2015年10月06日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の“爆速アップデート”で重大バグ撲滅か?小さなバグなら数日で直る

「Windows 10」はその発売当初でさえ、バグは最小限しか存在しなかった。米Microsoftは早急にアップデートを公開するので、存在する小さなバグはすぐに修正される。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 Windows 10は頻繁なアップデートでバグを継続的に修正する(画面は日本マイクロソフトのWindows 10製品紹介ページ)

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」の実稼働環境での使用者として、Windows 10には重大な問題がなく、いつでも実稼働できる状態だと私は思う。

 いかなるOSにもバグは存在する。「Windows XP」「Windows 7」「Windows 8.1」にもバグは存在する。Microsoft製でないOSにもバグはある。重要なのは、OSにバグが含まれるかどうかではなく、そのバグが未解決なのか、または破壊的であるかである。

全てのバグが“たちの悪いバグ”ではない

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...