2021年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向かない企業の特徴とは?「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップを利用できるようにするといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。

[Jo Harder,TechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop」(WVD)は仮想デスクトップの管理を簡素化し、クラウドサービス群「Microsoft Azure」のセキュリティサービスを利用してセキュリティを高められるといった長所がある。ただしWVDには短所も幾つかある。前編「『Windows Virtual Desktop』(WVD)の利用に向いている企業の条件とは?」に続く本稿は、WVDの課題を説明する。

Windows Virtual Desktopが“向かない企業”の条件とは

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...