2015年10月06日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の“爆速アップデート”で重大バグ撲滅か?小さなバグなら数日で直る

「Windows 10」はその発売当初でさえ、バグは最小限しか存在しなかった。米Microsoftは早急にアップデートを公開するので、存在する小さなバグはすぐに修正される。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 Windows 10は頻繁なアップデートでバグを継続的に修正する(画面は日本マイクロソフトのWindows 10製品紹介ページ)

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」の実稼働環境での使用者として、Windows 10には重大な問題がなく、いつでも実稼働できる状態だと私は思う。

 いかなるOSにもバグは存在する。「Windows XP」「Windows 7」「Windows 8.1」にもバグは存在する。Microsoft製でないOSにもバグはある。重要なのは、OSにバグが含まれるかどうかではなく、そのバグが未解決なのか、または破壊的であるかである。

全てのバグが“たちの悪いバグ”ではない

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...