クラウドコストが数億円安くなる? ウォルマートの秘密兵器「WCNP」とはWalmartのハイブリッドクラウドを深堀り【中編】

「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」とオンプレミス型プライベートクラウドを組み合わせた、Walmartのハイブリッドクラウド。その中核要素が独自開発の「WCNP」だ。その仕組みとメリットを説明する。

2022年09月07日 05時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 世界でスーパーマーケットを展開するWalmart(ウォルマート)は、クラウドサービス群であるMicrosoftの「Microsoft Azure」とGoogleの「Google Cloud Platform」(GCP)、オンプレミス型プライベートクラウドによるハイブリッドクラウドを全社的に利用している。この3つのクラウドから、開発者がワークロード(アプリケーション)に最適なクラウドを選択できるようにすることで、インフラのコスト削減とアプリケーション開発作業のスピードアップを実現した。Walmartのクラウド活用方法と、そのコスト削減効果を詳しく説明する。

「WCNP」とは? クラウドコストを数億円安くする“秘密兵器”

 Walmartのハイブリッドクラウドの中核を成すのが、ハイブリッドクラウド構築システム「Walmart Cloud Native Platform」(WCNP)だ。WCNPが、3つのクラウドの違いをアプリケーション開発者に意識させない役割を果たしている。

 主要なWCNPの構成要素として、各クラウドを横断的に管理可能な共通のインフラ管理コンソールがある。開発者はこのインフラ管理コンソールを使うことで、各クラウドで異なるストレージやディスクの種類について学んだり、複数の用語を覚えたりする困難な仕事から解放される。

 WCNPのインフラ管理インタフェースのおかげで、開発者はワークロードの構築やクラウド間の移行を、毎回ほぼ同じ手順で実行できる。「当社のワークロードは特定のクラウドに依存しない。どこで実行しようが、ワークロードに問題は起こらない」と、Walmartでインフラサービス担当バイスプレジデントを務めるケビン・エバンス氏は言う。

ハイブリッドクラウドがもたらすコスト削減効果

 各ワークロードの実行に必要な条件を満たし、かつ最も費用対効果の高いクラウドを開発者が選択できるようにするには、3つのクラウド間で一貫性を持たせることが重要だとエバンス氏は話す。クラウドに選択肢がなければ、Walmartがクラウドベンダーに支払う金額は「今より数百万ドル(数億円程度)高くなっていた可能性がある」と同氏は言う。

 Walmartは、開発者がクラウド間の違いを意識することなく、クラウドを自由に選択できるようにすることで、クラウドサービスへの支出を削減できたという。複数のクラウドで同一の管理インタフェースを利用できるようにすれば、開発者はオンプレミス型プライベートクラウドで実行するワークロードと、クラウドサービスの間でデータをやりとりするといった複雑な作業を単純化できる。Walmartは主にAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を利用して、異なるワークロードやクラウド間でのデータ移動を実現している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。