2011年07月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 7への移行に最適なツールを選ぶには(前)MicrosoftのWindows 7移行ツールが不評な理由

Windows 7へのアップグレードを支援する移行ツールは市場に多く存在する。自社に最適なツールを判断するための手掛かりを紹介しよう。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 Windows 7へのアップグレードはIT管理者にとって大変な作業だが、サードパーティーが提供している各種の移行ツールを利用すれば、その苦労を大幅に軽減できる。中には高度な柔軟性を提供する製品など、特定の環境に適したツールもある(関連記事:Windows 7移行ツールを評価してみた)。

 移行ツールを検討する際に考慮すべきポイントとしては、これ以外にも「価格」「ライセンス方式」「アプリケーションのサポート」「管理プラットフォームとの連係」「自動化機能のサポート」などがある。つまり、自社に最も適した移行ツールを選択するのは、近くのコンピュータショップの棚を物色すれば済むような簡単なことではないということだ。

 最初にすべきことは、Windows 7で何を実現しようとしているのかという長期的な目標を明確にすることだ。

 管理者は以下の点を確認する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...