2015年12月11日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10の最新Buildをいち早く“降らせる”テクニックとはIT管理者なら検討したい

米Microsoftの「Insider Program」に参加すると、「Windows 10」のOS更新プログラムを適用できるタイミングを「Fast」と「Slow」から選択できる。

[Brien Posey,TechTarget]
一部のベテランユーザーは“降ってくる”と表現する更新プログラムはWindows Updateでインストールするが、そのタイミングは一定でない

 Windows 10は、MicrosoftのこれまでのOSと比べ、更新のアプローチが2つの点で異なっている。

 まず、Windows 10はMicrosoftの最後のデスクトップOSとなる予定なので、常に最新の状態を維持するために更新を継続に実施するという点だ。もう1つは、Microsoft Insider Programの更新機会に関する設定で、更新プログラムを早く受け取るか遅く受け取るかをユーザーが選べるようになった点だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。