タブレット選び失敗の理由は“現場軽視”、IT担当者はどうすべき?管理しやすさだけで決めてはいけない

ビジネス用のタブレットの選は必ずしも面倒ではないが、考慮は必要だ。タブレットが負荷に耐えられるかどうかを判断する前にまず、IT担当者は従業員のタスクを把握する必要がある。

2017年03月12日 08時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Surface Pro | モバイルアプリ開発 | iPad


ビジネス用タブレットとしても支持されるApple「iPad Pro」《クリックで拡大》

 今日のビジネスワーカーは、オフィスにいようが自宅にいようが地球の反対側にあるホテルにいようが、できるだけ効率的に仕事を遂行するのに役立つツールを必要としている。多くの場合、タブレットはその要求を満たすことができる。

 ただし、IT部門は短期と長期の両方の観点で管理とサポートが最も簡単なものに傾倒がちだ。これには正当な理由がある。というのも、ほとんどの管理者は既に多くの問題を抱えているからだ。そのため、IT部門はどのタブレットを既存のものに追加するか、注意深く検討しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。