2009年10月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

いつ、どのように移行すべきかWindows 7への移行を成功させるには

組織が円滑にWindows 7に移行するために必要な準備方法を、段階を追って解説する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 Windows 7には、組織のためになる機能が多数搭載されている。しかも、10月22日にWindows 7がリリースされたのと同時に、Windows XPについてはサポート期限切れに向けた秒読みが始まる。つまり問題は、Microsoftの最新OSに移行すべきかどうかではなく、いつ移行すべきかなのだ。

 組織としてWindows 7に移行する準備ができているかどうか見極めるには、以下の3点を自問するといい。

  1. Windows 7への移行は自社にとって重要か
  2. どのOSからWindows 7へ移行するのか
  3. どのような段階を踏んでWindows 7へ移行するのか

Windows 7への移行は自社にとって重要か

 Windows 7にはパワフルな機能が多数あり、一部はWindows Server 2008 R2と連係している。自社にとってどの機能が有用かを見極めるため、IT管理者はこれら機能について知っておく必要がある。全社的に有用な機能もあれば、特定の部門やプロジェクト、組織、ユーザーにしか関係のない機能もあるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...