徹底レビュー:「Chromebook」を使って感じた驚きの安さと、意外な実用性日本上陸前先取りレビュー:Acer C720 Chromebook編

日本での発売も近いといわれるChrome OS搭載のノートPC「Chromebook」。最大の特徴は「Google Chrome」をアプリケーション実行のプラットフォームにし、データをクラウド上に保存すること、そして価格の安さだ。その実力を先取りで探る。

2014年04月18日 18時30分 公開
[Michael Epstein,TechTarget]

関連キーワード

OS | Windows 8 | Microsoft Office | Google


 台湾Acerの「C720 Chromebook」は、優れた「Chrome OS」の操作性を備えた、持ち運びやすい非常に手頃な価格のPCだ。

 Chromebookが登場した当初、消費者からの反応の大多数は「Webサーフィンや『Googleドキュメント』での作業以外には使い物にならないPC」というものだった。とはいうものの、初期のChromebookもこれらの用途であれば便利に使用できていた。だが、この2年間で多くの新しいアプリがリリースされ、機能強化が行われたことで、C720の操作性は大幅に向上している。

 C720は、1つ前のモデル「C7」と比べ、ほぼ全ての点において優れている。構造はより頑丈になり、バッテリー持続時間もかなり延びた。また、Chrome OS向けに提供されるアプリの種類も増え、サービスの統合も強化されている。それから、Webサーフィンの操作性が改善されたので、以前のChromebookではできなかった作業が行えるようになっている。

 C720は、Webサーフィン、ドキュメントの編集、オフィスソフトや軽いメディアの使用を気軽に行えるように設計された低価格のPCだ。この価格帯に競合は存在しない。だが、その価格で本当に優れたコンピューティングエクスペリエンスは実現されているのだろうか。本稿では、その真偽を確かめたい。

構造とデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...