2015年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10の最新Buildをいち早く“降らせる”テクニックとはIT管理者なら検討したい

米Microsoftの「Insider Program」に参加すると、「Windows 10」のOS更新プログラムを適用できるタイミングを「Fast」と「Slow」から選択できる。

[Brien Posey,TechTarget]
一部のベテランユーザーは“降ってくる”と表現する更新プログラムはWindows Updateでインストールするが、そのタイミングは一定でない

 Windows 10は、MicrosoftのこれまでのOSと比べ、更新のアプローチが2つの点で異なっている。

 まず、Windows 10はMicrosoftの最後のデスクトップOSとなる予定なので、常に最新の状態を維持するために更新を継続に実施するという点だ。もう1つは、Microsoft Insider Programの更新機会に関する設定で、更新プログラムを早く受け取るか遅く受け取るかをユーザーが選べるようになった点だ。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...