2010年06月15日 08時00分 公開
特集/連載

VDIの活用でWindows 7へのアップグレードが容易にWindows XPからの移行

Windows XPからWindows 7への移行に仮想デスクトップインフラを利用する際のメリットとデメリットを紹介する。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Windows XPのサポート終了が近づく中、多くの企業がWindows 7へのアップグレードを検討している。しかし、Windows XPからWindows 7に移行するのは決して容易なことではない。移行ツールがなく、ハードウェア要件が高くなることが、簡単なあるいは迅速な移行を妨げている。さらに、ネットワーク管理者はWindows 7を業務アプリケーションとともに展開し、予算を超過することなくエンドユーザーに良好なパフォーマンスを提供する方法を見いださなければならない。

 このため管理者は、デスクトップOSとアプリケーションをエンドユーザーに提供するさまざまな方法を検討しなければならなくなっている。そうした方法の1つである仮想デスクトップインフラ(VDI)は、「OSをそっくり入れ替える」という発想を超えたOSアップグレードの選択肢を企業のIT部門に提供する。また、VDIはWindows 7へのアップグレードプロセスをスピードアップする可能性がある。これまでアップグレードの障害となっていた問題の多くを解消してくれるからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。