「Windows Virtual Desktop」のマネージドサービスを賢く選ぶ7つのポイントWindows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の管理をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に委託する場合、自社に適したマネージドサービスを選定する必要がある。選定のときに考慮すべき7つのポイントを説明する。

2021年05月31日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 企業がMicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するときは、自社で構築して運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)に運用を委託するか決める必要がある。WVDの運用を外部委託することに決めたら、次はマネージドサービスを選定する。マネージドサービスはそれぞれ内容が異なるため、自社のニーズに最も合うマネージドサービスを見つけなければならない。

 前編「『Windows Virtual Desktop』を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?」に続く本稿は、企業がWVDのマネージドサービスを選定する際に調査すべき項目を7つ紹介する。

調査項目1.MSPにどの作業を任せるかを検討する

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。