2013年04月18日 08時00分 公開
特集/連載

セキュリティ対策とIT資産管理を統合した「SKYSEA Client View」IT資産管理製品紹介【第3回】

国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回はセキュリティ対策とコンプライアンスにフォーカスした機能群と扱いやすさで定評のある「SKYSEA Client View」を紹介する。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 Skyはクライアント管理製品群の最新版、「SKYSEA Client View Ver8.1」(以下、SKYSEA)を2013年2月から提供している。「セキュリティ対策を実施するためには、管理対象となるIT資産の確実な把握が大前提」という考え方に基づき、各種セキュリティ機能とIT資産管理機能を組み合わせた設計としている点が特徴だ。多くの企業において専任の担当者がいない実態にも配慮し、「分かりやすさ」「扱いやすさ」を追求した機能群も特徴。クライアントPCが数百〜数千台規模企業を中心に多くの導入実績を持っている。

SNMP機器にも対応。エージェントを入れるだけで全資産情報を自動収集

 SKYSEAはIT資産管理、セキュリティ管理をはじめ、ソフトウェア資産管理、デバイス管理、ログ管理など、IT資産管理とセキュリティ対策、コンプライアンス担保に必要な一連の機能を標準で搭載。単一の管理画面で各種機能を利用可能とすることで、IT資産の保有/使用状況を把握した上で、適切な利用を促したり、メンテナンスを行ったりするなど、資産管理と日常の運用作業を効率化できるよう配慮している。

ALT 図1 各種機能を一元的に使えるメインコンソール画面。Windows準拠のアイコンをあえて使わず、見ただけで何ができるのか把握できるデザインとしている《クリックで拡大》

 IT資産管理機能では、各クライアントPCにエージェントをインストールするだけで、ハードウェア/ソフトウェア情報を自動的に収集。Windows、Macintosh、Linux端末に対応し、端末機ナンバー、コンピューター名、ホスト名など、Windows端末では計53項目、Macintosh、Linux端末では計35項目の情報を自動的に収集・管理する。SNMP(Simple Network Management Protocol)対応機器もサポートしており、社内PCや私物PC、プリンタ、ルータなど、社内の全資産を管理することができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...