2015年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10の最新Buildをいち早く“降らせる”テクニックとはIT管理者なら検討したい

米Microsoftの「Insider Program」に参加すると、「Windows 10」のOS更新プログラムを適用できるタイミングを「Fast」と「Slow」から選択できる。

[Brien Posey,TechTarget]
一部のベテランユーザーは“降ってくる”と表現する更新プログラムはWindows Updateでインストールするが、そのタイミングは一定でない

 Windows 10は、MicrosoftのこれまでのOSと比べ、更新のアプローチが2つの点で異なっている。

 まず、Windows 10はMicrosoftの最後のデスクトップOSとなる予定なので、常に最新の状態を維持するために更新を継続に実施するという点だ。もう1つは、Microsoft Insider Programの更新機会に関する設定で、更新プログラムを早く受け取るか遅く受け取るかをユーザーが選べるようになった点だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...