ソフトウェアライセンスはどうしてこんなに複雑? モバイル化で拍車ベンダーの主張と真逆?

モバイル時代のソフトウェアライセンス管理は柔軟で簡単かつシンプルであるとベンダーは思わせたがっている。だが必ずしもそうとは限らない。

2015年07月29日 12時00分 公開
[Jake O'DonnellTechTarget]
複雑といわれる「Microsoft Office 365」のライセンス形態(わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック)《クリックで拡大》

 モバイル時代のソフトウェアライセンス管理はさらにシンプルになるとベンダーは顧客に思わせたがっている。だがそれは現実からはほど遠い。

 モバイルアプリケーションには多様な配布方法があり、ライセンス方式はその全てで異なる。企業はクラウドからモバイルアプリを配布してサブスクリプション方式のライセンスモデルで料金を支払うこともできる一方、仮想環境から配布してコア数やメモリに応じてライセンス料を支払うこともできる。また、オンプレミスのサーバから配布してユーザーやデバイスの数に応じて料金を支払うこともできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...