2021年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 11」でAndroidアプリが動く“本当の価値”とは? Amazon幹部に聞く「Windows 11とは何か」を深掘りする【中編】

「Windows 11」には新しい要素が幾つかある。「Android」アプリケーションが使えるようになることがその一つだ。Amazon.comのある幹部は、この新要素に「わくわくしている」と話す。その真意とは。

[Cliff Saran,TechTarget]

 クライアントOS「Windows」の次期バージョン「Windows 11」では、現行バージョンの「Windows 10」と比べて、標準Webブラウザ「Edge」だけでなく全てのWebブラウザの動作が高速化するとMicrosoftは説明する。スリープ状態からのOSの復帰も早くなり、更新プログラムのサイズはより小さくなるという。

 ユーザーインタフェース(UI)に関しては、Microsoftは「デザインとユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を現代化した」と説明する。Windows 11はアプリケーションのウィンドウを画面に整列配置できる機能(スナップレイアウト)を搭載し、複数のタスクをより効率的にこなせるようにした。

 タスクバーからユニファイドコミュニケーション(UC)システムの「Microsoft Teams」と直接連携することも可能になった。Windows 11のユーザーは、Windows 11や「Android」「iOS」を横断して、誰とでも、どこにいても、テキストチャットやビデオチャットでつながることができる。

Windows 11でAndroidアプリが動くことに「わくわく」するAmazon幹部

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。