2010年01月07日 15時06分 UPDATE
ニュース

NEWSコアとソフトクリエイト、IT資産管理とネットワーク検疫製品の連携で協業

コアのIT資産管理ソリューション「コアITAM」とソフトクリエイトの不正PC検知・排除システム「L2Blocker」を連携することで、ネットワーク上のセキュリティリスクを軽減する。

[TechTargetジャパン]

 コアとソフトクリエイトは1月7日、コアのIT資産管理ソリューション「コアITAM」(以下、ITAM)とソフトクリエイトの不正PC検知・排除システム「L2Blocker」の製品連携で協業、同日より相互製品の販売・マーケティング活動を開始した。

 ITAMは、PCやサーバストレージ、ネットワーク機器など、すべてのIT資産管理が可能な製品。PCのインベントリ情報収集やセキュリティポリシー管理、リモート管理からリース・レンタル契約・保守契約管理・ソフトウェアライセンス契約管理を含む構成管理までを幅広くサポートする。

 一方L2Blockerは、“簡単・シンプル・低コスト”を強みとし、企業が管理/許可していないPCからのネットワーク接続を瞬時に検知、社内LANへの接続を防止するアプライアンス製品。導入は専用のセンサーを既存LANスイッチに差し込むのみで、既存のネットワーク環境を変更する必要はない。

画像 「ITAM」と「L2Blocker」の製品連携イメージ

 両社によると、上記2製品を連携することで、ネットワーク上に潜むファイル共有ソフトやスパイウェアによる情報漏えいリスクを最小限にとどめられるという。具体的には、コアITAMのIT資産管理機能で把握していない未登録PC(不正PC)をL2Blockerが検知した際に、即時に管理ネットワークから排除する。加えてITAMのセキュリティポリシー管理機能で検知した違反PCを、L2Blockerの排除機能を使ってネットワークからいったん切り離すことができる。

 なお、ITAMの参考価格は1000ライセンス当たり50万円(税別)から。ただし、2010年3月31日までのキャンペーン価格とする。

 

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...