国内の生成AIユースケース市場は2027年までに780億円規模へ IDC Japanが予測NEWS

IDC JapanがAI技術のユースケースに応じて市場を分析した。生成AIのユースケースにおける国内市場規模は2027年に786億9400万円になると同社は予想する。

2023年09月29日 15時00分 公開
[松本一郎TechTargetジャパン]

関連キーワード

人工知能 | IT投資


 市場調査会社IDC Japanは産業分野別およびユースケース(利用方法)別に、AI(人工知能)技術がどのように利用されるかについて分析し、市場規模の予測を発表した。この調査には、テキストや画像を自動的に生成する「ジェネレーティブAI」(生成AI)のユースケース市場に関する予測も含まれている。

2027年までに生成AIの用途はどこまで発展する?

 IDC Japanの予測によると、国内における生成AIユースケースの市場規模は2022〜2027年の年間平均成長率(CAGR)194.7%で成長し、2027年の市場規模は786億9400万円になる見込みだ。同社は業務における生成AIの主な用途として、文章の要約や翻訳、検索を挙げる。それ以外にも以下の分野での活用が期待できるという。

  • 自然言語で操作できるアプリケーションのユーザーインタフェース構築
  • エンターテインメント分野での音声や広告の生成
  • 教育分野での教材生成

 生成AIにはコストや正確性、セキュリティ、生成物の権利や倫理などの課題も存在している。ユーザー企業が信頼できるツールを選択し、適切なポリシーを順守することで生成AI市場は急速に拡大する、というのがIDC Japanの見立てだ。

 ベンダーとユーザー企業が生成AIのセキュリティ、ガバナンス、倫理について検証を進め、ビジネスで利用する際のポリシーを制定した上で適切なユースケースを開拓するようになれば「労働生産性や顧客サービスの向上などに不可欠なツールに発展するだろう」とIDC Japanの眞鍋 敬氏(Software/Service Solutionsグループディレクター)は述べる。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...