2015年07月29日 12時00分 公開
特集/連載

ソフトウェアライセンスはどうしてこんなに複雑? モバイル化で拍車ベンダーの主張と真逆?

モバイル時代のソフトウェアライセンス管理は柔軟で簡単かつシンプルであるとベンダーは思わせたがっている。だが必ずしもそうとは限らない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
複雑といわれる「Microsoft Office 365」のライセンス形態(わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック)《クリックで拡大》

 モバイル時代のソフトウェアライセンス管理はさらにシンプルになるとベンダーは顧客に思わせたがっている。だがそれは現実からはほど遠い。

 モバイルアプリケーションには多様な配布方法があり、ライセンス方式はその全てで異なる。企業はクラウドからモバイルアプリを配布してサブスクリプション方式のライセンスモデルで料金を支払うこともできる一方、仮想環境から配布してコア数やメモリに応じてライセンス料を支払うこともできる。また、オンプレミスのサーバから配布してユーザーやデバイスの数に応じて料金を支払うこともできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。