2021年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 11」でAndroidアプリが動く“本当の価値”とは? Amazon幹部に聞く「Windows 11とは何か」を深掘りする【中編】

「Windows 11」には新しい要素が幾つかある。「Android」アプリケーションが使えるようになることがその一つだ。Amazon.comのある幹部は、この新要素に「わくわくしている」と話す。その真意とは。

[Cliff Saran,TechTarget]

 クライアントOS「Windows」の次期バージョン「Windows 11」では、現行バージョンの「Windows 10」と比べて、標準Webブラウザ「Edge」だけでなく全てのWebブラウザの動作が高速化するとMicrosoftは説明する。スリープ状態からのOSの復帰も早くなり、更新プログラムのサイズはより小さくなるという。

 ユーザーインタフェース(UI)に関しては、Microsoftは「デザインとユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を現代化した」と説明する。Windows 11はアプリケーションのウィンドウを画面に整列配置できる機能(スナップレイアウト)を搭載し、複数のタスクをより効率的にこなせるようにした。

 タスクバーからユニファイドコミュニケーション(UC)システムの「Microsoft Teams」と直接連携することも可能になった。Windows 11のユーザーは、Windows 11や「Android」「iOS」を横断して、誰とでも、どこにいても、テキストチャットやビデオチャットでつながることができる。

Windows 11でAndroidアプリが動くことに「わくわく」するAmazon幹部

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...