2015年09月11日 08時00分 公開
特集/連載

5分で分かる「Windows 10」:アップデート方法は? Siri対抗「Cortana」って何?アップグレードしようかどうか迷っている人へ(1/2 ページ)

最新かつ“最後”のWindowsである「Windows 10」。既存のWindowsからのアップグレード方法から、デジタルアシスタント「Cortana」まで、Windows 10を基礎からおさらいする。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 Windows 10は最新かつ“最後”のWindowsとして登場した(画像は日本マイクロソフトのWindows 10紹介ページ)《クリックで拡大》

 歴史のある「Windows」の系統の中で最新のOS、そして米Microsoftいわく “最後のWindows”である「Windows 10」がリリースされた。Microsoftは、2、3年ごとに新しいOSをリリースするという従来のやり方を変更。代わりに米Googleが絶えず「Chrome OS」をアップデートしているのと同様な方法で、Windows 10を永続的にアップデートするつもりだ。

 結局のところ、この変更は歓迎すべきニュースである。IT管理者は新しいライセンス料や、Windows 10後の新OSへの移行に伴う問題に対処する必要は基本的になくなる。アップデートのタイミングを調整することもできる。特定の機能が必要でない場合、または他の企業がアップデートに対してどのように反応するかを確認したい場合、そのままアップデートをスキップすればよいのだ。

 セキュリティのアップデートは、これらのアップデートとは完全に別の存在である。管理者はアップデートがリリースされ次第インストールし、それでも望まない機能のアップデートは見送る、といったことも可能だ。本稿では、そんなWindows 10へのアップグレード方法や主要機能を簡潔に解説する。

1分目:Windows 10へアップグレードするには

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...