2015年07月29日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」へのユーザーの“勝手アップグレード”が大問題になる理由VDI活用を検討すべし

多くの企業では、IT部門が移行準備を整える前に、ユーザーによって「Windows 10」移行が実行できてしまうだろう。VDIはその際、アプリケーションの互換性問題をはじめとした移行課題を解決するのに役立つ。

[Bridget Botelho,TechTarget]
Windows 10のWebブラウザ「Microsoft Edge」《クリックで拡大》

 「Windows 10」が2015年7月29日に利用可能になると、IT部門が新OSをサポートする準備ができているか否かに関係なく、社員は無料アップグレードをできてしまうケースが考えられる。

 Windows 10の無料アップグレードは、IT部門の準備が整う前にユーザーが実行できてしまう。その際に、VDI(仮想デスクトップ基盤)とその他の戦略は、アプリケーションの互換性問題やヘルプデスクへの問い合わせ増を未然に防ぐのに役立つ。企業は既に持っている複数のOSバージョンに加えてWindows 10を管理することなり、管理は複雑になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...