2015年05月15日 15時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」の企業向け「Windows Update」は更新の「早い」「遅い」を選べるOSの更新頻度をより細かく設定

米Microsoftの新たな更新管理機能「Windows Update for Business」は、「Windows 10」にアップデートを適用するタイミングをIT管理者側でコントロールすることができる。OSの更新に関するトラブルや課題の解決につながるのだろうか。

[Jeremy Stanley,TechTarget]
Windows Update for Businessを紹介するMicrosoftの公式ブログ《クリックで拡大》

 米Microsoftは今後、企業向けソフトウェア更新管理ツール「Windows Server Update Services」(WSUS)に加えて、新たなアップデートオプション「Windows Update for Business」を提供する。Windows Update for Businessでは、「fast」と「slow」という2つのグループ(ring)があり、OSの更新頻度をより細かく設定することができる。「Microsoft Ignite 2015」カンファレンスでは、この新たな更新プロセスの背景が明らかとなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...