2017年04月18日 08時00分 公開
特集/連載

Windows PC管理者のたそがれ――企業内で変わる“エンドポイント”の姿とは考えを改めないとこの先続けるのは無理

デスクトップ管理者は、これまで数十年間ずっとIT部門に所属してきた。しかし管理対象のエンドポイントがWindowsベースから他の環境に移行しつつある今、その職務と肩書は進化の時を迎えている。

[Jo Harder,TechTarget]
あなたがなんと言おうと技術の進化でこれまでと同じように働くのは無理

 エンドポイント管理の実態は、ここ数年で大きく変わった。

 新しい従業員が初出勤してきたとき、オフィスで使うクライアントPCを支給するのが当たり前だった時代、デスクトップ管理者の主な役割は、Windows PCにデスクトップイメージをインストールして管理することだった。しかし最近、(組織の)IT部門の職務は、組織内のリソースに対して、さまざまな種類のエンドポイントからセキュアなアクセスを提供することに重点が移っている。その結果、「デスクトップ管理者」という肩書の社員は、最近ほとんど見かけなくなった。

 昨今の(デスクトップ管理者の)役割では、エンドポイントに重点が置かれる。従ってこの職務に就く者は、従来のWindowsベースの展開および管理ツールに加えて、エンタープライズ向けのモビリティ管理ソフトウェア、エンドユーザーのコンピューティングインフラストラクチャ、新しい種類のアプリケーションにも精通していなければならない。その肩書が何であれ、エンドポイント管理者が担当する作業の内容は、その時々で大きく異なる。

エンドポイントデバイス: 昔と今

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。