TechTargetジャパン

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かったが、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用するケー...(2016/9/26 提供:株式会社Donuts)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
消える会社、生き残る会社を分けるセキュリティ戦略
 大規模な情報漏えい事件が発生、記者会見の場で深々と頭を下げる経営陣、株価は急落、企業への信頼は失墜、顧客は既存の取引や契約の解除へ動き、経営の屋台骨が揺らぐほどの危機に直面する――。 今やセキュリティは重要な経営課題の1つとなった。対策や初期対応を誤...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
「社長はもっとIT投資に敏感に」――経産省が頭をひねった施策のナカミ
 2015年5月、“攻めのIT”を推進する経産省が東京証券取引所とタッグを組んで、IT改革に積極的な企業を「攻めのIT経営銘柄」として選出した。企業や機関投資家からの問い合わせを多数受けるなど、各方面から注目を浴びた一方で、銘柄選定のためアンケートに回答した上場...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
クラウド上で多層防御を構築、企業情報を守るデータセキュリティの3つのポイント
 クラウドは猛烈なスピードで企業システムに浸透しており、管理負荷や導入コストを低減させるだけでなく、ビジネスのスピードを大幅に向上させている。この変化はシステムセキュリティについての考え方にも大きな影響を与えている。 クラウドを採用する企業はアプリケー...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

レポート
デジタルネイティブ世代はどう働くのか? 業績を高めるモバイル環境の条件
 2000年代に成人や社会人となったデジタルネイティブ世代は、今や企業の業績を左右する存在となっている。そのため、この世代が満足するモバイルワークプレース環境を整えることが、生産性向上の鍵と見なされるようになり始めている。 2015年にIBMが経営層に行った調査...(2016/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
エンドユーザーの経験に学ぶ、オールフラッシュをビジネスの成功につなげる方法
 オールフラッシュストレージの導入は順調に伸びているが、だからといって単純にその超高速I/O性能を説明しても、経営層を納得させることはできない。経営層はオールフラッシュストレージが、具体的にどんなビジネスメリットを生み出すのかを聞きたがっている。 高性能...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

事例
ムラウチドットコムを支えるシステム基盤――10年以上も止まらない秘訣を探る
 ムラウチドットコムは、PC、家電、家具、アパレル、DIY、生活雑貨など幅広い商品をネット通販で提供する企業だ。販売窓口であるECサイトに不具合が生じたり、レスポンスの遅延が起きたりすることは、売り上げに直結する経営問題となる。従って、24時間365日にわたる安定...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?
 人事データ分析や経営分析などの分析業務には欠かせないBIツール。誰でも使えるセルフサービスBIを目指して導入したものの、帳票や経営資料の作成担当者が使いこなせなかったというケースは少なくない。 そこで注目されるのが豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
経営課題としてのセキュリティ――組織で取り組む「CSIRT」とは?
 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いで報道されているが、それらは全体のほんの一部にすぎない。そればかりか、その背後に相当数の“発見されていない”セキュリティ事故が存在することを多くの専門家が指摘している。 経営者がまず認識を改めなければならないのは...(2016/9/1 提供:株式会社日立システムズ)

事例
中小企業でも手軽に使えるBIツール、従業員数30人の大勇フリーズの活用法とは?
 ITを活用した業務改善を目指す企業に多くのメリットをもたらすBIツール。誰でも分析ができるオールインワンの製品なども登場し、中小規模の企業でも簡単に活用できるようになったが、高額なコストがネックとなり、導入に至っていないケースも少なくない。 それでは、大...(2016/9/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦
 スピード経営を目指す赤城乳業は、業務現場のニーズを部門ごとに精査し、さまざまな検討を重ねた上で、クラウド型グループウェア「Office 365」の導入に踏み切った。導入前に同社が抱えていたという「7つの課題」は、全て解決できたのだろうか。 ITmedia エンタープラ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
7つの課題に悩む“ガリガリ君の赤城乳業”を救ったクラウド
 赤城乳業といえば“人に話さずにはいられない”ネタアイスを次々と世に送り出すことで有名なアイス専業メーカーだ。赤城乳業の開発ポリシーは「遊び心にきちんとまじめに取り組む」こと。社員が遊び心いっぱいの人生を送り、商品の開発から製造、流通に至るまで遊び心を...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
スマートファクトリーを実現する”今から始める”工場の省エネ対策
 インダストリー4.0、第4次産業革命が実現した時の工場のカタチは、注文が入った瞬間に何十台ものロボットが自律的に動き、お客様の注文に沿ったカスタム製品を短時間で作り出され、ローンなどを使ってすぐにお客様の手元に届けられるという世界と言われている。この世...(2016/8/30 提供:株式会社アペルザ)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ超入門――6つのメリットと3つの用途
 ハイパーコンバージドインフラは、今後、多くの企業が導入すると考えられているIT基盤の1つだ。しかし、サーバやストレージを統合したIT基盤であることは分かっていても、その具体的な仕組みや導入のメリットについては意外と知らないことが多い。 まず押さえておきた...(2016/8/23 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
住友理工が900種に及ぶ帳票フォームを移行・共通基盤化することで得たメリットとは
 住友理工株式会社は、高分子材料技術・総合評価技術を基盤に、防振ゴム・ホースなどの自動車用部品・精密クリーニングプレード・精密ロールなどIT関連部品、各種産業資材など事業領域を拡大してきた。 世界に通用するブランド力の構築を目指し、経営戦略の遂行を支える...(2016/8/8 提供:ウイングアーク1st株式会社)

レポート
アプリケーション/デスクトップ仮想化が解決する「医療情報のセキュリティ問題」
 医療情報は機密性の高い個人情報を含むため、デジタル化の過程では、その管理に重点が置かれてきた。しかしデジタル化された情報をさまざまな現場で活用できれば、医療の質の向上、病院経営の効率化を大きく進めることができる。 医療データをセキュアに活用する鍵とな...(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
ミズノの 3D CAD 活用――技術者の業務効率を高め、精度の高い解析も可能に
 ミズノは、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念とするグローバル企業だ。スポーツ品事業を中心に、スポーツ関連のスクール事業なども展開。さまざまなスポーツ大会にも協賛している。 新素材の導入や、最先端技術を使った製品...(2016/7/21 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
セキュリティリスクを増大させる内部要因、各チームの分断状況はどう解消する?
 Forbes Insightsが2015年秋に北米と欧州の304人の経営幹部に対して実施した調査によると、60%の回答者が「運用チームとセキュリティチームは互いの要件について大まかにしか理解していないか、ほとんど理解していない」と答えている。 IT運用チームとセキュリティチー...(2016/7/19 提供:BMCソフトウェア株式会社)

事例
インサイドセールスの導入で商談設定率が5割増 営業を1年で変えるツールとは
 総合不動産業を展開するアップウィッシュは、会員制ポータルサイトを活用するなど時代のニーズを的確に捉えた経営戦略で躍進を続け、7年間で社員数15人から100人規模までに拡大し急成長を遂げている。しかし数年前までは、「先輩の背中を見て覚える」という我流の新人教...(2016/7/15 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Loading