まだまだ謎が多い「Windows 10」、3つあるアップデート方法の使い分けは?3種の「ブランチ」を比較(1/2 ページ)

従来のWindowsから更新方法が大きく変わった「Windows 10」。そのアップデート手段として、「ブランチ」という3種類の異なるオプションが用意されている。どれが最適なのだろうか。

2015年11月25日 08時00分 公開
[Jonathan HassellTechTarget]
Windows 10 日本マイクロソフトのWindows 10紹介サイト《クリックで拡大》

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」では、複数の「ブランチ(Branch、分岐)」と呼ばれる仕組みを通じて、それぞれ異なる間隔で更新プログラムを自動配信する。この仕組みは、Windows 10をWindowsファミリーにおける最後のOSにするという、Microsoftの決断の産物だ。数年後に次の最新OSがリリースされるのではなく、Windows 10が継続的に更新される。

 結果的に、IT管理者がWindowsの更新を管理する日常は終わる。Windows 10の更新頻度を管理者が選ぶことは可能だが、「Current Branch(CB)」「Current Branch for Business(CBB)」「Long Term Servicing Branch(LTSB)」の3つのオプションについては、対象とされるユーザー層が異なることを除き、いずれもはっきりしたことは分かっていない。

主にホームユーザー向けのCurrent Branch

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...