2013年10月31日 08時00分 公開
特集/連載

低コストかつ少ない工数で構築、ITIL準拠のサービスデスク構築術サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第4回】

ITIL準拠のITサービスマネジメントを導入する機運は高まったが、中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくない。その解決策を探る。

[唐沢正和]

 近年の仮想化およびクラウドの普及によって、企業のITシステム環境はさらに複雑化が増している。物理的なサーバマシンが集約される一方で、“目に見えない”仮想マシンの台数は増加し続けており、オンプレミスとクラウドが混在して複雑に絡み合ったITシステム環境になっているのである。

 これに伴い、ITサービス運用におけるインシデントの発生数やその範囲も拡大。サービスデスク業務にかかる負荷やコストの増大が見逃せない課題となってきている。この課題を解決するべく、ITILに準拠したITサービスマネジメントの導入に取り組む機運も高まったが、実際に運用に至っているのは大手企業の一部に限られているのが現状。中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、また、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくないという。

 こうした市場背景の中で、ITILに準拠したサービスデスクを低コストかつ少ない工数で実現するソリューションを展開しているのがゾーホージャパンだ。ITIL準拠のサービスデスク管理ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus」(以下、ServiceDesk Plus)を提供するとともに、充実した導入支援サービスを用意し、幅広い企業のサービスデスク業務効率化を積極的にサポートしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...