2022年09月21日 08時15分 公開
特集/連載

「PCaaSだとPCが選べない」と勘違いしていないか?PCaaSを利用する7つのメリット【第2回】

PCを自由に選びたいのであれば、「PCaaS」(PC as a Service)は有力な選択肢にはならないのではないか――。その考えは正しくない。本当のところはどうなのか。PCaaSのメリットを探る。

[Stephen J. BigelowTechTarget]

 PCのライフサイクル管理の負荷を軽減する「PCaaS」(PC as a Service)。本稿はPCaaSの主な7つのメリットのうち、1つ目と2つ目を説明する。

1.PCの選択肢が意外と広い

 DellやHewlett Packard Enterprise(HPE)など、一部のPCベンダーはPCaaSを提供している。PCベンダーは、エントリーモデルのPCから強力なGPU(グラフィックス処理装置)を搭載したPCまで、さまざまなPCの製造を手掛ける。ユーザー企業ごとに異なるニーズを満たすためだ。PCベンダーは自社のPCaaSのユーザー企業に対して、一般的にはPCの選択肢を複数用意し、利用途中でPCの種類を変更できるようにしている。ユーザー企業はエンドユーザーの業務内容に合わせて、PCのメモリやストレージ容量などのスペックを最適化できる。

2.PCの導入と廃棄を合理化できる

 PCaaSを提供するベンダーは、PCの選定と配送、導入の専門家だ。ユーザー企業のビジネスにおけるニーズに合わせて、PC管理に関する専門的なサービスを提供する。契約を終えたPCやソフトウェアの撤去とデータ消去、ハードウェアの処分も担う。ユーザー企業はPCのライフサイクル管理業務の負荷を軽減できる。


 第3回はPCaaSの7つのメリットのうち、3つ目から5つ目を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...