2019年08月01日 10時00分 公開
PR

多忙な情報システム部門をレスキューWindows 10移行で中堅・中小企業の情シスを悩ませる3つの不安とその解決策

Windows 7のサポート終了が近づき、中小企業を中心に不安や疑問が噴出している。そこで、Windows Updateへの対処やセキュリティ対策など、押さえるべきポイントについて専門家に聞いた。

[ITmedia]

 多忙な情報システム部門を悩ます業務に、資産管理とセキュリティ対策がある。特に、2020年1月の「Windows 7」サポート終了と「Windows 10」への移行に伴い、従来の業務フローを変える必要があることに頭を抱える情報システム部門は多い。例えば、年に2回の大型アップデートや月次のセキュリティアップデート、臨時のアップデートなど、更新のサイクルは大きく変更される。Windows 10はさまざまなセキュリティの仕組みを用意するためサードパーティーのセキュリティツールはもはや不要という声もあるが、実情は異なるという。しかし、多忙な情報システム部門の工数を増やすことは現実的でなく、対策のためのツールを幾つも導入する余裕がある企業は少ないだろう。

 本稿では、特に人やコストが潤沢とは言えない中堅・中小企業の情報システム部門が、Windows 10への移行に伴いどのような課題を抱えているのか、3つの懸念点を専門家に聞き解決策を探った。本稿で紹介している解決策は、Windows 10への移行に伴う課題に限らずIT資産管理とセキュリティ対策を効率化し、低コストで情報システムの工数を劇的に変える。果たしてその方法とは。

提供:クオリティソフト株式会社

提供:クオリティソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部