2019年04月25日 05時00分 公開
特集/連載

「ブロックチェーンストレージ」とは何か? 5つの質問で基礎を知るクラウドとの親和性も追い風に

ブロックチェーンストレージに対する関心が高まっている。この新しい技術を検討するに当たり、よくある5つの疑問とそれに対する回答を紹介する。

[Stacey Peterson,TechTarget]
画像

 分散型台帳技術(DLT)のブロックチェーンを使ったストレージ「ブロックチェーンストレージ」への関心が高まっている。

 調査会社IDCの予想では、世界でブロックチェーンに投資される額は、2022年に124億ドルに到達する見通しで、2018年〜2022年の5年間は年平均76%で成長する。現実には、ブロックチェーンとそれを使ったブロックチェーンストレージはまだ黎明(れいめい)期の技術にすぎない。企業が理解し、対処しなければならない課題が山積している。

 ブロックチェーンでは、ピアツーピア(P2P)の分散ネットワークを使って取引を検証する。データは分割され、数千のノードに分散される。ブロックチェーンのネットワークへの参加者は全ての取引を参照できる。

 データの流れの追跡、データの保管という観点でブロックチェーンを推奨すべき理由は少なくないが、ブロックチェーンストレージに関してはまだ疑問が残る。本稿では主要な5つの疑問に対する回答と考察を紹介する。

ブロックチェーンストレージはどう機能するのか

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...