2021年05月31日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」のマネージドサービスを賢く選ぶ7つのポイントWindows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の管理をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に委託する場合、自社に適したマネージドサービスを選定する必要がある。選定のときに考慮すべき7つのポイントを説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 企業がMicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するときは、自社で構築して運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)に運用を委託するか決める必要がある。WVDの運用を外部委託することに決めたら、次はマネージドサービスを選定する。マネージドサービスはそれぞれ内容が異なるため、自社のニーズに最も合うマネージドサービスを見つけなければならない。

 前編「『Windows Virtual Desktop』を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?」に続く本稿は、企業がWVDのマネージドサービスを選定する際に調査すべき項目を7つ紹介する。

調査項目1.MSPにどの作業を任せるかを検討する

 WVDの運用に関する全ての作業を代行するMSPもあれば、WVDの運用を簡単にする管理コンソールを提供するMSPもある。IT部門の管理者はこうした管理コンソールを使うことで、WVDのインフラであるクラウドサービス群「Microsoft Azure」の複雑さを感じることなく、WVDを運用できるようになる。全ての管理作業をMSPに任せるか、シンプルな管理コンソールで自社の仮想デスクトップを管理できるようにするかを検討する必要がある。

調査項目2.MSPが「何をしないのか」を確認する

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...