TechTargetジャパン

レポート
IT資産管理に関する読者調査リポート(2012年12月〜2013年2月)
■調査概要目的:読者会員の企業におけるIT資産管理製品の導入状況を調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2012年12月10日(月)〜2013年2月10日(月)総回答数:178件 ※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示して...(2013/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

その他
運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢
 インベントリツールに代表されるIT資産管理ソリューションは、以前は単なる「クライアント端末管理」を目的として利用されていた。しかし、サイバー攻撃などが猛威を振るう近年では、不正なソフトが利用されていないか、セキュリティパッチが当たっているかといった、セ...(2017/8/1 提供:ディーアールエス株式会社)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報など...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの優れた特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報...(2015/9/15 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
IT資産管理が抱える3つの課題をクラウドで解決
 今や1人1台のPCは当たり前、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスを使用する状況下で、企業のIT資産管理業務が抱える課題も浮き彫りになってきた。 1つ目の課題は、多様化するソフト/ハードウェア資産の正確な現状把握だ。IT資産導入の中長期計画や次年度予...(2013/11/15 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

事例
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは
 メーカー保守が終了したシステムを移行させるには、コスト負担が大きくなってしまう。平均故障間隔が20〜30年の機器でも、メーカー保守は6〜7年の短期間で終了してしまうことも多く、その度にシステム移行を行っていては大幅な予算増となる。そこで既存のシステムを利用...(2017/8/9 提供:株式会社フィールドワン)

製品資料
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策
 大型ストレージを保有する企業にとって、正規メーカーの保守期間終了、いわゆるEOSL(End of Service Life)が大きな負担になっている。新規システムへ移行するまでのつなぎや、コスト削減のためのシステム延命という意味でも、どうしても延命保守サービスが必要になる...(2017/8/7 提供:株式会社エスエーティ)

製品資料
リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには?
 企業のIT予算では、保守費用が7割近くになることも少なくない。その中でも多くを占めるのが、サーバやネットワーク機器のサポート終了(EOSL:End of Service Life)などに伴うリプレース費用だ。IT予算が限られた状況で、新規プロジェクトに使える予算を増やすためには...(2017/8/1 提供:株式会社フィールドワン)

製品資料
障害対応からサーバ構築・管理まで対応、中小企業向け保守・運用代行サービス
 中小企業は、PC、サーバやネットワークといったITの保守や管理、セキュリティ対策を行う情報セキュリティ担当者を雇いたいくても雇えない場合がある。例えば、コスト的に雇うことができない、適任者が社内にいないといったケースが考えられる。しかし、だからといってセ...(2017/7/19 提供:シーティーエス株式会社)

技術文書
中小企業のセキュリティ対策、大企業への攻撃の“踏み台”にされないためには?
 近年は、中小企業でもBYOD(私物端末の業務利用)を積極的に導入するなど、ITを活用した業務の効率化や利便性の向上が進められている。しかし、それと同時にセキュリティリスクも増加。大手企業へのサイバー攻撃の踏み台として、中小企業が狙われるケースが増え始めてい...(2017/7/19 提供:シーティーエス株式会社)

レポート
なぜ、モバイル活用にEMMが必要不可欠なのか? 失敗しない導入ステップ解説
 EMM(エンタープライズモバイル管理)は、モバイルデバイスの業務利用をセキュアに実現するための統合ツールだ。その導入目的は、従業員が業務のためにデバイスを利用しても、自然に企業の運用ポリシーが守られ、セキュリティが保たれる運用環境を作ることにある。 従...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
IT資産管理者の“安心”を約束する「フルスペック・クライアント管理製品」の実力
 「フルスペック・クライアント管理製品」とは、あらゆる「規模」「デバイス」「環境」のIT資産管理に対応した製品である。「規模」では多くの管理対象資産に対応するだけでなく、管理しにくい海外拠点で利用されているIT資産も対象にする。「デバイス」では多種多様なPC...(2014/12/24 提供:クオリティソフト株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
多層防御の実効性を高める、総合セキュリティ対策の“3つのポイント”
 マルウェアの侵入防止に力点を置く、エンドポイントのウイルス対策では現実の標的型攻撃には対抗し切れないことから、近年では侵入された場合の対策も加味した「多層防御」の考え方が浸透してきた。しかし重要情報の詐取は、内部犯行の場合もあれば、廃棄したIT資産が原...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド
 製造業をはじめとして「アセットマネジメント」への取り組みが、ただの設備保全や修繕といった以上の意味を持つようになっている。設備資産のライフサイクル管理をもとに、コスト削減や収益性改善、サービスレベルや顧客満足度の向上が仕組まれる。 その中で、英国規格...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方
 さまざまな設備や施設を効率的に管理することで、トラブル発生リスクや保全コストの抑制につなげるのが、企業設備資産管理(EAM)の目的だ。製造業の生産現場をはじめ、鉄道、道路、電気、ガス、水道など、さまざまな社会インフラで効果が期待される。 EAMの対象は、時...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと
 企業設備資産管理(EAM)ソリューションは、文字通り、企業が持つ設備・資産の管理が目的だ。例えば、製造業の生産現場ではさまざまな設備・施設が使われている。それらが老朽化や損耗によって徐々に劣化し、保全管理が行き届かなければ生産遅滞や事故につながりかねな...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
会計システムのトレンド調査:ユーザーは何に不満を感じているのか?
 消費増税や会計基準変更、ワークスタイルの多様化などにより、会計システムへのニーズは年々変化してきている。その一方で、会計システムを長期に渡って利用する企業は増加傾向にあり、近年はニーズとマッチしない状況が目立ち始めている。 ミロク情報サービスとZDNet ...(2016/12/9 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
200以上の拠点で乱立するツールを統合、7万ユーザーに対するITサービス改善で得た3つの成果
 企業の買収や統合などが起こると、業務上使用されるシステムやツール、ITリソースの種類は一気に増加し、全てを管理下に置かなければならないIT部門にとっては悪夢のような状態になる。 電子機器製造サービスプロバイダーとして全世界30カ国で事業展開しているFlextron...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう先送りできない、レガシーシステムの「安全な引退方法」を考える
 いち早くITを活用し始めた企業ほど悩まされる課題がある。いわゆる「サーバやデータベースの塩漬け」問題だ。昔から利用してきたシステムが時代遅れとなりつつあるのは分かっているが、その刷新は手間とコストが現実的ではなく、手つかずのまま使い続けざるを得ない。 ...(2016/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
今後数年で起こると予測される「データセンター 10の変化」
 クラウドの活用がここまで盛んになる以前、データセンターへの投資はERPをはじめとする業務システムを安定的に稼働させることが主な目的となっていた。もちろん現在もその役割は消えていないが、“クラウド以降”のデータセンターにはビッグテータ分析やモバイル、ソー...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
脆弱性対策からデバイス管理まで、面倒なPC管理はどこまで統合できる?
 スマートデバイスやデスクトップPC、ネットワークに接続されたプリンタなど、企業が保有するIT資産の数は膨大なものとなる。多くの企業がこれらの管理とセキュリティ対策に異なる製品を用いているが、こうした手法がコストや管理の負担を増大させる要因となっている。 ...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
全体最適でセキュリティ対策を再点検、弱点発見のコツとは?
 新たな攻撃への対策という形で拡張されるセキュリティは、IT環境の中で最も統合運用が難しい分野だ。次々と生み出される攻撃手法への対応を続ける中では、思わぬ形でシステムの穴を残すこともある。セキュリティ対策では、定期的に俯瞰視点から見直すことも必要だ。 セ...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

Loading