TechTargetジャパン

製品資料
移行時期が迫る「Windows 10」――導入を成功させる秘訣は?
 「Windows 7」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っており、「Windows 10」への移行が本格化し始めている。まだ猶予が残されていると思うかもしれないが、「Windows XP」からWindows 7の移行の際にも、準備の遅れからサポート終了期限までに間に合わず、移行計画が...(2017/9/8 提供:東芝クライアントソリューション株式会社)

レポート
Windows 10をほぼ“ゼロ円”で安全にする方法
 多くのユーザーを抱える「Windows」は、攻撃者にとっても魅力的なターゲットだ。最近では「iOS」「Android」をはじめ、Windows以外のOSを搭載したデバイスが企業に普及し始めたものの、Windowsデバイスはいまだ企業内の中核デバイスの地位を明け渡していない。そのため...(2016/9/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10ではPC市場の苦境を救えない
 Windows 10が2015年7月29日に正式配布を開始し、その後、Windows 10を搭載したPCが国内PCメーカーから多数登場している。タッチ操作を重視した新しいユーザーインタフェース(UI)を採用してユーザーから厳しい評価を受けたWindows 8と異なり、Windows 10はプレビュー段...(2015/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
Windows as a Serviceがやってきた──「最初の導入企業」に見るWindows 10展開
 これまでのWindowsが有償アップグレードだったのに対し、Windows 10は「Windows as a Service(WaaS:サービスとしてのWindows)」として、より短いサイクルで最新機能を無償提供する全く新しいOSとなった。 企業のIT部門はこのWaaSに向け、一体何に注意し、どのような...(2016/1/13 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する
 Windows 10の登場から2年がたとうとしているが、企業のクライアントPCでは依然としてWindows 7の利用が多い。しかし、MicrosoftはWindows 7の延長サポートを2020年1月14日で終了する予定だ。サポート終了によってセキュリティリスクが高まるだけでなく、最新ハードウェ...(2017/7/28 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル
 端末のOSアップデートの管理はIT部門における大きな業務の1つである。アップデートが配布されるたびに検証を行い、問題がなければ社内配布を開始、管理対象の全端末に行き渡ったことを確認し、ようやくイベントが終わる。 各種ツールで効率化や自動化をしているだろう...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
サーバOS移行に備える、Windows Server仮想環境ライセンスの基礎知識
 2015年7月、Windows Server 2003の延長サポートが終了する。サーバOSの移行に伴うコスト負担や現行システムへの影響を、正確に把握しておく必要がある。特に仮想環境に対してWindows Serverのアップグレードがどのような影響を及ぼすか、コスト面も含め検討しておくこと...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Windows 10 Sが「学校用デバイスといえばChromebook」という“常識”を覆す?
 教育機関向けライセンスの提供に加え、学生のプログラミングや教員のIT活用に関するコンテストを開催するなど、古くから教育市場に関与してきたMicrosoft。そんな同社が、教育機関向け製品として新たに投入したのが「Windows 10 S」だ。 同社のOS「Windows 10」の簡略...(2017/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10の最新セキュリティを脅かす「隠れたリスク」とは
 Windows 10では2要素認証やデータ保護機能などを導入してセキュリティ機能を大幅に強化した。しかし、OSがどんなに高レベルのセキュリティ機能を実装しても、その機能を適切に使うことができなければ、Windows 10はセキュリティリスクを抱えたままだ。 Windows 10で導...(2017/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
Windows Server 2003をサポート終了後も使用し続けなければならない企業が取るべき対策とは
 2015年7月にサポート終了のWindows Server 2003。日立グループでは暫定対策として、サポート終了後の継続利用をサポートするソリューションがある。本コンテンツは日立システムズが提供する「アプライアンスサーバー型Windows Server 2003保護サービス」について紹介す...(2014/12/24 提供:株式会社日立製作所)

レポート
Windowsパンデミックがやってくる? パッチも効かないその深刻度とは
Windowsを使うことはセキュリティリスクの対策をし続けることに等しい。Microsoftが継続的に提供するパッチを適用する目的は、常に新しい脅威が登場するサイバー攻撃に対応するためだ。Microsoftが提供している限りWindowsは安全な状態を保てるというのが、ユーザーにとっ...(2017/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「iPad」じゃないのはなぜ? Windowsタブレットを選んだ教育機関に聞く
 国内外で教育機関のIT導入の機運が高まっている。特に導入が相次いでいるのがタブレットだ。可搬性に優れたタブレットを1人1台に配備すれば、パソコン教室などの専門教室に移動することなく、普通教室をはじめ多様な場所で端末が利用できる。このことが学びの可能性を広...(2017/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Windows 10移行は今がベスト? 業務効率から考えるOS更新のタイミング
 Windows 10の普及は、歴代Windowsのなかでも記録的な早さで進んでいる。IT調査会社ガートナーの予測によると、2017年の年初には半数、2019年までには全ての企業がWindows 10に対応するという。そのため、多くの企業が移行時期を探りはじめている。 その時期に関して...(2016/5/25 提供:Citrix Systems Asia Pacific Pty Ltd)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows 8がデスクトップアプリ開発に与える影響とその対応
 Windows 8が登場しタッチ操作に最適化されたWindowsストアアプリ(旧称Metroスタイルアプリ)が注目されているが、従来のWindowsアプリケーション(デスクトップアプリケーション)が、どう対応するかも重要である。 スタートメニューの有無などが注目され、Windows 8...(2012/11/26 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が33.3%と続いた。一方、「Windows ...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2016/12/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
わずか2人のエンジニアで、200台を超えるOS Xと仮想化Windowsの混在環境を構築・運用
 Macがメイン端末となっている職場でも、Windows系のアプリケーションや開発ツールを利用しなくてはならないケースが出てくる。その際、選択肢は2つだ。Windows端末を購入して複数OSの混在環境とする、もしくは、MacのOS X環境の中でWindows仮想マシンを利用する方法であ...(2016/2/4 提供:パラレルス株式会社)

講演資料
Windows 10、Surface、Windows 10 Mobile──マイクロソフトの新プラットフォーム戦略
 マイクロソフトは、モバイルファースト・クラウドファーストの世界において自らを挑戦者と位置付け、かつてないスピードで変革を進めている。長きに渡り、家庭や企業で広く利用されてきたWindowsもその変革の中核にある。 本コンテンツは、ITmedia ビジネスオンライン...(2016/1/13 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
知らなかったでは済まされない「Windows Server 2003」移行の落とし穴と「Windows Server 2012 R2」の新常識
 米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了を迎える。多くの企業では新しいサーバへの移行を始める時期がきている。しかしながら、どこから手を付けたらいいのか分からないというケースも少なくないはずだ。 ...(2015/3/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
8.1 Previewで問い直す、Windowsトレンドと今、情シスが持つべき着眼点
 2012年10月26日に登場したWindows 8はUIや使い勝手が大きく変わり、市場に賛否両論をもたらした。とりわけ無用な変化を避けたい企業ユーザーの間ではネガティブに捉えられる傾向が強く、Windows 7への移行過程にある企業が多いことも受けて、8移行の動きは限定的なもの...(2013/7/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【前編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10では「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のどちらを使うべきか
 MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer」(以下、IE)は、Windowsの標準ブラウザとして長く利用されてきた。「Windows 10」ではこのIEに取って代わり、新たなWebブラウザである「Microsoft Edge」(以下、Edge)が標準ブラウザとなった。Edgeは手書きでのメモ機能...(2017/6/15 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10の盗難・紛失対策、「BitLocker」によるHDD暗号化の弱点は?
 Windows XPのサポート完全終了、Windows 7のメインストリームサポート終了により、Windows 10導入が本格化し始めた。これまで先延ばしにしてきた企業の間でも移行の方法やタイミングが検討されているが、そこには見落とされがちだが十分に考えなければならない問題もあ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
Windows 10の「明」「暗」──“高速起動”と“データ収集”を詳しく見る
 Windows 10の正式公開から1年が過ぎた。ユーザーの評価が厳しかったWindows 8/8.1と比べてWindows 10の評価は高い。2016年8月2日には大規模アップデート「Anniversary Update」を配布してWebブラウザ「Edge」の拡張機能やペン入力機能の改善などを行っている。 ただ...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

Loading