2022年09月21日 05時00分 公開
特集/連載

OpenStackを使い倒し、AzureやGCPを交渉で快適にしたウォルマートIT幹部の手腕Walmartのハイブリッドクラウドを深堀り【後編】

AzureやGCPといったクラウドサービス群に加えて、オンプレミス型プライベートクラウドを構築、活用しているWalmart。5500店舗以上での快適なシステム利用を支えるために、どのようなインフラを構築しているのか。

[Antone GonsalvesTechTarget]

 米国に本部を置くスーパーマーケットチェーンのWalmart(ウォルマート)は、ワークロード(アプリケーション)を実行するインフラとして、Microsoftの「Microsoft Azure」とGoogleの「Google Cloud Platform」(GCP)といったクラウドサービス群と、オンプレミス型プライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドを利用している。3つのクラウドの中からワークロードに合ったクラウドを選択できるようにすることで、クラウドサービスのコスト削減を実現した。Walmartの事例から、ハイブリッドクラウドの活用に成功する方法を探る。

ウォルマートIT幹部が語るインフラ構築の進め方

 インフラの選択肢を増やそうとするWalmartの取り組みは、クラウドサービスの活用だけにとどまらない。同社は、1万台のサーバによるオンプレミス型プライベートクラウドを構築し、物流施設と5500店舗以上で活用している。

 オンプレミス型プライベートクラウドの構築には、クラウド構築ソフトウェアの「OpenStack」を利用している。「われわれは世界で最も大規模にOpenStackを展開している企業の一つだ」と、Walmartでインフラサービス担当バイスプレジデントを務めるケビン・エバンス氏は主張する。

 2022年に入ってWalmartは、米国内のオンプレミス型プライベートクラウドを、太平洋岸北西部とテキサス州周辺、バージニア州周辺の3つの地域に分散させた。これにより複数クラウド間の通信遅延を抑えやすくなり、ハイブリッドクラウドの拡張がより容易になったという。「新学期やクリスマスなどのショッピングシーズンに急増するアクセス量に合わせて、店舗システムやWebサイトのリソースを拡張しやすくなった」と、エバンス氏は話す。

ハイブリッドクラウドの浸透でクラウドベンダーの方針にも変化

 「クラウドベンダーは協力的だった」とエバンス氏は話す。エバンス氏によれば、MicrosoftとGoogleはWalmartの要望に応じて、幾つかのソフトウェアやクラウドサービスを3つのインフラで実行可能にした。

 Walmartの場合は、その企業規模がパートナーとの交渉に有利に働いたとも言える。エバンス氏は、Walmartより小規模の企業でも、クラウドベンダーに自社の要望を伝えるべきだと話す。「現在のクラウドベンダーは、自社のバリュープロポジション(価値提案)がソフトウェアにあり、そのデータセンターにあるとは限らないことに気づいている」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...