の丸半導体”ルネサス エレクトロニクスが好転の兆しを見せている。2017年度第1四半期の売り上げは好調であり、インターシル買収に伴う大規模な組織再編も行うなど攻めの姿勢を見せている。5年ぶりに開催された...(2017/5/15 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SIMカード1枚で対策が完了、モバイルワーク/IoT向け多機能セキュリティツール
 2015年末に経済産業省が「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定するなど、情報セキュリティはIT部門にとどまらず、経営課題として取り組むものへとシフトしている。こうしたセキュリティ意識の高まりの一方で、見過ごされがちなのが外出先でのセキュリティ対策...(2017/5/8 提供:フリービット株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/4/24 提供:日本電気株式会社)

事例
中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着
 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざ...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
町工場のオヤジたちを魅了する巨大ロボット開発プロジェクト
 「巨大なロボットに乗り込んで操縦してみたい!」――誰もが一度はこうした願望を抱いたことがあるのではないだろうか? そんな“夢”を追い続ける1人のエンジニアと町工場集団の物語。 舞台は、JR大阪駅から車で15分ほどの西淀川区。町工場が今なお健在の同地区で、4...(2017/4/14 提供:KDDI株式会社)

事例
情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは?
 電気・通信インフラを手掛けるイートラストは順調な事業拡大の一方で、社内の情報共有に悩んでいた。事業領域の異なる2社が合併した上に、従業員が4拠点に分散。中途採用の従業員も多く、社内カルチャーが多様化しており、現場の把握と経営ビジョンの浸透が困難な状況に...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading