徹底レビュー:「Surface Pro 4」、“細かすぎて気付かない改善点”と変わらない魅力“キングオブWindowsタブレット”は健在(1/4 ページ)

Windowsタブレットの“最高峰”との評価もある「Surface Pro 3」。その後継モデルとなる「Surface Pro 4」に、進化の余地はあったのか。ベンチマークを交えて検証する。

2015年12月12日 08時00分 公開
[Jamison CushTechTarget]
Surface Pro 4 Surface Pro 3とそっくりなSurface Pro 4。優れたデバイスに手を加える必要はあるのだろうか《クリックで拡大》

 米Microsoftは認めないかもしれないが、タブレット「Surface」の初代は“参考デバイス”だった。Microsoftは、それまでのWindowsから抜本的に設計を見直した「Windows 8」「Windows RT」のリリースに際して、これからのWindowsデバイスがあるべき姿を漠然とした形で同社のハードウェアパートナーに示そうとした。これは、米Googleが同社の「Nexus」シリーズでしようとしたことと同じようなものだ。

 Microsoftは「Surface 2」「Surface Pro 2」の開発に当たって、大幅な投資をしてSurfaceシリーズを改良した。だが、その後ほどなく、Windows 8が上手く行っていないことが明らかになった。

 「Windows 10」の姿がおぼろげに見え始めてきた頃、MicrosoftはSurfaceシリーズの完全な見直しを図った。Windows RTを見限り、生産性にさらなる重点を置いてSurface Proを再設計した。具体的には、アスペクト比を3:2に変更し、スタイラスペンを本体に組み込んだ。こうして誕生したのが「Surface Pro 3」だ。

 Surface Pro 3は、ユーザーと評論家のどちらにも非常に好評だった。そのことを考えれば、Microsoftが後継機である「Surface Pro 4」に大きな変更を加えなかったのもうなずける。ここで問題になるのは、変化の激しい市場において、アップデートを繰り返すだけでどれほど持ちこたえられるのか、ということだろう。本稿では、それを検証する。

構造とデザイン

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...