2011年02月02日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 7のセキュリティを強化する5つの対策エンドポイントセキュリティを強化

Windows 7の守りを固め、マルウェアなどの攻撃を防ぐのに役立つ5つの対策を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 Windows 7Microsoftのそれ以前のクライアントOSに比べて大幅にセキュリティが強化されたが、それでもまだマルウェアなどの攻撃にさらされることはある。幸い、Windows 7搭載PCの守りを固め、そうした攻撃をある程度防ぐのに役立つ手だては幾つかある。本稿ではWindows 7搭載PCのセキュリティを強化する、5つの対策を紹介する。

ローカルセキュリティポリシー

 第一段階は、Windows 7搭載PCのローカルセキュリティポリシーを設定することだ。たとえPCがドメインのメンバーであっても、Active Directoryにおけるグループポリシー設定は、ユーザーがそのドメインにログインするまで適用されない。ローカルセキュリティポリシー設定は、ローカルでそのマシンにログオンするユーザーに対する基本的な防御措置となる。ユーザーがドメインにログインすると、ローカルセキュリティポリシー設定がActive Directoryレベルのポリシー設定と組み合わさって、効果的なポリシーが形成される。さらにローカルセキュリティポリシーは、何らかの手違いでグループポリシーオブジェクトから外れてしまった場合の防御措置にもなり得る。

 ローカルセキュリティポリシーの設定は、Active Directoryベースのグループポリシー設定とほとんど同じ内容になる。ローカルセキュリティポリシーにアクセスするには、「コントロールパネル」を開いて「システムとセキュリティ」「管理ツール」「ローカルセキュリティポリシー」をクリックする。ローカルセキュリティポリシーのインタフェースは図Aの通り。

alt 図A ローカルセキュリティポリシーの設定画面《クリックで拡大》

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...