2021年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向かない企業の特徴とは?「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップを利用できるようにするといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。

[Jo HarderTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop」(WVD)は仮想デスクトップの管理を簡素化し、クラウドサービス群「Microsoft Azure」のセキュリティサービスを利用してセキュリティを高められるといった長所がある。ただしWVDには短所も幾つかある。前編「『Windows Virtual Desktop』(WVD)の利用に向いている企業の条件とは?」に続く本稿は、WVDの課題を説明する。

Windows Virtual Desktopが“向かない企業”の条件とは

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...