2015年07月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ベンダーの主張と真逆?ソフトウェアライセンスはどうしてこんなに複雑? モバイル化で拍車

モバイル時代のソフトウェアライセンス管理は柔軟で簡単かつシンプルであるとベンダーは思わせたがっている。だが必ずしもそうとは限らない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
ttyo20150722.jpg 複雑といわれる「Microsoft Office 365」のライセンス形態(わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック)《クリックで拡大》

 モバイル時代のソフトウェアライセンス管理はさらにシンプルになるとベンダーは顧客に思わせたがっている。だがそれは現実からはほど遠い。

 モバイルアプリケーションには多様な配布方法があり、ライセンス方式はその全てで異なる。企業はクラウドからモバイルアプリを配布してサブスクリプション方式のライセンスモデルで料金を支払うこともできる一方、仮想環境から配布してコア数やメモリに応じてライセンス料を支払うこともできる。また、オンプレミスのサーバから配布してユーザーやデバイスの数に応じて料金を支払うこともできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...