2011年02月21日 07時30分 UPDATE
特集/連載

「2年以内の移行が必要」機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由

MicrosoftはWindows 7およびWindows Server 2008 R2用のSP1の提供を順次開始した。Windows 7 SP1に新機能は含まれないが、移行するには重要な理由がある。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftは2011年2月10日、OEMパートナーに向けてWindows 7およびWindows Server 2008 R2用のService Pack(SP)1の提供を開始した。一般ユーザーには米国時間2月22日に提供(※)が開始される予定だ。またMicrosoftは、Windows Thin PCという新しいソフトウェアアシュアランス特典も導入している。Windows Thin PCは、PCのシンクライアントデバイスへの転用を図れるITベンダー向けの軽量版Windows 7だ。

※Windows Updateおよびマイクロソフトダウンロードセンターでのダウンロード提供(日本時間2月23日)。なお、MSDN Subscription/TechNet Subscriptionでは日本時間2月17日から提供が開始されている。

 多くの専門家は、最初のSPリリースを新製品に安全にアップグレードできるタイミングであると考えているため、今回のWindows 7およびWindows Server 2008 R2用SP1の正式リリースは非常に重要だ。なお、どちらのSP1もβ版は2010年6月のTechEdにおいて、続くβ2は7月にリリースされている。

 Windows 7 SP1では新機能の追加はなく、Windows Updateを通じて既に公開されているセキュリティアップデートとバグ修正プログラムの集成にすぎない。

 それでも、このSP1は重要なマイルストーンであることに変わりはない。サービスパックの提供が開始されれば、その前のリリース(この場合はWindows 7の初期リリース)のライフサイクルの終了が近づくからだと、米調査会社Gartnerのモバイルおよびクライアントコンピューティングアナリスト、マイケル・シルバー氏は言う。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...