2017年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

デスクトップ管理ツール選定のベストプラクティス クラウド化の波がここまで来たPCとモバイルの混在環境も管理可能

クラウドベースのツールが登場するまで、デスクトップ管理は比較的単純な作業だった。デスクトップ管理ツールをクラウドベースに移行させる場合、企業は選択を誤らないよう賢明な判断を下さなければならない。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 社外利用のデスクトップも、クラウドならOK

 デスクトップ管理ツールはオンプレミス、という常識はもはや過去のものだ。他の多くのツールと同様に、デスクトップ管理にもクラウドが利用できるようになった。

 もちろん、単にIT部門でデスクトップ管理にクラウドが利用できるようになったからといって、どんな場合でもそうだとは限らない。結局のところ、IT部門担当者にとっては、オンプレミスとクラウドベースの両方についてデスクトップ管理ツールの利点を評価することが重要になる。

 デスクトップ管理ツールについてオンプレミスとクラウドベースのどちらを選択するか、決定を下すに当たって、IT部門担当者はまず、それぞれのツールでどのような機能が使えるのか調査する必要がある。クラウドベースのデスクトップ管理ツールは、ほんの数年前のものと比べても格段に進歩している。一方オンプレミスのツールは、クラウドベースのツールよりも機能が豊富である。IT部門が選択した製品が、自社のニーズに合ったものかどうかを確認することが非常に重要になる。

クラウドベースのデスクトップ管理ツールのユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...