2019年05月23日 05時00分 公開
特集/連載

高い安全性とセキュリティがメリットだが……ベンダーが言うほど「ブロックチェーンでネットワーク管理」が盛り上がらない理由

ブロックチェーンは、ネットワーク管理の手段として役立つ可能性がある。だからといって、ブロックチェーンに対するユーザーのニーズが高まるとは限らない。

[Amy Larsen DeCarlo,TechTarget]
画像

 仮想通貨「ビットコイン」の取引を支える安全な台帳システムとして誕生した「ブロックチェーン」。現在、ブロックチェーンの新たなユースケースが浮上している。

 ブロックチェーンは、チェーンを構成する各ブロックに記録を作成して永続的に固定するように設計されている。そのためサプライチェーンのセキュリティ確保から、金融サービス資産のトークン化まで、さまざまな用途で役立つ可能性がある。ベンダー各社は、ブロックチェーンの売り込みに熱心だ。

 ネットワークでブロックチェーンを使うことを勧めるベンダーも存在する。Cisco Systemsは、ブロックチェーンがネットワーク管理で果たす役割を宣伝している。具体的には、デバイスのライフサイクル全体にわたる全ての変更をブロックチェーンで記録することで、セキュリティの確保とIT資産の管理に役立てることができるという。

ネットワーク管理の効率を上げるブロックチェーン技術

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...