Windowsは“民主化勢力”であり続ける――「Windows 11」でMicrosoftが貫く意志「Windows 11とは何か」を深掘りする【前編】

「Windows 11」とは何者なのか。表面的な理解にとどめないためには、機能を詳細に掘り下げる前に、MicrosoftがWindows 11で何を実現しようとしているのかを把握すべきだ。同社がWindows 11を世に出す意図とは。

2021年08月06日 05時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 MicrosoftがクライアントOS「Windows」の次期バージョン「Windows 11」を発表した。同社のサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)によると、同社にとってWindows 11は「次の10年のための舞台準備」との位置付けだ。「今日はWindowsの歴史の中でも重大な節目に当たる。新しい世代の始まりだ」と、ナデラ氏はWindows 11発表に際して語った。

 「歴史を通じ、Windowsは世界の民主化勢力であり続けた」とナデラ氏は強調する。同氏はWindows 11の投入により、Windowsをさらに“開かれたOS”にしたい考えだ。「パーソナルコンピューティングは選択を必要とする。われわれは真の選択肢を提示するための障壁をなくしたい」(同氏)

Microsoftの意志は「Windows 11」で具現化されている?

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...