企業にうってつけのデスクトップ環境を実現するVDIデスクトップを一元管理する方法とは?

社員のデスクトップを一元管理できる仮想デスクトップインフラは、運用管理やビジネス支援の課題解決に役立つ。

2009年10月30日 08時00分 公開
[Brad Maltz,TechTarget]

 ここ数年、企業のIT部門では、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップインフラ)技術への関心が高まってきたが、大抵の場合、この技術の情報収集や調査検討が行われるにとどまっていた。しかし、ここにきてこの技術の本格的な導入が始まりつつある。

 VDIは、さまざまな点で企業にうってつけだ。IT担当者は企業のデスクトップ環境を扱う上で、技術的な課題だけでなく運用管理やビジネス支援の面での課題にも苦労しているが、VDIはそれらの解決に役立つ。

IT部門の課題

 企業のIT部門が取り組んでいる一般的な課題には、以下のようなものがある。

スタッフ体制

 オフィスにあるノートPCやデスクトップPCといったコンピュータのメンテナンスを担当するデスクトップサポート専任チームが必要となっている。

ユーザーイメージ管理

 多様なユーザータイプごとに、適切なアプリケーションや構成を含むデスクトップイメージを用意しなければならない。

エンドユーザーデータのセキュリティ

 集中管理システムが整備されないまま、エンドユーザーがさまざまな場所からデータにアクセスできるようになっているため、多大なコストが掛かるセキュリティレイヤーを、すべてのデータに多様なレベルで適用する必要がある。

ヘルプデスクによるデスクトップサポート

 エンドユーザーが問題に直面した場合、トラブルシューティングにかなりの時間がかかるため、多数の人員をヘルプデスクに配置しなければならない。

エンドユーザーを支援する技術の導入の遅さ

 既存の方法の制約から、アプリケーションの導入やアップグレードを簡単かつタイムリーに行えない。エンドユーザーのためのこうした技術的な改善が大規模プロジェクトになってしまう。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化 | VMware | Windows Server 2008


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。