2008年01月31日 19時19分 UPDATE
ニュース

NEWSNSW、情報漏えい防止ソフト「ProvisioNet」にIT資産管理機能を強化した新版

PCおよびサーバの操作監視/制限を行うほか、IT資産管理機能を改善した新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表。組織内のすべてのIT資産、ソフトウェアライセンスの把握を容易化。

[TechTarget]

 日本システムウエア(NSW)は1月31日、内部からの情報漏えいを防止するソフトウェア「ProvisioNet」の新バージョン「ProvisioNetバージョン2.0」を発表した。2月1日より販売を開始する。

 新バージョンではIT資産管理機能を改善。管理サーバとProvisioNetの導入により、組織内のすべてのPCのハードウェアおよびソフトウェア情報だけでなく、プリンタなどのIT機器の情報も同時に収集できるという。また、PCおよびサーバの操作/制限に関しては、セキュリティポリシーの提供とともに監視機能を強化・改善している。

 ProvisioNetは、IT資産を管理する「ProvisioNet AssetConductor」、ソフトウェアの配布やアップデートのインストールを自動的に実行する「ProvisioNet SoftwareExpress」、重要情報へのアクセス、不正操作の監視と記録を行う「ProvisioNet PcSentinel」、サーバファイルへのアクセスを監視・記録する「ProvisioNet ServerSentinel」で構成される。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。