PCを買わずに使う「PCaaS」がセキュリティにも役立つのはなぜ?PCaaSを利用する7つのメリット【第4回】

「PCaaS」(PC as a Service)はPCをサービスとして利用できるようにするだけでなく、セキュリティの強化にも役立つ。PCaaSのセキュリティ面のメリットを詳しく説明する。

2022年10月05日 08時15分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

 「PCaaS」(PC as a Service)のサービス内容には、PCの利用権に加えてPCの監視サービスやセキュリティサービス、ライフサイクル管理サービスが含まれる。PCaaSの7つのメリットのうち、6つ目と7つ目を説明する。

6.セキュリティを確保しやすくなる

 PCは、サイバー攻撃経路の一つになる。導入したソフトウェアの数が増え、バージョン管理が複雑になって管理し切れなくなると、PCを対象としたサイバー攻撃が成功しやすくなる。

 ユーザー企業に対して、PCaaSのベンダーはPCと同時にセキュリティサービスを提供する。セキュリティサービスには、サイバー攻撃の防止と修復、データの暗号化、安全なネットワークへのアクセスなどが含まれる。ユーザー企業はPCaaSのセキュリティサービスを管理対象の全てのPCに適用することで、一貫したエンドポイントセキュリティの確保が可能になる。

7.PC更新サイクルを短縮できる

 PCを購入して所有する場合、ユーザー企業はハードウェアの費用対効果を高めようとして、理想的なライフサイクルをはるかに超えてPCを使い続ける場合がある。その結果、PCの運用コストが高騰し、セキュリティの潜在的な脆弱(ぜいじゃく)性が生じる可能性がある。

 サービス内容にPCの破棄が含まれるので、PCaaSを利用すればユーザー企業はPCの定期的な交換と廃棄が可能になる。スペックが向上した新しいPCを利用することで、エンドユーザーの生産性を高めやすくなるだけではなく、新しいエンドポイントセキュリティ技術が利用できるようになる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...