NSW、情報漏えい防止ソフト「ProvisioNet」にIT資産管理機能を強化した新版NEWS

PCおよびサーバの操作監視/制限を行うほか、IT資産管理機能を改善した新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表。組織内のすべてのIT資産、ソフトウェアライセンスの把握を容易化。

2008年01月31日 19時19分 公開
[TechTarget]

 日本システムウエア(NSW)は1月31日、内部からの情報漏えいを防止するソフトウェア「ProvisioNet」の新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表した。2月1日より販売を開始する。

 新バージョンではIT資産管理機能を改善。管理サーバとProvisioNetの導入により、組織内のすべてのPCのハードウェアおよびソフトウェア情報だけでなく、プリンタなどのIT機器の情報も同時に収集できるという。また、PCおよびサーバの操作/制限に関しては、セキュリティポリシーの提供とともに監視機能を強化・改善している。

 ProvisioNetは、IT資産を管理する「ProvisioNet AssetConductor」、ソフトウェアの配布やアップデートのインストールを自動的に実行する「ProvisioNet SoftwareExpress」、重要情報へのアクセス、不正操作の監視と記録を行う「ProvisioNet PcSentinel」、サーバファイルへのアクセスを監視・記録する「ProvisioNet ServerSentinel」で構成される。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。