2015年05月15日 15時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の企業向け「Windows Update」は更新の「早い」「遅い」を選べるOSの更新頻度をより細かく設定

米Microsoftの新たな更新管理機能「Windows Update for Business」は、「Windows 10」にアップデートを適用するタイミングをIT管理者側でコントロールすることができる。OSの更新に関するトラブルや課題の解決につながるのだろうか。

[Jeremy Stanley,TechTarget]
Windows Update for Businessを紹介するMicrosoftの公式ブログ《クリックで拡大》

 米Microsoftは今後、企業向けソフトウェア更新管理ツール「Windows Server Update Services」(WSUS)に加えて、新たなアップデートオプション「Windows Update for Business」を提供する。Windows Update for Businessでは、「fast」と「slow」という2つのグループ(ring)があり、OSの更新頻度をより細かく設定することができる。「Microsoft Ignite 2015」カンファレンスでは、この新たな更新プロセスの背景が明らかとなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...