GPTもVertex AIもBedrockも使える“LLM選び放題RPA”が生まれたのはなぜ?生成AIでRPA再興狙うAutomation Anywhere【中編】

RPAベンダーAutomation Anywhereは主要ツール群「Automation Success Platform」でLLMを利用できるようにした。利用可能なLLMは自社ではく、他社のLLMだ。その背景には何があるのか。

2023年08月26日 09時30分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

業務改善 | イノベーション | 機械学習


 ビジネスプロセスを自動化する「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダー各社が、自社のRPAツールに「ジェネレーティブAI」(生成AI)を組み込み始めた。生成AIは、テキストや画像などを自動生成する人工知能(AI)技術だ。

 RPAベンダーの代表格であるAutomation Anywhereは主要ツール群「Automation Success Platform」(オートメーション・サクセス・プラットフォーム)で、生成AIを実現する「大規模言語モデル」(LLM:膨大なテキストデータでトレーニング済みの言語モデル)を利用できるようにした。ただし利用可能なLLMは、同社が自社開発したLLMではない。

“LLM選び放題RPA”が生まれた訳とは?

 Automation Success Platformのユーザー企業は、市販のLLMを選択して利用することになる。例えば生成AIを組み込んだAutomation Success Platformツールのうち、ビジネスユーザー向けの自動化支援ツール「Automation Co-Pilot + Generative AI for Business Users」の場合、ユーザー企業は使用するLLMを

  • OpenAIの「GPT」
  • Microsoftの「Azure OpenAI Service」
  • Googleの「Vertex AI」
  • Amazon Web Services(AWS)の「Amazon SageMaker JumpStart」「Amazon Bedrock」

から選択できる。ユーザー企業はそれぞれのLLMについて、各ベンダーと別途ライセンス契約をすることになる。

 知名度で言えば、OpenAIのチャットbot「ChatGPT」の中核であるGPTが群を抜く。ただしRPAツールとの相性は、どのベンダーのLLMが最適なのかは明確ではない。そのため「LLMを自社製品に組み込もうとしているRPAベンダーは、どのLLMを選ぶかに慎重になっている」と、調査会社Deep Analysisのアナリストであるマット・ミューラン氏は説明する。こうした中、Automation Anywhereと同様に、市販LLMからの選択肢を用意する動きがRPAベンダーの間で広がる可能性がある。

 Automation Anywhereは、LLMの出力結果に対するフィードバックに人が参加する「Human in the Loop」(HITL)を実践しているという。ユーザー企業に、LLMによる出力結果を快適に使ってもらうためだ。「自動化の手間を削減し、自動化できるプロセスを増やせるように努めている」と、Automation AnywhereのCOO(最高執行責任者)であるマイク・ミクッチ氏は強調する。


 後編は、RPAツールで他社のLLMを利用可能にするメリットを考察する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。