iOS、Androidアプリも動く 「Windows 10」への期待が高まる新機能ホログラムでアプリを現実空間に投影

米Microsoftは開発者向けカンファレンス「Build 2015」において、次期OS「Windows 10」の最新情報を明らかにした。そこからは、OS単体ではなくサービス全体から利益を生み出そうとする姿勢が見て取れる。

2015年05月08日 15時00分 公開
[Francesca SalesTechTarget]
Build 2015で披露されたMicrosoft HoloLensのデモ《クリックで拡大》

 ようやく、米Microsoftはビジョンを取り戻したのだろうか。開発者向けカンファレンス「Build 2015」において、同社は今後2〜3年の間に次期OS「Windows 10」を10億台のデバイスに搭載する意向を明らかにした。リリース時期は2015年夏を予定している。PCをはじめ、スマートフォン、ゲーム機「Xbox」、ヘッドセット「Microsoft HoloLens」など幅広いデバイスをサポートする。その重要なカギを握っているのがユニバーサルアプリである。ユニバーサルアプリは、Windows 10を搭載するあらゆるデバイスで動作し、開発者の作業を大幅に簡略化すると期待されている。Microsoftでは今、こうした環境を実現させようとしている。

「Acer Chromebook C720」、読者プレゼント実施中!

Acer Chromebook C720

TechTargetジャパンは、IT活用を積極的に進める教育者チーム「iTeachers」の取り組みを中心に、先駆的なIT活用事例を集約したテーマサイト「教育ITの先駆者集団『iTeachers』に学ぶ 学校IT活用の極意」を開設しました。

本テーマサイトの開設を記念して、広尾学園中学校・高等学校でも導入実績がある、日本エイサーのChromebook「Acer Chromebook C720」(レビュー記事:徹底レビュー:「Chromebook」を使って感じた驚きの安さと、意外な実用性)を抽選でプレゼントします。

 


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。