2009年02月19日 08時00分 公開
特集/連載

Windows XPから移行するための5つのポイントGartnerのアナリストが攻略法を伝授

企業がWindows Vistaを飛ばすべきではない理由と、VistaあるいはWindows 7への移行の攻略法を紹介する。

[Christina Torode,TechTarget]

 多くの企業がWindows XPにしがみついてWindows Vistaへの移行を検討することを拒否しており、さらには次期OSのWindows 7への移行も否定している。2009年4月にはWindows XPの無償サポートが利用できるメインストリームサポート期間が終了し、2014年にはセキュリティ修正プログラムの提供も終了する以上、これは得策ではない。

 調査会社Gartnerのアナリスト、マイケル・シルバー氏が、なぜ企業はWindows Vistaを飛ばすべきではないかの理由を挙げ、Windows VistaあるいはWindows 7への移行の攻略法を紹介する。

現行アプリケーションのテストを

 Windows Vistaへの移行をスキップするつもりであっても、現在利用しているアプリケーションをWindows VistaあるいはWindows 7のβでテストし、アプリケーションの修正計画を立てるべきだ。Windows Vistaで動かないアプリケーションがWindows 7で動くわけはないので、Windows Vistaをスキップすることがアプリケーション修正のコスト削減につながることはない。

Windows XP搭載PCは減少していく

 2009年には恐らくPCの80%しかWindows XPをサポートしないだろう。2010年には50〜60%になるだろう。つまり、時間がたつほどPCをリプレースする際の選択肢が減っていくのだ。そうなれば、価格やスペックが希望通りではないモデルを選ばざるを得なくなる。

Windows Vistaは新しいPCに

関連ホワイトペーパー

Windows | Windows Vista | Microsoft(マイクロソフト)


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...