2011年01月17日 08時00分 公開
特集/連載

2011年、Microsoftは仮想デスクトップに本腰を入れるか(前編)VDIのライセンスモデルを改良

Microsoftは2010年、仮想デスクトップ技術を改良して攻勢に出た。同社はVDIがWindowsの存在を脅かすものと認識する一方で、VDIに商機も見出している。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftは、デスクトップ仮想化の大手ベンダーになるための要素を全て兼ね備えている。しかし、同社はこの新技術を全面的に推進したことは一度もない。そのコンピューティングモデルはWindowsデスクトップのパラダイムに反するからだ。

 実のところ、Microsoftが仮想デスクトップインフラ(VDI)のコストを企業が正当化できないほど上昇させるライセンシングルールを適用したことは、デスクトップ仮想化の普及の足を引っ張った。しかし、同社は2010年に方針を転換し、VDIを利用しやすいライセンシングモデルを導入するとともに、自社の仮想デスクトップ技術を改良して攻勢に出た。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 R2 | Windows 7 | 仮想化 | Internet Explorer | Hyper-V


ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...