2015年05月11日 15時00分 公開
特集/連載

“野良PC”の把握だけではないIT資産管理のメリットとはインベントリ情報の活用法はさまざま

IT資産管理ツールを使えば、使用中のエンドポイントの数やその使用者を容易に把握できる。収集した基本情報は予算編成やセキュリティ侵害への対応など、さまざまな管理の場面で役に立つ。

[Dan Sullivan,TechTarget]
デスクトップPCは依然として大きなインストールベースを占めている《クリックで拡大》

 今日、企業が新たに導入するコンピュータハードウェアでは、モバイル端末が多くを占めるが、デスクトップPCのインストールベースは依然として巨大だ。この状況は大企業を中心に何十年も前から続いている。

 デスクトップPCは長きにわたり広く使われてきたため、管理用のツールは選択肢が豊富だ。米Microsoftの「Windows」はグループポリシーやレジストリ設定など各種設定パラメータの管理に対応し、米Appleの「OS X」もそれと同等の機能を備えている。小規模事業者なら十分な機能といえる。だが、大規模企業であればインベントリ管理ツールといった、より専門的な製品が必要になるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。