2017年02月07日 15時00分 公開
特集/連載

“ブロックチェーン”は万能薬ではない、IoTでの使用が適さない理由とは“IoT×ブロックチェーン”を考える(1/2 ページ)

IoTでブロックチェーンの使用を提案する出版物や記事も少なくない。しかし、必ずしも使うのが良いというわけではない。本稿ではその理由を紹介する。

[Shanmugasundaram M.,TechTarget]
ブロックチェーンがIoTに与える影響とは

 現在、注目を集めている他の新しいテクノロジーと同様、ブロックチェーンにも誇大広告が付いて回っている。ブロックチェーンは、金融取引や契約などにとって革命的なテクノロジーで、IoT(モノのインターネット)でブロックチェーンの使用を提案している出版物や記事も少なくない。

 ブロックチェーン技術は安全な分散型台帳で、トランザクションを監視して保存するものだが、それ以上のことはしない。大抵のトランザクションは一意でなければならない。トランザクションが一意でなければならない場合に、ブロックチェーンを使用するとトランザクションの一意性を確保できる。各種トランザクションが発生する金融業界にブロックチェーンが特に適している理由は、ここにある。少なくとも理論的には、ブロックチェーンは改ざん可能だが、現在の技術では改ざんは事実上不可能だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...